「嘘の戦争」第2話

フジテレビのドラマ「嘘の戦争」の第2話を見ました。初回2時間スペシャルに続き、今回は15分拡大版で放送されていました。

仁科グループ会長の仁科興三(市村正親さん)に近付くため、五十嵐(甲本雅裕さん)にわざと刺された一ノ瀬浩一(草なぎ剛さん、なぎの文字は弓偏に剪です)は、仁科会長とその次男で社長の仁科隆(藤木直人さん)に怪しまれ、会長に直接会うことはできませんでした。

さらに浩一さんは、隆さんから、妹の楓(山本美月さん)と兄の晃(安田顕さん)に近付くなとも忠告されたのですが、怪我の対応として今回のことは事故として穏便に済ませたいとお見舞金を持って現れた仁科家の顧問弁護士の六反田健次(飯田基祐さん)の名刺の名前を見て、30年前、父親が家族に謝る声を聞いたと刑事(六平直政さん)に嘘の証言をした新聞配達の少年だと思い出しました。

六反田さんへの復讐を決めた浩一さんは、五十嵐さんがお金を借りていた金融会社の人に成り済まして六反田さんを脅し、仁科会長に助けを求めようとする六反田さんに、隆さんに成り済ましたメールを送って、六反田さんと仁科家の間に亀裂を生じさせることにしました。動揺した六反田さんは、偽の隆さんのメールに会長と話した時の録音テープの存在を示唆し、そのメールを読んだ浩一さんは、六反田さんの主催する詐欺事件の被害者の会に紛れ込んだ十倉ハルカ(水原希子さん)の協力を得て、六反田さんの事務所に侵入してテープを捜し出し、30年前の事件の首謀者が仁科会長であることを確信するのでした。

脚本は後藤法子さん、演出は三宅喜重さんでした。

全体的にはシリアスなのだと思うのですが、詐欺仲間の百田ユウジ(マギーさん)と八尋カズキ(菊池風磨さん)が協力をする場面はコメディー調です。

それが悪いということでは決してないのですが、嘘の証言をした六反田さんと偶然にすぐ出会うことができたり、六反田さんの事務所に侵入して机の引き出しにテープを見つけることができたり、そのテープに残されていた音声で30年前の事件の顛末がある程度分かったり、早過ぎるというか、ざっくりとした展開に、これで良いのだろうかと少し驚きました。

あまり細かいことを気にせずに見たほうがいいドラマなのかもしれません。

テープに録音されていた仁科会長の自供(仁科会長が六反田さんに打ち明けたこと)によると、仁科会長は、30年前、女性を無理矢理連れ出そうとしたバカな大学生たちの親に頼まれて、その事件を隠蔽することにしたそうなのですが、浩一さん(千葉陽一)の父親の千葉医師は女性に抵抗した時にできた傷があるのを見つけて大学生たちの擁護を拒んだため、千葉さんを殺す指令を配下の者に出し、実行犯たちが予定外に帰宅した家族も殺傷したということのようでした。

なぜ仁科さんがその大学生たちの起こした事件の隠蔽工作を引き受けて殺人まで計画したのか、そのバカな大学生たちの中に仁科家の子供たちが含まれていたのかどうかなどは、もしかしたら私が聞き逃してしまっただけなのかもしれないのですが、よく分かりませんでした。

隆さんが父親の犯罪のことをどの程度知っているのかということも不明ですが、今のところ、浩一さんを疑う次男の隆さんと父親の興三さんは、冷たいようだけれど人を見抜く力のある人で、長男の晃さんと妹の楓さんは、素直で優しいけれど浩一さんの嘘に騙されている人という感じです。

浩一さんの仲間のハルカさんは、テープの音声を聞いて、30年前に両親と弟が仁科会長たちに殺されたという浩一さんの話を信じ、浩一さんの「復讐」に協力をしたいと話していました。

予告によると、次回は六平さんの演じる、事件の被害者の9歳の陽一さんに嘘の証言を強いた刑事が「復讐」の対象者となるようなのですが、第1話の五十嵐さんと第2話の六反田さんの場合のように、仕事で失脚させて逮捕されるようにするということが家族を殺されたことへの「復讐」の完成ということで、浩一さんとしては良いのでしょうか。

浩一さんが元々は嘘が嫌いな正直な人だということは分かるのですが、浩一さんが“天才的詐欺師”であるという設定は、あまり活かされていないようにも思えます。例えば、仁科会長が最終的な首謀者ではなく、実はその裏に別の謎の人物がいるという展開になっていくのなら、まだ良いような気もします。次回も見てみようとは思うのですが、何というか、もう少し“嘘の戦争”となる要素が描かれてほしいように思いました。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム