「名探偵コナン エピソード“ONE” 小さくなった名探偵」

日本テレビの「金曜ロードSHOW!」の枠で放送されていた「名探偵コナン エピソード“ONE” 小さくなった名探偵」を見ました。

私は最初の頃には原作の青山剛昌さんの漫画の『名探偵コナン』を読んでいたので、その後始まったアニメも好きで見ていたのですが、絵柄や物語の展開が途中から私には合わないような気がするようになって次第に見なくなってしまい、最近のものはほとんど見ていません。映画も第1作から、今度こそは見ようと思いながらも途中で挫折しています。

そのような状態ではあるのですが、アニメ「名探偵コナン」の「放送20周年記念 原作者・青山剛昌全面監修の完全新作スペシャル」と番組表に書かれているのを見て、「名探偵コナン」の「第1話」の“新作版”を私も見てみることにしました。

私が昨夜の放送を見た印象からすると、元の「第1話」(漫画の第1話と第2話、あるいは高校生探偵の工藤新一が幼馴染みの毛利蘭と二人で約束をしていたトロピカルランドで黒ずくめの男・ジンとウォッカに謎の毒薬を飲まされたことによって子供の姿になり、蘭に「江戸川コナン」と名乗ってそれと知らない蘭から新一が好きだと告白された後、蘭の父親で探偵の毛利小五郎が依頼を受けた社長令嬢誘拐事件の現場へ向かうという辺りまで)の物語は夜の9時40分頃から10時45分頃までの中に描かれていました。

それでも、「デジタルリマスター」というのではなく、昔にはなかった新しい話や裏の話などが付け足されていました。冒頭と最後はコードネーム・シェリー、子供姿の灰原哀になる前の宮野志保の場面でした。薬を開発したシェリーは、それを飲んだ工藤新一の行方を探し、工藤家の捜索をして工藤新一が子供の姿になって生きていることを知りながら、文書の工藤新一の欄の「不明」を「死亡」と書き換えていました。

前半の約40分には、シェリーを含め、昔の原作やアニメの時にはまだ登場していなかった、後にレギュラーのキャラクターとなるような人物たちが登場していました(近年の作品を知らない私には見たことがない人物もいましたが)。

私は江戸川乱歩の作品もコナン・ドイルの『シャーロック・ホームズ』のシリーズも好きだったので、珍しい“探偵もの”の漫画として始まった『名探偵コナン』の主人公が近くにあった本の背表紙からその二人の名前を取ったというところも好きでしたし、大野克夫さんのテーマ音楽がよく合っているアニメの「名探偵コナン」も、当時から印象深かったのだと思います。

昨夜の“新作”の「第1話」を見ていて、面白かったというのとは少し違うのですが、ほぼ原作通りだったその第1話の内容を私自身が意外とよく憶えていたことに少し驚きました。ちょっと前に見たばかりであるような感じさえしました。

“迷探偵”の毛利小五郎の声が神谷明さんではなくなっているということ以外で、昔の作品と比べて特に大きく違っていたように思えたのは、新一(コナン君)や蘭が携帯電話やスマートフォンやデジタルカメラを持っていたり、サッカー日本代表の「SAMURAI BLUE」の話題が出ていたことでした。昔には携帯電話やスマートフォンやデジタルカメラはなかったですし、サッカーも「Jリーグ」が開幕して少ししたくらいだったように思います。ただ、昨夜のアニメでは、蘭は携帯電話を落として失くしていて、小さくなった新一もポケットに入っていたスマートフォンを使いませんでした。

「第1話」を見るにあたって私が一番気になっていたのは、ジェットコースターでの殺人事件の際の遺体から噴き出す血の描写のことでした。漫画には色はありませんでしたが(黒でした)、最初にアニメになった時に血の色が赤ではなく何か白っぽく光っているような色だったことにかなり違和感があったので(子供向けの作品ということで当時は規制していたのだろうと思います)、“新作”ではどのようになっているのだろうと気になっていたのですが、少し赤みがかった黒色というか、濃い茶色というか、そのような色になっていました。赤ではありませんでした。現代の「名探偵コナン」では、血の色はこのような色になっているのかもしれません。乗客たちの服に血飛沫が着いているというような描写も、これも原作通りだろうと思うのですが、特にありませんでした。

「名探偵コナン」のアニメを途中から見ている、例えば今の小学生くらいの方たちには、昨夜の「名探偵コナン エピソード“ONE” 小さくなった名探偵」の物語を新鮮な気持ちで見ることができたのかもしれません。私は久しぶりに見たので、記憶にある昔の「コナン君」と比較しながら見ていたのですが、それでもそれなりに最後まで楽しく見ることができたような気がします。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム