「精霊の守り人II 悲しき破壊神」第3回

NHKの大河ファンタジー「精霊の守り人II 悲しき破壊神」の第3回を見ました。

第3回は、呪術師のスファル(柄本明さん)とその娘のシハナ(真木よう子さん)の放った刺客によってロタ王国と新ヨゴ国の国境の遊牧民の村も追われることになった用心棒のバルサ(綾瀬はるかさん)が、アスラ(鈴木梨央さん)を連れて新ヨゴ国の四路街の市場で布や服を売る店を経営している昔の知り合いのマーサ(渡辺えりさん)の家で束の間の休息を取る、という話でした。

マーサは、バルサが養父で武術の師匠のジグロ(吉川晃司さん)と一緒に旅をしていた頃の知り合いで、息子と二人だけで暮らしている時にジグロとバルサに用心棒の仕事を依頼していたようでした。スファルとシハナの放った追っ手の矢で負傷していたバルサは、マーサが呼んだ呪術師に傷を治してもらっていたのですが、眠りから目を覚ました時に見た、アスラの普通の子供らしい楽しそうな様子にほっとしていました。

アスラがバルサに話していたことによると、アスラの中の“神様”は、タル人の入ることがロタ人によって禁止されているタル人の祭儀場で母親のトリーシア(壇蜜さん)が頭部のないミイラ化した祖先の遺体から召喚した光の力がアスラの中に取り込まれたものでした。アスラの兄のチキサ(福山康平さん)と呪術師のタンダ(東出昌大さん)を捕らえたシハナがタンダに教えていたことによると、アスラの中にいる神様というのは、タルハマヤという名前で、自分を誘拐しようとした者たちに両親を殺されたタル人の祖先の美しい異能者の少女の怒りにタルハマヤが憑依したもののようでした。

タル人のチキサは、その神様の力によって平和がもたらされたと主張していたのですが、ロタ人のシハナは、タル人はロタ人を恐怖によって支配し続けていた、アスラがサーダ・タルハマヤになって人々が再び恐怖に支配されるようになってもいいのかと憤り、シハナの話を静かに聞いていたタンダは、チキサを伴い、バルサが行きそうな場所にスファルとシハナを案内することにしました。それは新ヨゴ国の市場の奥にあるマーサの家でした。

新ヨゴ国の市場に入ったシハナは、そこで突然チキサを人質に取り、父親のスファルとの決別を宣言しました。シハナは、ロタ王国の南部と北部を統一するために、アスラのタルハマヤの力を利用しようと考えていたようでした。そしてシハナはマーサの家に手紙を送り、ロタの祭儀場に来るようバルサとアスラを呼び出していました。

その頃、ロタ王国のお城では、国王のヨーサム(橋本さとしさん)と王弟のイーハン(ディーン・フジオカさん)が南部と北部の幹部たちと会議を開いていました。南部の大領主のスーアン(品川徹さん)は、南部のみの増税を受け入れる代わりに、タルシュ帝国との貿易を始めるためのツーラムの開港を国王に求めていました。

新ヨゴ国では、帝(藤原竜也さん)が、海軍提督のトーサ(伊武雅刀さん)の船が沈み、家臣たちは捕虜となったが、第一皇子・チャグム(板垣瑞生さん)の消息は不明だという報告を受けていました。聖導師(平幹二朗さん)からそのことを教えられたチャグムの母親の二ノ妃(木村文乃さん)は、すぐに助けに行ってほしいと帝に頼んだのですが、帝は新ヨゴ国の民の心を一つにするために皇太子の死を利用しようと考えていたようでした。

サンガル王国の捕虜となったチャグムは、島の牢の中で星読博士のシュガ(林遣都さん)が心配するほど落ち込んでいたのですが、家臣たちの士気が下がると狩人のジン(松田悟志さん)に叱咤されて、皇太子として生き抜かなければいけないという強い気持ちを取り戻していたのですが、その夜、帝に送り込まれたもう一人の狩人のモン(神尾佑さん)が眠っているチャグムの息の根を止めようとしていました。

脚本は大森寿美男さん、演出は西村武五郎さんでした。

第3話まで見て、特殊な国名や人名が私にも少しずつ混乱しないようになってきたような気がします。アスラの神様の正体も少し明かされていましたし、マーサの家での穏やかな日常の場面も良かったです。

私はこのドラマの上橋菜穂子さんの原作の小説を未読なので、よく知らなかったのですが、ロタ人とタル人の間の長年の確執とか、民族間の対立を描いた「戦記物語」の感じが強くなりつつあるような気もします。昨年の「精霊の守り人」の「シーズン1」を見ている時にはあまり思わなかっただけなのかもしれないのですが、初めからそのような物語だったのでしょうか。

義手の狩人のジンが15歳の皇太子のチャグムに言っていた、昔は特別な子供に見えたが今のほうが子供に見えるというような言葉も、良かったです。そういうことはあるかもしれないなと思いました。

次回の物語も楽しみにしていようと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム