「A LIFE~愛しき人~」第4話

TBSの「日曜劇場」のドラマ「A LIFE~愛しき人~」の第4話を見ました。

第4話は、壇上記念病院の副院長の壇上壮大(浅野忠信さん)が提携話を進める片山関東病院の院長(鶴見辰吾さん)の出来の悪い息子の外科医(忍成修吾さん)を怒らせたという理由で外科医の沖田一光(木村拓哉さん)たちの担当する手術を外されることになり、壇上副院長に病院を辞めると宣言した優秀なオペナース(手術室看護師)の柴田由紀(木村文乃さん)が、沖田さんに信頼されているということを実感し、“学歴コンプレックス”を乗り越えて、看護師としての今の自分自身を認めていく話でした。

脚本は橋部敦子さん、演出は加藤新さんでした。

松山ケンイチさんの演じる外科医の井川さんのコミカルな雰囲気は今回も良かったのですが、柴田さんが井川さんに話していたことによると、柴田さんは、医者の父親が一度医療ミスで訴えられたことによって実家の病院が潰れてしまい、大学の医学部に通うことができなくなって、医師を目指すことを諦めて奨学金で看護学校へ通って看護師になったという人でした。

柴田さんは、医者は看護師を見下していると怒っていたのですが、そこには柴田さん自身が看護師の自分を認めることができないという思いがあったようで、沖田さんにその怒りをぶつけて看護師も辞めればと突き放された柴田さんは、井川さんと話しながらそのことを反省して、看護師としての自分を受け入れることができるようになったようでした。

沖田さんは、柴田さんが辞めるのを引き留めたい小児外科医の壇上深冬(竹内結子さん)から、言葉が足りないことを指摘され、それから廊下ですれ違った柴田さんを呼び止めて、自分を認めるのは簡単なことではないけれど、でも僕が柴田さんを認めているということは忘れないでほしいと何とか伝えることができました。柴田さんは、ありがとうございましたと沖田さんにお礼を言って、沖田さんとの手術の後、待っていた深冬さんに、オペナースは辞めません、沖田さんとオペができるから、と話していました。

今回は、沖田さんが言葉足らずな人で井川さんがおしゃべりな人という対比も面白く思えたのですが、壮大さんを支える愛人でもある病院の顧問弁護士の榊原実梨(菜々緒さん)と、沖田さんの元恋人で壮大さんの妻の深冬さんと、沖田さんの手術の“相棒”のオペナースの柴田さんという3人の女性たちの立場や個性が際立っていたところも、良かったように思います。

片山関東病院の意向を受けて柴田さんを外そうと考えていた副院長の壮大さんは、沖田さんが柴田さんと脳の手術を行う様子を見ていて、患者さんに深冬さんの姿を重ねて過呼吸になり、片山院長に柴田さんを辞めさせるというのは許してほしい、柴田さんはオペに必要な人だと片山院長に頭を下げていたのですが、深冬さんの小児外科の赤字を補てんするために提携のことも考えているという壮大さんは、本当に妻の深冬さんのことが好きのようです。副院長の行動の全てが深冬さんのためなのだとしたら、それもすごいことだなと思います。

最後には、私はいつ振られたのかと沖田さんに訊いていた深冬さんが、突然その場に倒れ込んでいました。医局では、井川さんが沖田さんの部屋で深冬さんの脳の画像を見つけていました。私にはすごく面白いというのとはまだ少し違うかもしれないのですが、次回も見てみようと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム