「相棒season15」第17話

テレビ朝日のドラマ「相棒season15」の第17話「ラストワーク」を見ました。

第17話は、「スガチー1888」として不謹慎な動画をインターネット上に投稿しては人気を博している中鴨(尾上寛之さん)の新作の「ラストワーク」で何者かに監禁され少しずつ弱っていく初老の男性(渡辺哲さん)が実際に遺体となって湖で発見され、その動画の内容がフィクションではなくリアルな犯罪である疑いが強まったことから、その動画の背景から初老の男性について独自に調べ始め、男性と小さい頃に生き別れたという娘の川地祥子(西山繭子さん)に会った特命係の杉下右京(水谷豊さん)と冠城亘(反町隆史さん)が、動画クリエイターの中鴨と死亡した男性の間に何があり、何が計画されていたのかを探っていく、というような話でした。

脚本は森下直さん、監督は内片輝さんでした。

動画投稿サイトに投稿された怪しい動画の内容がただの作り物なのか本物なのかという、現代的な出来事がテーマになった物語で、警視庁の生活安全部サイバーセキュリティ本部の専門捜査官の青木年男(浅利陽介さん)が比較的多めに登場していたのですが、青木さんはその動画のファンの一人というくらいで、投稿者について調べていたことを右京さんと冠城さんに教えたということ以外では、それほど活躍しているということでもなかったような気がします。青木さんはそもそも「警察嫌い」だったように思うのですが、その個性は活かされないまま終わるのでしょうか。

映画が理解されず借金に苦しんだ末期癌の元映画監督が生き別れた娘にメッセージを伝えたいという思いから出た行動は、その動画のメイキング映像を見た娘が感動していたという点では良かったのだと思うのですが、社会を騒然とさせた罪というか、いわゆる「公務執行妨害」のようなもので中鴨さんと自殺した大屋嗣治さんが書類送検などにされることになるのかどうかは、特に描かれていなかったように思うので、ドラマを見ていた私にはいまいちよく分からないままです(あるいは私が見逃したり聞き逃したりしてしまっただけなのかもしれません)。

鑑識の米沢守(六角精児さん)に代わって入った益子桑栄(田中隆三さん)は、まだそれほど個性がしっかりと描かれているようには見えませんが、それでも「相棒15」の後半になって少しずつ登場回数が多くなってきたような気もします。

予告によると、次回の放送は22日で、最終回スペシャルとなるようでした。プロデューサーの方が松本基弘さんから桑田潔さんになってから登場した仲間由紀恵さんの演じる社美彌子さん(ロシアのスパイとつながっているのかもしれないというような要素が一応まだ謎のままになっていました)の話になるようで、予告編を見ながら何となく、このような最終回スペシャルで良いのだろうかというような気もしたのですが、ともかく最終回スペシャルも楽しみにしていようと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム