夏目漱石の没後100年の日

今日は、小説家の夏目漱石の没後100年の日だそうです。

夏目漱石(夏目金之助)は1867年2月9日(慶応3年1月5日)に東京に生まれ、1916年(大正5年)の12月9日に満49歳で亡くなったということで、 来年は生誕150年になるそうです。

そのためか、昨夜の報道番組では、二松学舎大学と大阪大大学院基礎工学研究科の石黒浩教授が共同で作ったという文豪・夏目漱石のアンドロイドが紹介されていました。顔は「デスマスク」を3Dプリンターで写し取ったものから作られているそうで、声は孫の夏目房之介さんの声で再現したのだそうです。実際のご本人と似ているかどうかは私にはよく分からないのですが、夏目漱石のアンドロイドが作られたということ自体については、すごいなと思いました。

夏目漱石は科学の分野にも興味があったようですし、もしも夏目漱石が現代に生きていたなら、ロボットやAI(人工知能)にも興味を持ったのかもしれないなと思いました。

秋にはNHKの「土曜ドラマ」で「夏目漱石の妻」が放送されていましたが(とても良いドラマでした)、明日のNHKのBSプレミアムでは、夜7時半頃から「漱石悶々 夏目漱石最後の恋 京都祇園の二十九日間」というドラマが放送されるそうです。予告編が流れていました。放送時間に見ることができるかどうかは分からないのですが、私もその作品を見てみようと思います。


ところで、定期検査のため停止していた鹿児島県の九州電力の川内原子力発電所の1号機が昨夜に再稼働をしたそうなのですが、昨日にはまた鹿児島県のトカラ列島の近海で何度か地震があったようでした。私は地震の臨時速報で知ったのですが、小さな地震のまま収まっていくといいなと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム