映画「ティファニーで朝食を」

NHKのBSプレミアムで放送されていた、映画「ティファニーで朝食を」を見ました。

今から約56年前の1961年に公開されたアメリカの映画で、脚本はジョージ・アクセルロッドさん、音楽はヘンリー・マンシーニさん、監督はブレイク・エドワーズさんです。昨夜に放送されていた映画は、字幕の映画でした。

オードリー・ヘプバーン主演のとても有名な映画だと思うのですが、私はトルーマン・カポーティの小説『ティファニーで朝食を』も未読で、映画も見たことがありませんでした。そのため、放送されると知って、今度こそちゃんと見てみようと、楽しみにしていました。

ティファニーは日本でも有名は宝石店で、ティファニーと聞くと、映画をちゃんと見たこともないのに「ティファニーで朝食を」というタイトルを思い出すくらいだったのですが、昔に初めて聞いた時には、私は宝石店のティファニーには食事をするところもあるのだろうかと思っていました。でも、そうではなくて、映画のタイトルの「ティファニー」は、裕福な身分のたとえであるようでした。

「ムーン・リバー」の曲の流れる映画の冒頭の、ニューヨークの5番街のティファニーのショーウィンドウの前で着飾ったオードリー・ヘプバーンさん演じる主人公のホリー・ゴライトリーがパンとコーヒーの朝食を食べる場面(これも有名な場面ですが)は、この映画の象徴のような場面で、その後の物語に直接関係があるわけではなかったように思います。

物語は、拾った名前のない茶トラの猫とニューヨークのアパートの一室で暮らしている元女優のホリー・ゴライトリーと、ホリーの部屋の上の部屋に住む売れない小説家のポール・バージャック(ジョージ・ペパードさん)との友情や恋愛を軸にコミカルに展開していたのですが、その中で、資本主義社会での豊かさや貧しさや、お金に換えることのできない愛や自由とは何かということが繊細に描かれていたように思いました。

貧しい環境の中で生きていたホリーが弟と暮らすために14歳で子供のいる牧場経営の男性の後妻に入ったというようなエピソードが意外に思えました。一応その結婚は無効になったということでしたが、戦後の?アメリカにもそのようなことはあったのでしょうか。ホリーは、成長して軍隊に入隊した弟といつか一緒に暮らすことを願って、そのためのお金を稼ぐために自由奔放に見える生活を送っていたのですが、その願いが叶うことはありませんでした。ホリーがポールに親しみを感じたのは、穏やかで優しい性格や背の高い体格が弟のフレッドに似ていたからだったのですが、元夫からの弟の死(基地内での事故死)を知らせる電報を読んだホリーが悲嘆に暮れる辺りから、物語は少しシリアスな展開になっていました。

麻薬密売人のボスだった刑務所に服役中の老人のサリー・トマトがポールに言っていたように、ホリーのそれまでの人生は華やかなように見えていても悲劇的なものだったようでした。

最後の、雨のニューヨークの街中を走るタクシーの中で、自分は猫のように自由なのだ、籠の中で縛られたくはないと主張してポールからの告白を断り続けるホリーに、あなたが自由に固執するのは愛を受け入れる人生が怖いからだ、自分は愛で包もうとしているだけで籠の中に入れようとしているわけではない、あなたは誰かに籠に入れられることを恐れているがすでに自分で作った籠の中に入っている、どこへ行ってもその籠はついてくるのだ、というような趣旨のことをポールが言っていた場面が、とても良かったです。

映画を見ていて、私も自由になりたいと思いながらいつの間にか自分自身で作った籠の中に閉じ込められてしまっているのかもしれないと思いました。

雨の中に追い出した猫を捜しに行ったホリーが、無事に猫を見つけ出すことができてほっとしました。その直後の結末は、ロマンティックコメディーらしいものでした。

アパートの3階の部屋に住んでいる芸術家の日本人?のユニオシ(ミッキー・ルーニーさん)の、何かあると警察を呼ぶと騒ぎ出すカメラとメガネと出っ歯と浴衣の描写は、日本の私から見ると差別的な演出にも思えたのですが、その差別的?に描かれたユニオシさんは、出番の多い意外と重要な役柄でした。

当時の10ドルというのは、日本円に換算するといくらくらいだったのでしょうか。1千円ということはないだろうから1万円くらいかな、と単純に考えてみたのですが、10ドル以内の予算を提示されて少し戸惑っていたティファニーの店員さんが、ポールの見せたお菓子のおまけの指輪に名前を彫るというサービスを引き受けていた場面も良かったです(それは映画の物語の中だけのことで、実際にはそのような特別なサービスは行っていないのかもしれません)。そのお菓子のおまけの指輪は、ホリーにとっては、ティファニーのダイヤモンドの指輪よりも価値のあるものになったのだろうと思います。

シャンパンの瓶から泡が飛び出したり、お鍋から噴火のように玉子料理?が噴き出したりする演出には、映画「ローマの休日」の教会の壁の真実の口に手首が取られる場面と同じくらい映画を見ていた私も驚きましたが(真実の口の場面のほうが怖かったですが)、ホリーの髪形や衣装(イヤリングのような房飾りのついた耳栓を初めて見ました)も、当時のアメリカの車のデザインも含めて、おしゃれな映画でした。物語の内容に今から見ると少しおかしく見える部分があるとしても、やはり名作映画なのだと思います。私も見ることができて良かったです。

それにしても、いつもホリーのそばにいた茶トラの猫が、とてもかわいかったです。その点では、映画「ティファニーで朝食を」は、猫映画でもありました。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム