台湾の脱原発と、韓国の少女像のこと

フジテレビのドラマ「嘘の戦争」の第3話の後の時間の、テレビ朝日の「報道ステーション」によると、台湾の与党の台湾民進党が2025年までに原子力発電をゼロにするという、アジア地域で初めての脱原発を決めたそうです。蔡英文大統領が、脱原発を掲げることは政治的リスクが高いけれど事故のリスクに比べたら大したことはありません、と会見で話しているのを聞いて、台湾はすごいなと思いました。

日本の技術が使われているために「日の丸原発」と呼ばれているという第四原発のある龍門村という村の村長の方は、脱原発を決めた理由を、日本の福島の事故を見たからだと話していました。ウクライナ(当時はソ連のウクライナ)のチェルノブイリよりも近い日本の福島での原発事故に衝撃を受けたのだそうです。台湾では1970年代に原発を導入し、そこで発電された電力を使ってきたそうなのですが、日本と同じように地震の多発地域でもある台湾は、これからは原発を使わずに、自然エネルギーなどでの発電を推進していくそうです。台湾の電力会社は公営だそうで、電力会社の社長の方は、国の方針に従うと話していました。

2013年には、台湾で10万人規模の原発反対のデモが起きたそうで、台湾民進党が選挙で勝った理由の一つに、脱原発を掲げていたことが支持されたということもあるそうです。龍門村の村長さんは、権力者は責任を取らない、経済のために原発を動かすというのは冗談を言っているとしか思えない、とも話していて、本当にそうだな、日本の場合も同じだなと思いました。福島第一原子力発電所が爆発事故を起こした時、「安全神話」は崩壊したとメディアでもあれほど言われていたのに、自分たちの生活が台無しになってしまうかもしれないのに、どうして大事故の起きた日本国内では反原発の声が小さくなって、政府が進める再稼働の動きが認められていくのでしょうか。不思議に思います。日本政府は、昨年の秋には、核拡散防止条約に未加盟のインド政府と原子力協定を締結していましたが、インドへ原発を輸出するのもやめたほうがいいように思います。

あと、NHKの「クローズアップ現代+」(録画をしておいたものを後で見ました)では、「韓国 過熱する“少女像”問題 ~初めて語った元慰安婦~」という特集で、韓国の「少女像」の問題が、戦中の辛い思いを抱えながら戦後の社会を生きてきた元慰安婦の方やそのご家族の方の意に反して広がって騒動になっているということが伝えられていました。(出演していた元慰安婦の方とご家族の映像は特定をされないように加工されていました。元慰安婦の方がテレビで話していたのは以前にも見たことがあるように思うので、初めて語った、というのは今の少女像の騒動以後、という意味だったのかもしれません。)

私にはよく分からないのですが、公式な文書を作成していないという2015年の年末の「慰安婦問題日韓合意」では、安倍首相は電話で朴槿恵大統領に「心からおわびと反省の気持ちを表明する」と話したそうで、記者会見では岸田外務大臣が安倍首相に代わって安倍首相の「心からおわびと反省の気持ちを表明する」と伝えたようなのですが、どうして安倍首相は直接「心からおわびと反省の気持ちを表明する」と言わなかったのでしょうか。この番組では、安倍首相の謝罪のことが韓国国内ではあまり報道されておらず韓国の一般市民の方たちにほとんど伝わっていないというようなことも言われていました。謝りたくないというのなら直接謝らないのもまだ分かるのですが、謝るのなら、電話で大統領だけに謝ったり外務大臣に代弁させたりするのではなく、首相自身が公の場所で大々的に直接謝ったほうが、より誠意を感じてもらうことができるかもしれないですし、すぐに世界中にも伝わって分かりやすかったのではないかなと思うのですが、どうなのでしょうか。

「少女像(しょうじょぞう)」という言葉を(早口言葉のように)すぐに言うのが私には少し難しいのですが、番組を見ていて、日本政府が少女像を目の敵にするから、韓国の少女像を設置したい方たちも少女像を撤去させようとする日本政府を目の敵にするということもあるように思えましたし、元がただの金属の銅なのだとしても、人形や生き物の形になってしまうと、愛着が湧いて、(戦時中に供出のために撤去された)渋谷のハチ公像のように、撤去されるのを悲しく思えてしまうということもあるのかもしれないなと思いました。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム