「嘘の戦争」第5話

フジテレビのドラマ「嘘の戦争」の第5話を見ました。

第5話は、国会議員の息子の四条司(森岡豊さん)から30年前の女性会社員殺害事件の主犯と教えられた大手銀行の営業部長の九島亨(平岳大さん)に、九島さんの好きな飛行機のパイロットとして近付いた一ノ瀬浩一(草なぎ剛さん、なぎの文字は弓偏に剪です)が、キャビンアテンダントのハルミに扮した十倉ハルカ(水原希子さん)に興味を持つ九島さんに苛立つその愛人の五十川芙美(真飛聖さん)の嫉妬心を利用して九島さんを陥れていく、という話でした。

脚本は後藤法子さん、演出は宝来忠昭さんでした。

浩一さんは、横領したお金を持ち出すために別荘の地下室に駆け込んだ九島さんを九島さん自身の用意した猟銃で追い詰め、30年前の殺人事件のことを訊き出すのですが、九島さんが言うには、仁科グループの会長の仁科興三(市村正親さん)が30年前に殺人を実行してまで「バカな大学生」を庇ったのは、その中に、犯行の見張り役だったという長男の晃(安田顕さん)がいたからでした。

将棋や野球を好きな晃さんと本当に仲良くなりかけていたらしい浩一さんが、晃さんが殺人事件の関係者だったということを悲しく受け止める場面に、浩一さんの繊細な感じが出ていたように思えて良かったです。

九島さんは、別荘から猟銃を持って出たところを、愛人による不正の告発を受けて動いた警察に逮捕されていました。殺人事件のことが問われるのかどうかは描かれていなかったので不明です。

一方で、証拠の録音テープを取り戻そうとする父親の犯行を止めようとする、社長で次男の隆(藤木直人さん)は、「千葉陽一」を探るため、浩一さんの後をつけて、百田ユウジ(マギーさん)のバーを訪れました。作戦会議中だった浩一さんたちは少し慌てるのですが、さらにハルカさんがそこへ戻って来て、隆さんと鉢合わせをしてしまいました。

千葉陽一のことを知らないと主張する浩一さんを一応信じてお店を出た隆さんは、ハルカさんをどこかで見たことのある女性だと考え、会長の誕生日パーティーの時の写真を見て、そこに医師の五十嵐(甲本雅裕さん)と並んで歩くハルカさんの姿を見つけました。

そして、楓(山本美月さん)に父親との和解を勧め、楓さんが婚約者を父親に紹介するために仁科家で興三さんと対面することになった浩一さんが、晃さんと楓さんと共に興三さんと隆さんが待つリビングへ向かう、というところで今回の話は終わっていました。

今のところもやはり、長男の隆さん一人が、父親や兄の犯罪を会社の存続のために隠してはいますが、詐欺師の浩一さんに騙されていない冷静な人物として描かれているように思います。

浩一さんが仁科会長に会おうとする部分にも展開があって良かったです。まだドラマ全体の半分くらいなので、もしかしたら会長の裏にも何かあるのかもしれませんし、会長の秘書の七尾伸二(姜暢雄さん)が会長の補佐をしている以外には、浩一さんの家族を殺した実行犯らしき人物についてはまだ具体的には描かれていないので、そこにも何かがあるのかもしれないなと思いました。次回も楽しみにしていようと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム