「精霊の守り人II 悲しき破壊神」第6回

NHKの大河ファンタジー「精霊の守り人II 悲しき破壊神」の第6回を見ました。

バルサ(綾瀬はるかさん)は、呪術師のトロガイ(高島礼子さん)から、タルシュ帝国の捕虜となったチャグム(板垣瑞生さん)が帝(藤原竜也さん)に切り捨てられようとしているという話を聞いて動揺していました。

一方、タルシュ領ヨゴの廃墟となった宮殿で海賊のセナ(織田梨沙さん)に見送られ、タルシュ帝国の都にあるラウル王子(高良健吾さん)の城へ連れて行かれた新ヨゴ国の第一皇子のチャグムは、ラウル皇子に謁見し、タルシュ領となった旧ヨゴ国出身の軍人のヒュウゴ(鈴木亮平さん)に教えられた“他国を食う獣”の側面を持つ強大なタルシュ帝国と新ヨゴ国との圧倒的な差を目の当たりにしました。

ラウル王子は、タルシュ帝国が新ヨゴ国に進軍すると脅しながら、一方では二人で民を幸せにしようと誘い、新ヨゴ国にはすでにタルシュ帝国と通じているものが入っていると話して、父親を殺して帝になるようチャグムに命じました。父親を殺すことはできないと断るチャグムは、その情けが国を滅ぼすと言うラウル王子にあるものを見せられることになったのですが、そうして案内されたチャグムの目の前にいたのは、裏切り者として縛られたヒュウゴでした。ラウル王子の命に背いてチャグムを服従させなかったとして捕まっていたヒュウゴには、宰相のクールズ(小市慢太郎さん)の指示で今にも酷い拷問が行われようとしていました。

ヒュウゴを助けたい一心のチャグムは、ヒュウゴは間違っていない、自分はタルシュ帝国に服従したのだと言い、その場に跪いてそのことを証明しました。新ヨゴ国の皇太子を落としたラウル王子は、帰国させるチャグムの願いを聞き入れ、サンガル王国の島の牢に幽閉されている新ヨゴ国の捕虜たちを連れて帰ることを許可しました。

タルシュ帝国の服から元の新ヨゴ国の家臣の服に着替えてサンガル王国の牢にいる星読博士のシュガ(林遣都さん)たち家臣を迎えに行ったチャグムは、牢の奥で戸惑っていた狩人のモン(神尾佑さん)にも、堂々と帝の元へ帰ってほしいと伝えました。もう一人の狩人のジン(松田悟志さん)も無事でした。

新ヨゴ国へ戻る船には、見張りの船が付いていました。海へ出た船の上で一人で考え込んでいたチャグムは、しばらくしてある結論を出し、逃げようと思うとシュガに事情を話して、狩人のモンとジンを呼んでもらいました。チャグムは、ラウル王子に渡された宝飾品を3人に見せながら、モンに突き落とされたことにして海を泳いでロタ王国へ行くという計画を伝えました。いつかバルサをサンガル王国に帰すと約束したことを考えていたチャグムは、自分の中の精霊のナユグの力を信じていたようでした。

シュガとモンとジンが見守る中、甲板から夜の海に飛び込んだチャグムは、その胸部を青白く光らせながら、天の川のように夜空を渡る水の民の群れと同じ方向へ泳いでいきました。

脚本は大森寿美男さん、演出は中島由貴さんでした。

第6回も面白かったです。でも、今回は主人公のバルサの登場場面は冒頭の少しだけで、ほとんどがチャグムの物語でした。

自分が死んだとなれば帝は気兼ねなくタルシュ帝国と戦うことができる、そこへ自分が援軍を連れて戻るのだというチャグムの計画が、とても健気に思えました。

ヒュウゴは、同じヨゴ人として、皇太子のチャグムがタルシュ帝国に従わないことを期待していたようでした。その意に反してヒュウゴを助けたいチャグムはラウル王子に服従の態度を示してしまったのですが、最終的には独立した新ヨゴ国の皇太子として、タルシュ帝国には従わないことを決意していました。

タルシュ領ヨゴの民としてタルシュ帝国の強大な支配力に屈していたヒュウゴと民を幸せにしたいと言いながらその殺生を厭わない冷酷なタルシュ帝国の王子のラウルが新ヨゴ国の皇太子のチャグムを取り合うというような構図も良かったように思います。

ラウルは王子なので、タルシュ帝国には王もいるということなのですが、王のことは特に描かれていませんでした。王と同じくらいの権力を持っているということなのでしょうか。服従させた国の国民にタルシュ帝国に従うことが最善なのだとを思わせて内部から支配していく、というようなタルシュ帝国の方法を聞いていて、何となく、アメリカと日本の関係性のことのようにも思えました。

予告によると、次回にはまたバルサとアスラの話に戻るようでした。チャグムもロタ王国を目指しているので、いつか会うことになるのかもしれません。次回の物語も楽しみにしたいと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム