日米政府の真珠湾への慰霊訪問と演説のこと

昨日の報道によると、ハワイへ行った日本の安倍晋三首相と任期終了の近いアメリカのバラク・オバマ米大統領は、28日、日米首脳会談を行った後、75年前の旧日本軍の真珠湾攻撃によって沈没した戦艦アリゾナの乗組員を追悼する「アリゾナ記念館」を慰霊のために訪問して献花をし、「和解の力」という言葉を繰り返して強調する演説を行ったそうです。

私は早朝の生中継(NHKなどでは放送されていたのでしょうか)を見ていたわけではなく、演説の映像を全て見たわけではありません。安倍首相とオバマ大統領の演説の全文は新聞の記事で読みました。

文章全体で見ると、オバマさんの演説のほうが(広島に訪問した時のオバマさんの演説に合わせたような)安倍さんの演説よりも長いのですが、ざっくりとした印象では、その演説でお二人が内外に伝えようとしていたことは、共に、「寛容の心」や「和解の力」は「報復よりも多くの見返りをもたらす」ということと、日米同盟は「希望の同盟」だと表明することだったのかなと思います。

天皇皇后両陛下の「慰霊の旅」のようになることはないとしても、「慰霊の旅」へ日本の首相が行くこと自体は良いことなのだと思います(戦後真珠湾を慰霊のために訪れた現職の首相としては、安倍首相は、吉田茂元首相、鳩山一郎元首相、岸信介元首相に続く4人目だそうです)。

戦争の惨禍は二度と繰り返してはならない、とか、不戦の誓いを貫いていく、とか、演説の中のこのような言葉は、正しいことだと思います。日本の中で71年続いた「平和」、あるいは自国民も他国民も政治権力を使って不自由にしたり殺傷したりしないということが、これからも続いていくといいなと思います。

でも、不戦の誓いを貫く、とハワイで演説をするその一方で、今の『日本国憲法』を変えるためのぞっとするような改憲草案を作っていたり、原子力発電所の再稼働を推進したり、国が沖縄県を訴えて辺野古の基地の建設工事を再開したり、国連総会の核兵器禁止条約の制定に向けた交渉に関する決議案に反対票を投じたり、国連安全保障理事会の南スーダンに対する武器の輸出禁止などの制裁決議案を棄権したり(「反対」か「棄権」かで迷って「棄権」にしたそうです)していて、演説で述べていた「憎悪が憎悪を招く連鎖」を政府が本当に断ち切ろうとしているのか、少し疑問にも思えます。

オバマ大統領が理想的に核廃絶を訴えても、アメリカでは核兵器が作られ続けているという現実の矛盾がありますが、今の日本政府の場合は、もう少し違うような気がします。日米同盟の強化のためのものではなく、本当に「慰霊の旅」であるなら、世界各地でこれからも続けられるべきであるようにも思いますし、今回の日本の首相とアメリカの大統領とによる真珠湾の訪問は、戦後71年目、日米開戦75年目の「区切り」とされるものであってはいけないようにも思えます。オバマ大統領が今年の5月に広島を訪問したことも、とても良いことだったと思いますが、それで「戦後」が終わったわけではないですし、それにきっと、71年くらいでは、「戦後」は終わらないのだと思います。「戦後レジームからの脱却」なるものを謳う政治的にはいろいろ「区切り」としたいのかもしれませんが、対戦した国同士が仲良くできることはあるとしても、戦争の被害の傷は、すぐには消えないものであるように思います。

辞書によると、「同盟」というのは、共同の目的のために同じ行動をとることを約束すること、という意味の言葉だそうです。日米同盟そのものが全部悪いとは思いませんが、でも、同盟は「友情」との同義語ではないのです。友情なら、対等であるはずですが、日本とアメリカの政治的な関係では、まだ対等にはなっていません。変わらない「日米地位協定」も、少し前まで締結されようとしていた「TPP」も“不平等条約”のようでした。

「謝罪外交」という言葉は、何というか、謝罪の意味を下げてしまうものでもあるような気がします。外国の国民に対してだけではなく自国民に対しても過去の戦争に関する謝罪のようなものは行われていないのかもしれませんが、そもそも、謝るというのは、悪いことではないはずです。報道によると、なぜか今朝には、稲田防衛大臣が靖国神社を参拝したそうですが、当時の政府が外交に失敗して戦争を引き起こしたこと、そのために内外の多くの人々を苦しめたり傷つけたり殺したりしたことを、与党の政治家の方たちは、本当に悪いことだったと思っているのでしょうか。それとも、当時の政治家や軍人たちが始めた太平洋戦争(大東亜戦争)を正しいことだったという風に今でも考えているのでしょうか。

「東京裁判」は先日NHKでドラマとしても放送されていましたが、その裁判の結果「A級戦犯」とされた方たちの中には、本当には「A級戦犯」ではなかった方もいるのかもしれません。「A級戦犯」などの指定を逃れた人の中に、本当に悪い「A級戦犯」が混ざっていたのかもしれません。でも、そうだとしても、今「A級戦犯」とされている方たちが書類上そうであることには変わりないのですし、戦死者や戦没者の「慰霊」を目的とするなら、公的な存在である政治家の方々が参拝場所として靖国神社にこだわり続けるのは、危険なことというか、未来の日本のためにはならないことであるような気がしてしまいます。私も何度か行ったことがありますが、明治時代に建てられた靖国神社自体は、皇居のそばにあって、小さな鳥たちもたくさんいて、春には桜の花もきれいなので、もともとが幕末以来の内戦の勝者の兵の慰霊の目的のために建てられたものであったのだとしても、「戦争」のイメージがこれからも付きまとうというのは、何かもったいないことでもあるように思えます。


ところで、昨夜の9時40分頃、少し大きめの地震がありました。点いていたテレビからの「緊急地震速報」の音に驚いたのですが、茨城県の高萩市でマグニチュード6.3の震度6弱の地震が発生したということでした(前の日が強風だったので、私はその強い風と地震とのつながりを思ったのですが、私が勝手にそう思うだけで、実際の因果関係はないのかもしれません)。気象庁の発表によると、東日本大震災の時の地震の余震なのだそうです。大きな被害は出ていないということで、少しほっとしたのですが、一週間程度は同じくらいの地震が来るかもしれないのだそうです。一週間前には、新潟県糸魚川市の大火がありました。報道によると、被災者の方の生活の立て直しのための瓦礫の撤去などは、年明けの1月にずれ込むのだそうです。被災した方が早く安心して暮らすことができるようになるといいなと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム