「プリンセスメゾン」第五回

NHKのBSプレミアムの「プレミアムよるドラマ」の「プリンセスメゾン」の第五回を見ました。

第五回は、沼越幸(森川葵さん)の家探しを巡って、中古物件も考慮に入れる要理子(陽月華さん)と家を買うなら新築物件のほうが良いと考える伊達政一(高橋一生さん)が対立したまま、姉と兄の振りをする二人の付き添いで中古のマンションの部屋を見に行くことになった沼越さんが、ある夜の仕事先の居酒屋で忘れ物のスマートフォンを拾い、最初に見学した豊洲の高層階の角部屋の持ち主だったみずえ(冨手麻妙さん)に直接落とし物を返しに行き、上京して一人で東京での生活を送っているみずえさんに持ち家を探す自分の姿を重ねていく話でした。

脚本は高橋泉(高の文字ははしご高です)と松井香奈さん、演出は池田千尋さんでした。

沼越さんの家探しに熱心になる理子さんと伊達さんの場面が面白かったです。中古物件と新築物件のどちらがより良いのかということは、私にもまだよく分からないのですが、中古物件をリフォームするよりは新築物件を買った方が安いとか、ガラスが違うとか、別の不動産会社の営業の人の前で専門的なことを言い出す伊達さんは、確かに営業の人としても良い人なのかもしれません。

東京の街の中で少し孤独そうだったみずえさんは、沼越さんからプレゼントされた家庭用のプラネタリウムを見て同級生に電話をかけていましたが、何か救われたのでしょうか。沼越さんが見ていた昔の家の玄関前の写真に写っていた同じ制服を着た女性を見て、私はみずえさんなのかと思ったのですが、みずえさんは関西地方の方だったようで、写真の女性はいとこのえつこ(深川麻衣さん)だったようでした。

今回は、オープニングの映像がまた新しいものになっていました。また、冒頭は、派手な服装のみずえさんが東京の街を歩きながら語る場面だったのですが、夜の繁華街の明るい車道の風景の映像を見ていて、TBSの深夜ドラマだった「深夜食堂」のことを少し思い出しました。

次回にはもう少し主人公の沼越さんの物語が進んでいくといいなと思います。次回もまた楽しみにしていようと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム