「おんな城主 直虎」第3回

NHKの大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第3回を見ました。

第3回は、小野家の嫡男の鶴丸(小林颯さん)と夫婦になることを避けるため、出家をしようと思いついて断髪をして母親の千賀(財前直見さん)に怒られた井伊家の姫のおとわ(後の直虎、新井美羽さん)が、今川家の命令に従わない井伊直盛(杉本哲太さん)に直接書状を送ってきた今川家の人質として、駿府の今川義元(春風亭昇太さん)の館へ向かう、という話でした。

龍潭寺の南渓和尚(小林薫さん)は、今川義元におとわの出家を認めさせておとわが今川の人質にならないようにすると直盛に話し、おとわや乳母のたけ(梅沢昌代さん)や新野左馬助(苅谷俊介さん)よりも先に駿府へ向かい、臨済寺で今川家の軍師の太原雪斎(佐野史郎さん)と会い、井伊谷ではおとわを人質にした今川に憤る井伊直平(前田吟さん)が鶴丸を誘拐する事件を起こしているという事情も説明して、協力を頼んでいました。

南渓和尚の指示で佐名(花總まりさん)の屋敷を訪ねたおとわは、蹴鞠の練習をする瀬名(丹羽せいらさん)と出会い、龍王丸の妻になって今川家を乗っ取るという夢のある瀬名さんから、蹴鞠で龍王丸さまに勝てば望みを何でも叶えてもらえるのだという話を聞きました。おとわを呼んだ南渓和尚は、佐名さんへの手紙をおとわに託し、おとわが人質にならないように寿桂尼へ取り次いでほしいという南渓和尚からの手紙を読んだ佐名さんはその手紙を破り捨てていたのですが、南渓和尚が予想していた通り、優しい性格の佐名さんは寿桂尼へ手紙を送ったようでした。

今川屋敷へ出向いたおとわは、今川義元の母の寿桂尼(浅丘ルリ子さん)と対面しました。寿桂尼は、館の庭で開かれる蹴鞠をおとわに見せました。初めて蹴鞠の試合を見ることになったおとわは、並んで座っている瀬名さんたちと対戦をしようとしている龍王丸から褒美をもらうため、龍王丸に蹴鞠の勝負を申し込みました。

初めての蹴鞠の勝負に負け続けるおとわでしたが、もう一戦、もう一戦、と負けても負けても何度も頼み、ついに龍王丸のミスによって勝利ました。龍王丸は勝ったのだから褒美をくださいと頼むおとわに卑怯な勝ち方をしたと怒っていたのですが、現れた父親の義元は、武門の習いを説く雪斎の後押しもあり、おとわの出家を持って井伊家の本領を安堵するという褒美を井伊の姫のおとわに出しました。

今川館の門の前で待っていた南渓和尚は、井伊谷に帰されることになったおとわから今川義元の書状を見せられ、知恵で乗り切ったおとわを褒めていました。井伊谷では、無事に帰ってきたおとわの姿を見た父親の直盛が、お屋敷からお堀の水の中を歩いて一直線におとわに駆け寄って抱きしめていました。

作(脚本)は森下佳子さん、演出は渡辺一貴さんでした。

第3話も、とても面白かったです。

頭から血が出るほど短く切っていたおとわの髪形も衝撃的で面白かったですし、正解は一つではない、と南渓和尚に言われた教えを実行して母親に怒られたおとわが、南渓和尚からはそれは出した正解がお粗末だったからではと言われて泣き出すおとわも面白く思えました。

井伊家の佐名さんが人質になって今川義元の「お手付き」になった、という乳母のたけさんの説明を聞いていたおとわが「鬼ごっこ」のように想像して佐名さんの敗北感や寂しさを理解するというところも、その空想の場面がちゃんと描かれていたところも良かったですし、南渓和尚の「諸行無常」の教えを実感していたおとわの笑顔も良かったです。

おとわが井伊谷に帰る頃、南渓和尚が佐名さんのお屋敷を訪ねてお礼を言っていたのですが、佐名さんは、おとわの大叔父という南渓和尚の妹でした。

佐野史郎さんの演じる軍師の雪斎は少し怖い雰囲気でもありましたが、浅丘ルリ子さんの演じる寿桂尼は、部屋の三幅の孔雀の羽の絵の墨色の掛け軸も豪華で華やかな雰囲気でした。おとわと同じくらいの年齢だった瀬名さんは、後には徳川家康の正室の築山殿になるそうです。

物語の内容も面白いですし、展開のテンポも良いのですが、やはり主人公の、新井美羽さんの演じる井伊の姫のおとわが清々しいのだと思います。

予告の映像によると、次回には、おとわは出家をして「次郎法師」となるようだったのですが、終わりのほうではもう子供時代は終わって、柴咲コウさんの演じる主人公に代わるようでした。

例えば大河ドラマ「義経」の時には、神木隆之介さんの演じる牛若丸時代の話は8週ほどありました。源義経の場合は特に牛若丸時代が重要だということもあるのかもしれませんが、今回の井伊直虎(あるいは井伊次郎法師)も出家をしていた子供時代が重要のような気がしますし、(次回を見ていないのでまだはっきりとは分かりませんが)面白いおとわの少女時代の物語が4週で終わってしまうのなら、それは少しもったいないことであるようにも思えました。

ともかく、次回の「おんな城主 直虎」も楽しみにしたいと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム