「A LIFE~愛しき人~」第6話

TBSの「日曜劇場」のドラマ「A LIFE~愛しき人~」の第6話を見ました。

第6話は、パチンコ店で倒れて壇上記念病院に緊急搬送され、動脈解離と診断された男性(高木渉さん)の娘だった顧問弁護士の榊原実梨(菜々緒さん)が、自分を捨てた嫌いな父親の手術の同意書に家族としてサインをする条件として、その難しい手術を行ったことがない井川颯太(松山ケンイチさん)を執刀医に指名する、という話でした。

脚本は橋部敦子さん、演出は木村ひさしさんでした。

井川さんは、最初は自分には無理だと動揺していたのですが、患者のためにも医者自身が限界を決めてはいけないと、オペナース(手術室看護師)の柴田由紀(木村文乃さん)に協力を頼んで練習し、沖田一光(木村拓哉さん)が助手に入った実梨さんの父親の心臓の血管を人工血管に置き換える手術を無事に成功させていました。

副院長の壇上壮大(浅野忠信さん)との友人関係を絶った羽村圭吾(及川光博さん)は、医療ミスを防ぎたい壮大さんに井川さんの代わりに執刀するよう頼まれて、断りながらもオペ室に入ったのですが、井川さんが難しい手術を乗り超えようとしているのを見て大丈夫だと判断し、オペ室を出ていました。

妻の深冬(竹内結子さん)の病状が気になる壮大さんは、父親の手術を見届けた愛人の実梨さんが関係を終わらせてもいいですよと言うのを真に受けてあっさりと関係を終わらせていたのですが、その後、桜坂中央病院との提携話の成功を院長の壇上虎之助(柄本明さん)に報告したところ、感謝されるどころか、恩師を追い出したことが噂になっている、これほど品のない提携話はないと激怒され、ショックを受けていました。

そして、最後には、壮大さんは、脳の腫瘍が大きくなっていることに不安を感じ、医局で手術方法を考えていた沖田さんに自分の余命を尋ねた深冬さんが、3か月か4か月と宣告されて余計に不安になって泣き出し、沖田さんに抱きしめられて慰められているところを目撃して薄く笑っていました。

手術を終えた病室の父親に、今度一切娘を頼らないという契約書を書かせた実梨さんは、父親に愛されなかったということがずっと気にかかっていた人だったようなのですが、壮大さんも父親に愛されていないと感じながら育った人だったようでした。幼なじみの沖田さんが父親の一心さんと仲良くしているのをそばで見ていた小学生の壮大さんは、98点のテストを見た父親から、医者にはミスは許されない、100点でなければ意味がないと怒られていました。実梨さんが妻の深冬さんに言った「恵まれていますよね」は、壮大さんから見た沖田さんにも通じることなのかもしれません。

今回には、久しぶりに沖田さんの父親の寿司職人の一心(田中泯さん)の場面があったところも良かったのですが、井川さんや羽村さんの成長や変化が描かれていたところも良かったように思います。

外科医の沖田さんと脳に腫瘍のある深冬さんの“元恋人”の要素はともかくとしても、その他の主な登場人物の場面がバランス良く描かれるのなら、病院内の人間関係のドラマとしてはそれなりに面白いように思います。

あと、今回の番組表の字幕には「究極のモンスターペイシェント」と書かれていました。実梨さんの父親には特にそのような様子はなかったので、何のことだろうと私は思っていたのですが、病院や医師や看護師に理不尽な要求をしたり暴れたりする困った患者というような意味の「モンスターペイシェント」という言葉には、患者本人だけではなく、患者の家族や保護者の意味も含まれているのだそうです。そうだとすると、今回のドラマの解説にあった「モンスターペイシェント」とは、確かに、父親の手術の執刀医に失敗しそうな医師を指名した娘の実梨さんのことでした。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム