「おんな城主 直虎」第6回

NHKの大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第6回を見ました。

第6回は、井伊谷に帰還し、元服をして井伊肥後守直親(三浦春馬さん)と名前を改め、次郎法師(柴咲コウさん)を妻に迎えたいと井伊直盛(杉本哲太さん)に願い出た亀之丞が、小野但馬守政次(高橋一生さん)からは今川家に直親の帰還を許してもらうことが先だと言われ、出家は今川との約束で井伊の領地の安堵と引き換えになっているから還俗は難しいと話す次郎法師に、祖父の井伊直平(前田吟さん)と相談して計画した偽装自殺を提案する、という話でした。

作(脚本)は森下佳子さん、演出は渡辺一貴さんでした。

井伊家の姫である次郎法師を見張っている弟子の傑山(市原隼人さん)から報告を受けた龍潭寺の南渓和尚(小林薫さん)は、還俗して直親と夫婦になるべきかを迷っている次郎法師に、趙の国の道威という王に仕える大臣の伯と中が、その内のどちらか一人を選ばなくてはいけなくなった道威から饅頭を渡されて、中は空腹の子供にお饅頭を食べさせ、伯は取って置いてお饅頭をカビさせた、道威は最終的に伯を選んだのだが、それはなぜか、というような問いを出していました。

これが実話を基にした有名な話(故事)なのかどうか、私にはよく分からなかったのですが、南渓和尚の話を考えた次郎法師は、直親に、井伊家を守るためには家督を継ぐ直親に何かあった時のための備えとして、次郎法師が出家をしたままであったほうがいいということを話して、密かに還俗して夫婦になるという直親の策を断っていました。

政次が次郎法師を好きだということを見抜いていた直親は、次郎法師は“竜宮小僧”だから政次とも夫婦にはならないだろうと言い残して、奥山朝利(でんでんさん)がかつて政次の妻にしようとしていた娘のしの(貫地谷しほりさん)を妻に迎えることにし、祝言を挙げていました。

一方、駿府の今川館では、嫡男の氏真(尾上松也さん)と夫婦になることができなかった瀬名(菜々緒さん)が、松平家からの人質の竹千代(後の徳川家康、阿部サダヲさん)が雀を飼っている姿を見て、雀は鷹にはならないし人にも懐かないのにと苛立っていたのですが、しばらくして手乗り雀にしているのを見て驚いていました。

今回は、次郎法師が還俗をして許婚の直親と夫婦になるべきかどうかを迷った末に諦める話でしたが、出家をした次郎法師が井伊家の中での自分の役割を自覚していく話でもあったのかもしれないなと思いました。

あと、最初のほうの、亀之丞をずっと守ってきた家臣の人が、亀之丞の元服に涙を流していた場面も良かったです。

予告の映像によると、次回には「検地」のことが描かれるようだったのですが、慌てていた直平の「隠し里」というのは、今風に言うと「脱税」ということになるのかなと、何となく思いました。次回も楽しみにしていようと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム