「石川五右衛門」最終回

テレビ東京の「金曜8時のドラマ」の「石川五右衛門」の第8話(最終話)を見ました。

最終回は、百助(山田純大さん)や金蔵(前野朋哉さん)や小雀(高月彩良さん)と共に豊臣秀吉(國村隼さん)に謁見し、「銀煙管(キセル)」を見せるよう言われて差し出した石川五右衛門(夜左衛門、市川海老蔵さん)が、茶々(比嘉愛未さん)の懐妊を知ると同時に、銀煙管を確認してその中に刻まれている言葉が宣教師のポルトガル語の言葉だと気付いた秀吉からその銀煙管を託した女性が明の国の将軍の娘であることを告げられて、自分が「天下人」の息子であったことを知り、自分を犠牲にしてでも豊臣家を守ることを誓う、という話でした。

作と脚本は樹林伸さん、演出は石原興さんでした。

私には毎回の物語がすごく面白かったというのとは少し違うのですが、でも、最終回は娯楽時代劇としてそれなりに良い最終回だったように思います。

五右衛門さんは、徳川家康(林家正蔵さん)の差し向けた忍びの服部半蔵(浜田学さん)に秀吉との関係を知られ、襲われるのですが、天下人の息子が大泥棒であっては困るだろうと、豊臣家を守るために、自分を犠牲にすることを決めました。公開処刑される姿を見せることで、大泥棒と秀吉は関係ないということを世間に示すためでした。

釜茹でにされることになった石川五右衛門を見るため、大勢の人たちが三条河原に集まり、五右衛門さんは台の上で辞世の句を詠むと、煮えたぎったお湯で満たされている窯の中へ飛び込みました。辺りには湯気が立ち込め、みんなが五右衛門は釜茹でにされて死んだと思っていたのですが、そうではありませんでした。奇術師の白波一座の夜左衛門でもあった五右衛門さんは、霧隠才蔵(姜暢雄さん)の起こした霧に紛れて脱出し、処刑されずに生き延びていたのでした。

百助さんと金蔵さんと小雀さんと合流した五右衛門さんは、宣教師たちが銀煙管に暗号を残して地中に隠していた財宝を見つけ出し、大砲などはどうしたのか不明でしたが、黄金や小判などは、長屋の家々に配っていました。長屋の人々は、石川五右衛門が来てくれたと喜んでいました。

そうして、石川五右衛門さんたち一座は旅に出て行きました。

歌舞伎役者の市川海老蔵さんを魅せるための時代劇だったのかなという印象はあるのですが、五右衛門さんが死なずに仲間と旅に出るという大団円の終わり方にほっとしました。“エンターテインメント時代劇”らしいように思えましたし、楽しく思いました。最後の「絶景かな、絶景かな」も良かったです。

このドラマによると、石川五右衛門は「ハーフ」の人であり、茶々さんが懐妊した子供は、秀吉の子供ではなく、秀吉の孫ということになるようでした。その子供は、僅か2歳ほど亡くなってしまう捨(鶴松)のほうではなく、拾(後の秀頼)のほうなのだろうと思うのですが、五右衛門さんが秀吉の息子ということなら、どちらにしても確かにその子供は「天下人」の血を引く者なのでした。

リアリティのある時代劇とは違いましたが、気軽な気持ちで見ることができたような気がします。昨夜の9時からはフジテレビで単発のスペシャルドラマとして「鬼平犯科帳 THE FINAL」の前編が放送されていましたが、民放の連続時代劇は最近は珍しいので、連続時代劇としてこの「石川五右衛門」が放送されたということだけでも良かったのかもしれないなと思いました。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム