「ドクターX ~外科医・大門未知子~ 4」第7話

テレビ朝日のドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~ 4」の第7話を見ました。

ある日「神原名医紹介所」に“耳が聴こえないピアニスト”の七尾貴志(武田真治さん)のリサイタルのチケットが送られてきて、所長の神原晶(岸部一徳さん)は大門未知子(米倉涼子さん)を誘って出かけました。その帰りのロビーで、晶さんは七尾さんのアシスタントの七瀬由香(知英さん)に声をかけられ、チケットの送り主が由香さんだったことを知りました。聴こえないままピアノを弾いていた七尾さんは、19歳の時の髄膜炎によって後天的に耳が聞こえなくなった人で、読唇術を活用しながら目の前の人と普通に会話をすることができました。由香さんは、楽屋へ案内した二人に七尾さんを紹介すると、七尾さんの耳を治してほしいと頼み、フリーランスの外科医の大門さんも引き受けようとしたのですが、耳が聴こえなくても演奏を「ミスしない」七尾さんは治療をマネージャーに止められ、七尾さん自身も乗り気ではない様子で忙しそうに楽屋を出ていきました。

晶さんは、さっそく「東帝大学病院」の病院長の蛭間重勝(西田敏行さん)に、大門さんを執刀医にして七尾さんの手術をするからと話に行ったのですが、蛭間院長は、世界的に有名なピアニストの七尾さんの手術ならスーパードクターの北野亨(滝藤賢一さん)に任せたいと考え、晶さんから患者の七尾さんを言い値で買い取ることにしました。

七尾さんの担当から外された大門さんは、「東帝大学病院」に向かう道を歩いていた由香さんを見かけて声をかけたのですが、由香さんは横から来るトラックの音も、大門さんの声も聴こえないようでした。由香さんは、高校生の頃のおたふくで左の耳が難聴になっていて、右耳も風邪で聴こえ辛くなっているということでした。卓球でオリンピック出場を目指していたほどだった由香さんは、難聴のためにその夢を諦めた頃、七尾さんのピアノに出会って救われたと大門さんに話していました。

由香さんは、七尾さんの耳が治ればもっとすばらしい演奏ができるのではないかということを考えていたのですが、一方で、「東帝大学病院」で北野さんとその助手になった原守(鈴木浩介さん)から人工聴覚機器を頭の中に埋め込む手術の説明を受けていた七尾さんは、駆け付けたマネージャーから“耳が聴こえないピアニスト”でなくなったら何の価値もなくなると言われ、手術はしないと答えました。七尾さんが手術を拒む本当の理由は、機械で聴こえるようになったとしてもきれいな音では聴こえないからだということでした。院長室に呼ばれた七尾さんがそのことを蛭間院長に話していると、大門さんがMRI検査を終えた由香さんを連れて入ってきました。

大門さんは、由香さんの顔面の右側に時々痛みが走ることを気にしていたのですが、検査の結果、脳内の小脳の腫瘍が三叉神経を圧迫していることが分かりました。大門さんは、このままでは死ぬかもしれないと由香さんを説得し、腫瘍を取り除く手術を始めました。

外科医の原さんと加地秀樹(勝村政信さん)と城之内博美(内田有紀さん)と一緒に由香さんの脳の手術を始めた大門さんは、見学室の窓から心配そうに見ている七尾さんに、「私、失敗しないので」と手話で伝え、小脳の部分切除もしながら無事に由香さんの手術を終えた大門さんは、手術の成功を七尾さんに合図で知らせて安心させていました。

大門さんと病院の屋上へ行き、聴力が戻って外の様々な音が聴こえることに感激していた由香さんは、その後開催された七尾さんのリサイタルの一番前の席に座って七尾さんの演奏を聴いていました。ピアノを弾く七尾さんは、自分のピアノの音がそれを聴く由香さんにちゃんと届いていることを実感していました。会場には晶さんと北野さんが来ていました。舞台袖にいた大門さんは、演奏が終わった七尾さんに声をかけ、耳の治療をしないと決断した七尾さんを、アンコールの拍手が鳴りやまない舞台に送り出していました。

脚本は寺田敏雄さん、演出は田村直己さんでした。

第7話も面白かったです。いつもとは少し違う雰囲気の“良い話”でした。

由香さんの手術は七尾さんのファンになった晶さんの情報提供による週刊誌の記事とメロンのため「無償」で行われていたようですし、高額なお金の取り引きの場面はありませんでした。

医者同士の対立の場面も特になかったように思うのですが、難聴の手術が苦手そうだった北野さんと、難聴の患者さんへの理解と手術経験のある原さんとのやりとりは、またとても面白かったです。

晶さんのスキップも良かったです。冒頭には、外科部長の西園寺猛司(吉田鋼太郎さん)の一派と内科部長の黄川田高之(生瀬勝久さん)の一派による「集団行動」もありました。大勢でぶつからずに斜めの格子状に移動するのとか、難しそうだなと思いました。

命には関わらない七尾さんの難聴と、命に関わる由香さんの難聴を前に、大門さんのフリーランスの外科医としての矜持のようなものもしっかりと描かれていたように思います。耳が聞こえないという状態を受け入れて生きる決断をした七尾さんへの大門さんの、手術をしないという生き方を尊重していたところも良かったです。

ピアノのリサイタルの場面も丁寧に描かれていたように思いますし、七尾さんと由香さんの物語としてもきれいにまとまっていたように思いました。次回の物語も楽しみにしたいと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム