俳優の成宮寛貴さんの引退報道のこと

昨日には、テレビの報道番組では主に韓国の国会で大統領の朴槿恵(パク・クネ)さんへの弾劾訴追案が可決されたことが大きく取り上げられていました。少し前のアメリカ大統領選挙の時もそうでしたが、今は韓国の大統領の話題が報道番組の中心になっていて、報道すること自体は良いと思いますが、どうしてそれほど多く扱うのだろうと少し不思議に思います。

東京電力の福島第一原子力発電所の事故の処理にかかる費用が21.5兆円になってそれを国民が負担するようになることとか、それなのに川内原発が再稼働したこととか、自衛隊が外国の戦闘地域へ行くこととか、もっと報道したほうがいい日本の政治の問題があるのではないかと思いますが、今の日本のメディアは、国内の政治の問題を扱い辛いということなのでしょうか。安倍内閣の官房長官や大臣たちの政治資金の白紙領収書の問題なども、マスコミがほとんど扱わないので、ほとんどなかったことのようになってしまっているような気がします。舛添前都知事について「百条委員会」を開かないことにした都議会自民党より、大統領の「弾劾裁判」を決めた韓国の国会のほうがまだ良いほうなのかなとも思いました。

それにしても、昨日には、私は俳優の成宮寛貴さんの引退報道に驚きました。

最近、あまり「芸能ニュース」を見ていなかったので、「CHAGE and ASKA」の歌手のASKAさんの薬物使用での再逮捕のこともほとんど見ていませんでしたし、そのあとの、写真週刊誌の『フライデー』の成宮さんの薬物使用疑惑の記事のことも、ニュースの見出しの文字を見た程度にしか知らず、成宮さん本人が否定しているなら違うのではないかなとしか思っていなかったので、昨日の突然の成宮さんの「芸能界引退」の報道に驚きましたし、残念で、もったいないなと思いました。

ニュース番組では、マスコミ宛てに送られてきたという成宮さんの手書きの手紙も紹介されていましたが、丁寧な手書きの長文というのも珍しく思え、誠実と言うか、繊細な人だったのかもしれないなと思いました。不安と恐怖と絶望感に押しつぶされそうだという精神状態は大丈夫なのだろうかと、勝手に少し心配な気持ちにもなりました。私は昨年のTBSの「A-Studio」というトーク番組で母子家庭で育った成宮さんが14歳の時に母親を亡くし、それから一人で弟さんを育てるために働いていたことを知って、立派な方なのだなと思っていました。

その番組の前には、「相棒season13」の右京さんの“3代目相棒”だった成宮さんの演じる刑事の甲斐亨さんが実は裏では傷害事件を重ねていた犯罪者だったという衝撃的な酷い終わり方をしていたので、その後の「A-Studio」で成宮さんの話を聞いて見て少しほっとしたことを憶えています。

最近では、私はTBSの「日曜劇場」のドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」の第5話(面白い回でした)に出演しているのを見たくらいなのですが、昨夜の芸能界引退のニュースを知って、「相棒」の新しいスタッフがカイトさんを犯罪者として終わらせたからなのではないかと、実際には全く関係ないことなのかもしれませんが、「相棒」を見ている一人として、少しそう思ってしまいました。

芸能人の方の薬物使用の報道は最近また増えているような印象はありますが、疑惑の段階でテレビでも繰り返し報道される方と、週刊誌での疑惑報道の段階ですぐにその噂が消される方との違いは、何なのでしょうか。ジャニーズの嵐の大野さんの噂はすぐに消されていましたが、逮捕されたことのある槇原敬之さんは復活して今も第一線で良い音楽を作り続けています。一視聴者の私には、芸能界の闇?はよく分からないのですが、友人やマネージャーに裏切られたり騙されたりしたという方の話は時々聞きますし、今回の成宮さんの引退の報道を見て、大変な世界なのかもしれないなと改めて思いました。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム