「カルテット」第4話

TBSの火曜ドラマ「カルテット」の第4話を見ました。

第4話は、半田(Mummy-Dさん)と墨田(藤原季節さん)が探している、離婚した元妻の茶馬子(高橋メアリージュンさん)と息子との3人での生活を取り戻したいと願っていたヴィオラ奏者の家森諭高(高橋一生さん)が、再会した茶馬子さんからやり直すことは無理であることを告げられ、元妻と息子との別れをはっきりと自覚して受け入れていく、というような話でした。

脚本は坂元裕二さん、演出は金子文紀さんでした。

半田さんと墨田さんが探していたのは、諭高さんの元妻の現在の交際相手という会社社長?だったようでした。息子に会うために横須賀へ行った諭高さんは息子を軽井沢へ連れて行き、半田さんたちは茶馬子さんと歩いていた社長を見つけて連れ戻すことができたようでした。

諭高さんの息子は、両親との3人での生活を望んでいたのですが、父親と一緒に演奏をした後、母と二人で横須賀へ帰って行きました。

今回は、主に高橋一生さんの演じる諭高さんの回だったのですが、プロのヴァイオリン奏者の巻真紀(松たか子さん)が殺人者かもしれないというサスペンス的な要素にももう少し展開がありました。

チェロ奏者の世吹すずめ(満島ひかりさん)は、真紀さんの失踪中の夫の母親の鏡子(もたいまさこさん)に、真紀さんは殺していないと思う、私は真紀さんを信じていると言っていたのですが、その会話をライブレストラン「ノクターン」のアルバイト店員の来杉有朱(吉岡里帆さん)に聞かれ、お財布の中のお金を脅し取られていました。そして、風邪を引いて寝込んでいる諭高さんからは、病院に入院していた時の写真を見せられ、この写真を撮ったのは隣のベッドにいた「真紀さんの夫さん」だと教えられました。

その頃、ベランダに置いたままになっていたごみを捨てるために?ヴァイオリン奏者で会社員の別府司(松田龍平さん)と二人で自宅へ戻った真紀さんは、また改めて別府さんに告白をされていたのですが、その時誰かが外からその部屋のドアの鍵を開けようとしていました。

このドラマのキャッチコピーの「全員嘘つき」は分かるのですが、「全員片思い」の件は、番組表などには「四角関係」と書かれているものの、真紀さんは夫を待っている人ですし、諭高さんは妻を待っていた人ですし、「カルテット・ドーナツホール」内の4人の関係性のことではないようです。あるいは、これから本格的に?「四角関係」になるということなのでしょうか。

このドラマの登場人物4人の恋愛の部分は私にはよく分からないのですが、ミステリーの要素がこれからもう少し出て来るのなら、これまでよりももう少し楽しく見ることができそうにも思えました。エンディングの映像は(毎回同じですが)相変わらず楽しいです。次回も見てみようと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム