「超・少年探偵団NEO」というショートアニメ

東京MXテレビで今月から放送されている「超・少年探偵団NEO」という、江戸川乱歩の小説『少年探偵団』のシリーズを原案にしたアニメ作品が、意外とかわいいです。

今は第2話まで放送されていて、私には今のところはまだ、これといったストーリーのない作品であるようにも思えているのですが、カラフルでシンプルな絵がかわいらしいのと、3分か4分ほどのテンポの良いショートアニメということで、気軽な気持ちで楽しく見ることができています。

ポプラ社の制作のアニメであるらしく、ポプラ社の『少年探偵団』シリーズの劇画調の絵がところどころに使われているのも何となく面白いです。

アニメの物語の舞台は100年後の2117年の未来の東京だそうです。主な登場人物は、7代目小林少年(声・木村良平さん)、7代目明智小五郎(声・細谷佳正さん)、花崎マユミ(声・上坂すみれさん)、ノロちゃん(声・久野美咲さん)、井上くん(声・堀井茶渡さん)、7代目怪人二十面相(声・江口拓也さん)、ネコ夫人(声・花澤香菜さん)、大家さん(声・田中あいみさん)です。(花崎マユミと野呂一平と井上一郎には「7代目」と付いてはいないようです。)

脚本と監督は大宮一仁さん、音楽は野中“まさ”雄一さん、ナレーションは三木眞一郎さんという作品です。

エンディングテーマ曲の「超探偵キュリオシティー」という歌も、ポップでかわいいです。何となくなのですが、昔にNHKの教育テレビで放送されていた(私はまとめて放送されたのを見て好きになりました)「魔法少女隊アルス」という雨宮慶太さん原作のSTUDIO4゚Cのアニメ作品のことを思い出しました。このアニメの主題歌も好きでした。

江戸川乱歩は2014年に生誕120年を迎え、2015年には没後50年を迎えたので、2015年には「乱歩奇譚 Game of Laplace」というアニメが放送されていましたし、今は(昨年から)「TRICKSTER(トリックスター)-江戸川乱歩「少年探偵団」より-」というアニメも放送されていて、「少年探偵団」が流行している?ようなのですが、私としては、その乱歩関連のアニメの中では、江戸川乱歩の小説の内容や雰囲気とのかけ離れ方(どちらにしてもかけ離れているのなら)に突き抜けた明るさのある、この「超・少年探偵団NEO」が良いかなと、今のところは思えています。

このアニメの公式サイトなどでは動画が公開されているようなのですが、私はテレビの放送を録画しつつ見ています。これからも楽しく見ていくことができるといいなと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム