「チームメディカル レディ・ダ・ヴィンチの診断」第7話

フジテレビのドラマ「チームメディカル レディ・ダ・ヴィンチの診断」の第7話を見ました。

第7話は、街中で水を飲んだ後に倒れているところを東光大学病院に緊急搬送され、低血糖ではなく低ナトリウム血症と診断された神田光一郎(田中幸太朗さん)を担当することになった救急救命医の里見藍(白鳥久美子さん)が、独身で優しい神田さんを好きになり、頭痛がしているという神田さんの後頭葉脳炎を疑って髄液検査を行うものの緊張して失敗して検査が延期となってしまった中、治療のためにブドウ糖を投与して発疹を伴う腎不全を起こさせてしまう、という話でした。

脚本は長谷川徹さん、演出は小野浩司さんでした。

患者さんを好きになった里見さんの医療ミスが招いた危機という感じでもあったのですが、神田さんは一体何の病気だろうと一緒に考えることができましたし、ホラーのような演出もあって、最後まで楽しく見ることができました。

橘志帆(吉田羊さん)は、入院中の神田さんが、病室に入った自分と里見さんを見て「4人も来てくれた」と言っていたことが気にかかっていました。さらに、神田さんの健康保険証の写しを見た橘さんは、外資系の会社に勤めていると里見さんに話していた神田さんが、自分には警察官だと話したことで、神田さんが嘘をついていると確信しました。

橘さんの診断は、ビタミンB1欠乏症から来るウェルニッケ・コルサコフ症候群でした。二重に見えていた神田さんの幻覚も、それによるものでした。神田さんが里見さんや橘さんに嘘をついていた(作り話をしていた)のは、記憶がない部分を埋めるために相手に話を合わせていたからだということでした。コルサコフ脳症になっていた神田さんは、ビタミンB1を補う治療の結果、症状が改善されていきました。

里見さんは、神田さんが既婚者だったことを知ってショックを受けていたのですが、橘さんたちに励まされて気を持ち直し、救命医としてまた忙しく走り回っていました。神田さんは、病気中に嘘をついていた頃の記憶もまた失っていたのでしょうか。妻がいたのに、神田さんはどうしてビタミンB1欠乏症になったのでしょうか。脚気の症状はなかったのでしょうか。ランニングが趣味?の健康的生活をしていそうな神田さんの食事のことはドラマでは描かれていなかったので分からないのですが、もとの原因は何だったのだろうと少し気になりました。

解析診断部の部長の岩倉葉子(伊藤蘭さん)が一人で乗っていたエレベーターで突然の人の気配に驚いたり、院長の北畠昌幸(高橋克典さん)に医師たち向けの「保育所」を造る計画の手柄?を取られたりしていたところなども楽しく思えました。

あと、今回は、外科医の新田雪野(相武紗季さん)が橘さんの娘の真央(藤澤遥さん)のお墓へ行ったと、真央さんの正体を橘さんに突きつけるという展開にもなっていました。

最後の場面を見ていて、真央さんが幻だということを雪野さんが橘さんにあえて言わなくてもいいのではないかなとも思えたのですが、雪野さんは橘さんに脳神経外科医に復帰してもらいたいということなのかなとも思いました。

予告によると、次回は「人食いバクテリア」(A群溶血性レンサ球菌に感染した劇症型溶血性レンサ球菌感染症)を扱う話のようでした。何十年か前にも流行していたのですが、最近またよく聞くようになり、報道によると、今年は(国内の?)感染者数が過去最多になっているのだそうです。昔よりは早く対処できるようになっているそうなのですが、怖いなと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム