「IQ246~華麗なる事件簿~」第7話

TBSの「日曜劇場」のドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」の第7話を見ました。

第6話の最後、時限装置から噴き出した謎の霧を浴びて倒れていた法門寺沙羅駆(織田裕二さん)は、「マリア・T」が監察医の森本朋美(中谷美紀さん)に成り済ましていたことに以前から気付いていたため、そのウイルスのワクチンをすでに接種していたということでした。

犯罪コンサルタントの「マリア・T」は姿を消し、自宅で特別の治療を受けてある程度回復した沙羅駆さんは、執事の賢正(ディーン・フジオカさん)が入手した森本朋美のパソコンの中に残されていた経度と緯度を表す数字が指し示していたあるテレビ局へ、向かいました。

テレビ局では、ドラマ「麗しの探偵」の撮影が行われていたのですが、同じマンションにも引っ越してきた若手女優の千草あやめ(佐野ひなこさん)がそのドラマの主演を務めることが気に入らない女優の美園麗子(山口紗弥加さん)は、「完全犯罪」を勧める「13」からのメールを受け取り、専属のヘアメイクさんとの交際が報じられてマスコミに追われて困っているあやめさんに自分の服と車を使うことを提案していました。美園さんは、自分の服を着たあやめさんがマンションの駐車場に車を止めて降りた直後、あやめさんをボーガンで殺害しました。

賢正さんと刑事の和藤奏子(土屋太鳳さん)とテレビ局へ向かった病み上がりの沙羅駆さんは、事件のことを知って捜査一課の刑事たちと共にあやめさんの遺体を確認し、それから美園さんに会いに行って、ストーカー化した交際相手に背中からボーガンの矢で撃ちぬかれて殺された、という偽装工作をした女優の美園さんの嘘を暴いていくのでした。

脚本は泉澤陽子さん、演出は坪井敏雄さんでした。

和藤さんがスイーツで眠らされるという場面はなくなりましたが、賢正さんのアクションシーンは今回もありました。

山口紗弥加さんの演じる女優の美園さんも良かったのだと思います。女優を騙すために自らも演技をしていた沙羅駆さんは、美園さんが昔の映画「麗しの探偵」に強い思い入れがあったことを理解し、あやめさんの死後、美園さんが代わりに主演を務めたその作品の買い取りを賢正さんに命じていました。

沙羅駆さんたちが捜査に出かけ、法門寺家を留守にしている間、沙羅駆さんの妹の瞳(新川優愛さん)の前に宝石商として「マリア・T」が現れていたのですが、瞳さんは大丈夫だったのでしょうか。その後の場面はありませんでした。

最後には、ある駅前の路上で「マリア・T」が警察に逮捕されていました。「マリア・T」は、捕まるならあなたにと思っていたのに残念だと映像を見ているであろう沙羅駆さんに向かって言っていたようだったのですが、「マリア・T」はそのまま逮捕されるのでしょうか。それとも、沙羅駆さんの「IQ246」を上回る「IQ300」?の「マリア・T」は、何か考えがあって警察に捕まったのでしょうか。

予告によると、次回にはSMAPの稲垣吾郎さんが出演するようでした。

このドラマに関係のないいわゆる「小ネタ」的な小道具などをところどころにこれ見よがしに登場させるようなこのドラマの演出は、私にはあまり良いとは思えないのですが、沙羅駆さんの活躍する物語自体はそれなりに面白く思えますし、次回の「IQ246」も楽しみにしていようと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム