「嘘の戦争」第4話

フジテレビのドラマ「嘘の戦争」の第4話を見ました。

一ノ瀬浩一(草なぎ剛さん、なぎの文字は弓偏に剪です)の正体を突き止めるために入院中の五十嵐(甲本雅裕さん)に会いに行った、仁科グループの会長の仁科興三(市村正親さん)の次男で社長の仁科隆(藤木直人さん)は、浩一さんの写真を見て千葉陽一と口走りながら震える五十嵐さんの様子に、浩一さんが30年前の殺人事件の生き残りの「千葉陽一」であり、事件関係者に復讐をしているのではないかと考えるようになっていき、当時の千葉陽一さんが預けられた児童養護施設にまでたどり着いたのですが、名刺を受け取った経営者の三瓶守(大杉漣さん)からは個人情報を教えることはできないと追い返されてしまいました。

一方、仁科興三の娘の楓(山本美月さん)と付き合い始めた浩一さんは、仁科興三が殺人まで実行して会社員殺人事件を庇った人物が衆議院議員の四条綾子(ジュディ・オングさん)の息子の、30年前には大学生だった司(森岡豊さん)だったと気付き、詐欺仲間の十倉ハルカ(水原希子さん)を綾子さんが信じていた亡き占い師の弟子として送り込みました。そして、浩一さんは、浩一さんを経営コンサルタントと信じて疑わない、楓さんと隆さんの兄の晃(安田顕さん)に、事業計画を記録したUSBメモリーを渡し、隆さんにも渡してほしいと話しました。そのUSBにはコンピューターウイルスが組み込まれていたので、浩一さんたちは晃さんと隆さんのパソコンを外部から除くことができるようになったようでした。

脚本は後藤法子さん、演出は三宅喜重さんでした。

今回は、浩一さんが国会議員の四条綾子さん(ジュディ・オングさんは「銭の戦争」にも出演していました)と大学生時代に女性会社員を殺した息子の司さんに復讐をする話だったのですが、もしも司さんが本当に殺人犯で、その母親が息子の罪を隠すために仁科会長に隠蔽工作を依頼していたのだとするのなら、綾子さんの脱税の?5億円を密かに奪って寄付に出したり、出資詐欺をしていた司さんを出資法違反で逮捕させたりするくらいでは、“復讐劇”としては少し弱かったようにも思えました。

仁科会長が30年前のことを打ち明けた音声も、浩一さんは公表する予定はないのでしょうか。仁科会長は、音声が公表されることを恐れ、それを持っている人物の殺害を計画しようとして、30年前と同じことをするのかと次男の隆さんに止められていました。

あと、浩一さんのことを好きらしいハルカさんが、浩一さんにもらった指輪?をネックレスにして下げている楓さんに近付いて、ネットで数百円で買えるものだとさり気なく言ってみて後で少し後悔していた場面も、良かったような気がします。

その一方で詐欺仲間の百田ユウジ(マギーさん)は、浩一さんが家族を殺した人たちに復讐をしようとしていることを知って、復讐には協力できないと八尋カズキ(菊池風磨さん)に話していました。

予告によると、次回には、司さんと共に30年前に会社員の女性を殺した九島亨に復讐をするようでした。陽一さんの家族が仁科会長たちに殺されるきっかけとなったらしい会社員の殺人事件のことは詳しく描かれていないのでよく分からないのですが、犯人が捕まっていない未解決事件ということになっているのなら、被害女性の遺族や当時の担当警察官が登場してもいいような気もしました。

「仁科」の名刺を見て考え込んでいた三瓶さんが何かを知っているようなところも気になります。すごく面白いというのとは少し違うのですが、でも、次回の展開も楽しみにしていようと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム