「嘘の戦争」第3話

フジテレビのドラマ「嘘の戦争」の第3話を見ました。

第3話は、家族を殺された9歳の千葉陽一(小林颯さん)に嘘の証言を強要して事実を隠ぺいした刑事の三輪郁夫(六平直政さん)に1歳で亡くなった沙織という娘がいるということを知り、それを利用して妻と娘の沙織と離れて暮らす一色という人物に成り済まして三輪刑事に近付いた一ノ瀬浩一(草なぎ剛さん、なぎの文字は弓偏に剪です)が、三輪刑事を破滅させるために冤罪の罠に陥れていく、という話でした。

脚本は後藤法子さん、演出は宝来忠昭さんでした。

30年前に1歳の娘を亡くしたという妻と二人暮らしの刑事の三輪さんが真面目な良い人だったので、三輪さんを犯罪者に仕立てていく浩一さんの復讐の場面を見ていて少し心苦しい感じになりました。

でも、一色さん(浩一さん)が30年前の「千葉陽一」だったと気付いた三輪さんが、全てのことは30年前に事件を隠蔽した自分への報いなのだと納得して、仁科グループの会長の仁科興三(市村正親さん)の次男で社長の仁科隆(藤木直人さん)に呼び出された浩一さんのことを隆さんに言わなかったという展開に、浩一さんも三輪さんのことで辛い思いをしているのだという感じもよく伝わってくるように思えて、何というか、感動的でした。良い話でした。

三輪刑事は、30年前、1歳の娘の心臓手術のための費用を仁科会長が出すという話に乗って、仁科会長に協力して事件を隠蔽することにしたようでした。しかし、娘は手術を受ける前に病死してしまったということでした。一度見た人物の顔を忘れない優秀な刑事だった三輪さんも、30年前の事件のことで苦しんでいたのでした。

携帯電話やスマートフォンでの盗撮などの冤罪は簡単に作ることができるらしいという部分も、少し怖く思えました。無実の三輪さんの冤罪がどのように晴れるのか、ドラマでは描かれていなかったのですが、浩一さんの詐欺師の能力で三輪さんの冤罪事件を回収するところまでできるといいなと思いました。

浩一さんの優しい面を見て信じている妹の楓(山本美月さん)と長男の晃(安田顕さん)も良いと思いますし、浩一さんの詐欺師の面を見て疑っている次男の隆さんも良いです。

隆さんは、社長の地位を受け継ぐときに父親から30年前の事件のことを全部教えられて、社長としてその運命も背負うことにしたということでした。ドラマの主人公は、草なぎさんの演じる浩一さんですが、会社を守るために疑い深くなり、浩一さんのことを信じない藤木さんの演じる隆さんは、もしかしたらもう一人の主人公なのかもしれないなと思いました。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム