「真田丸」第47回

NHKの大河ドラマ「真田丸」の第47回「反撃」を見ました。

徳川家康(内野聖陽さん)の陣から天守に向かって飛んできた砲弾によって大坂城内でたくさんの侍女たちを失った茶々(淀殿、竹内結子さん)は徳川との和睦に傾き、真田幸村(堺雅人さん)は徳川との和睦交渉役に織田有楽斎(井上順さん)ではなく茶々さんの妹で京極高次の正室の初(常高院、はいだしょうこさん)を立てるのですが、茶々さんの乳母の大蔵卿局(峯村リエさん)も行くことになったため、何かあった時にその場の流れを変える役をきり(長澤まさみさん)に頼みました。

徳川方の交渉役の阿茶局(斉藤由貴さん)は、勝ったのは豊臣だと寛大な態度で大蔵卿局に語りかけました。気を良くした大蔵卿局は、阿茶局の言う通りに交渉を進めてしまい、途中のきりさんの遮りによって、大蔵卿局に押されて交渉に入ることができなかった初さんは、豊臣の味方として集まっている牢人たちの処遇についての具体的な話を阿茶局に切り出そうとしたのですが、阿茶局はそれは追々考えると答え、牢人たちを追い出したい大蔵卿局と一緒に、真田丸の砦の打ち壊しと大坂城の外堀を埋めることを決めてしまいました。

和睦の条件が書かれた書状には出城と堀のことは記されておらず、不審に思った幸村がきりさんから書状の条項に書かれていること以外に決まったことはないかと聞いて、そのことを知りました。大蔵卿局は豊臣のためだと主張し、幸村は衝撃を受けるのですが、徳川方の兵たちによってすぐに真田丸の打ち壊しと外堀を埋める工事が始まりました。

徳川軍とまともに戦うことができなくなった牢人たちは憤り、家の再興を願う長宗我部盛親(阿南健治さん)とキリスト教の許可を求める明石全登(小林顕作さん)も、大坂城を出ていくか豊臣方に残るかを迷っていたのですが、出て行っても行く当てはありませんでした。毛利勝永(岡本健一さん)や後藤又兵衛基次(哀川翔さん)たちは、畑を作っている堀田作兵衛(藤本隆宏さん)を呼び、真田幸村とはどのような男かと尋ねることにしました。作兵衛は、幸村のことはあまり知らないが、その父親の真田安房守昌幸のことはよく知っている、義に厚い方だったと言いました。牢人たちが裏切り者だと聞いていると言うと、作兵衛は、それは誤解だ、安房守は御屋形様である武田信玄の領地を必死に守ろうとしていただけだと話し、昌幸が忠誠を誓っていた武田家が幸村にとっての豊臣家であるということを牢人たちに伝えていました。

その頃、万策が尽きたと考えていた幸村は、妻の春(松岡茉優さん)たちに上田へ戻るよう話していたのですが、そこへ後藤又兵衛や毛利勝永、長宗我部盛親、明石全登、塙団右衛門(小手伸也さん)、木村長門守重成(白石隼也さん)など牢人たちがやって来ました。幸村について行くことを決めた牢人たちが幸村に策を考えてほしいと頼み来たのでした。

そこへ、側近の大野修理大夫治長(今井朋彦さん)を伴った豊臣秀頼(中川大志さん)も現れました。秀頼は、望みを捨てぬ者だけに道は開けると、幸村に言われたことを幸村に伝えて、私はまだ望みを捨てていないと言って、徳川と戦う今後の豊臣の行く末を幸村に託していました。

作(脚本)は三谷幸喜さん、演出は小林大児さんでした。

第47回も、面白かったです。

斉藤由貴さんの演じる阿茶局のことをきりさんは見た目からすると「女狐」というよりは「女狸」だと言っていましたが、その阿茶局がきりさんと初さんのやり取りに気付きながら徳川に有利になるような交渉を進めていく場面も良かったですし、堀田作兵衛が昌幸の話からその息子の幸村の良さを牢人たちに伝えようとしていたのも良かったですし、徳川方に追い詰められても望みを捨てずに最後まで戦おうと決めた牢人たちが幸村のもとに集まり、みんなで総大将の豊臣秀頼への忠義を誓う場面も良かったです。

江戸の真田屋敷の真田伊豆守信之(大泉洋さん)は、弟のことを思うと居ても立っても居られないと言いながら、いつものように小野お通(八木亜希子さん)のお屋敷に通っていたところを妻の稲(吉田羊さん)とこう(長野里美さん)に見つかって問い詰められて動揺していたのですが、お通さんが信之の話を親切に聞いていたのは仕事だったと知ってショックを受けていました。膝枕一回に二百文?を信之が知らないうちに家臣が支払っていたようでした。

これまでの時代劇では、和睦を進めたり外堀を埋めることを許可したのは茶々さんだとして描かれることが多かったように思うのですが、この「真田丸」では茶々さんの乳母であり秀吉の死後の豊臣家の中で大きな権力を持っていたらしい大蔵卿局が幸村や息子の大野治長に反対していろいろ決めたという風に描かれていて、そのようなところも良いように思いました。

家康は、どうしてすぐに総攻撃をしないのかという秀忠(星野源さん)に、和睦と見せかけて堀を埋めて隙を見て総攻撃をするのだということを説明して高笑いしていたのですが、一方で、冒頭に登場していた片桐且元(小林隆さん)は、家康が天守を砲撃するのを見て衝撃を受け、約束が違うと、豊臣家を裏切ってしまったことを嘆いていました。有働由美子アナウンサーの語りで伝えられていた史実によると、片桐さんは半年後に亡くなったのだそうです。心労か病気か、その原因は不明ということでした。

豊臣のために戦い抜くことを決めた牢人五人衆がこれからどうするのか、次回の「真田丸」も楽しみにしたいと思います。


ところで、11月25日の「あさイチ」のゲストは、「真田丸」で真田幸村を演じている堺さんと、バイオリニストの三浦文彰さんとピアニストの辻井伸行さんでした。「真田丸」の話かなと、何気なく録画をしておいたものを後で見たのですが、後半には辻井さんのピアノと三浦さんのバイオリンによる「『真田丸』のテーマ曲」と「『真田丸紀行』のテーマ曲」の演奏もあって、それもとても良かったです。辻井さんのピアノと三浦さんのバイオリンが一緒になっていたので、いつもとは違う曲に聴こえたのですが、迫力があって、かっこよかったです。カラオケでは、辻井さんは氷川きよしさんの歌やクレイジーケンバンドの歌を歌うそうで、三浦さんは尾崎豊さんの歌を歌うのだそうです。

第13回で六文銭の旗を振りながら「高砂や」を歌って徳川軍を挑発していた時の信繁の踊りは、歴史資料館などを見た堺さんが伝統的な上田の獅子舞の踊りを見て取り入れたものだったそうです。なるほどなと思いました。「真田丸」に登場する女性たちの中で妻にしたいと思う人は誰ですかと訊かれた堺さんが、妻にするなら直江兼続と話していたのも面白かったです。確かに、村上新悟さんの演じる直江兼続はかっこいいなと思いました。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム