「嫌われる勇気」第8話

フジテレビのドラマ「嫌われる勇気」の第8話を見ました。

会社員の松田が金属バットで撲殺され、遺体が放置されていた現場の壁には赤いスプレーで大きく「六五」と書かれていました。翌日、警視庁捜査一課8係の刑事の庵堂蘭子(香里奈さん)たちは、鑑識の村上由稀菜(岡崎紗絵さん)から、凶器のバットから検出された右手の指紋が15年前に殺された中学生の鈴木将也の指紋と一致したと教えられました。殺された松田さんは、15年前に将也さんが所属していた不良グループの一員で、将也さんを殺した加害者の一人でした。殺人の主犯はリーダーの佐野で、松田さんの他に前畑という人も見張り役として殺人に関係していました。刑事の三宅隆俊(桜田通さん)が調べたところ、殺された松田さんと前畑さんは誰かに命が狙われていることに怯えていました。

「六五」について帝都大学の犯罪心理学の教授の大文字哲人(椎名桔平さん)に意見を聞きに行った刑事の青山年雄(加藤シゲアキさん)は、「六五」のことは分からないと言う大文字さんから、アドラー心理学の「安直な優越性の追求」について教えられました。それは、自分は特別な存在だとか特別な存在になりたいと考える人が、努力をして完璧な成功を収めることができなかった時やそれに向けての努力を続けることを諦めた時、頑張って特別に良くなろうとするのとは反対に、安直な方法で特別に悪くなろうとするというような意味のものでした。大文字さんは、「普通」になる勇気が必要なのだと話していました。

父親の失踪時期と重なる15年前の事件について単独で調べ始めた蘭子さんは、将也さんの実家の工場へ行き、部屋の仏壇に手を合わせていたのですが、将也さんの母親に見せてもらったアルバムの写真を見ると、すぐに飛び出していきました。工場を訪ねた青山さんは、将也さんの弟の夏輝(高杉真宙さん)から昔のことで母親を刺激しないでほしいと言われていたのですが、入れ違いに出ていった蘭子さんが直前に見ていた写真には、小さい頃の弟の悠真(堀井新太さん)が写っていました。夏輝さんと同じくらいの歳だった悠真さんも、その少年グループの一員だったことがあったようでした。

その後、前畑さんが撲殺されているのが発見され、現場となった駐車場の壁には「六七」と赤いスプレーで書かれていました。凶器の金属バットからは、再び死者の指紋が検出されました。三宅刑事は、松田さんの犯行現場付近の防犯カメラに赤いスプレー缶を持つ不審な人物が映っているのを見つけたのですが、それは悠真さんでした。係長の半田陽介(升毅さん)は、今回の事件と過去の事件は関係があるのかと蘭子さんに尋ね、相談してほしいと話していたのですが、蘭子さんは一人で犯人を捜したいと決意していました。

「六五」と「六七」を昔のポケベルの数字ではないかと考えた刑事の浦部義孝(丸山智己さん)と小宮山正明(戸次重幸さん)が「ほ?」と解読していたのが何だか面白かったのですが、それから、将也さんの事件の資料を持って大文字さんを訪ねた青山さんは、大文字さんから、過去に囚われず未来に怯えず「今ここ」を生きることの大切さを説かれ、蘭子さんは「今ここ」を生きていないと言われました。

悠真さんと会った蘭子さんは、浦部刑事と小宮山刑事が弟を見張っていることに気付くと、弟を逃がしました。そして、小さい頃に遊んでいた思い出の神社に弟を呼び出し、事情を聞きました。悠真さんは、佐野さんからメールで「六五」と書くよう指示を受け、父親の居場所を教えてもらえると思って言うことを聞くことにしたということでした。悠真さんは、15年前、将也さんが佐野さんたちに殺されそうになっていることを知って刑事の父親に助けを求めたものの、将也さんは佐野さんに殺されてしまい、佐野さんは逮捕されたけれど父親は行方不明になってしまったということを姉の蘭子さんに話し、将也さんが殺されたことにも父親が行方不明になったことにも責任を感じていました。

蘭子さんと話している時、悠真さんに佐野さんからメールが届きました。将也さんが殺された現場へ行って壁に「六一」と書くようにという指示でした。悠真さんは、次に殺されるのは自分だろうと考えていました。

蘭子さんのコートのポケットには、青山さんが入れたスマートフォンが入っていました。蘭子さんは、一人で事件と向き合おうとしていたのですが、その頃、被害者を強く殴ったと思われる凶器のバットから検出された死者の指紋が両手ではなく右手のものだけであることが気になっていた青山さんは、鑑識員に過去の指紋を今に再現する方法について訊きました。そして、夏輝さんが昔に撮った兄の写真を将也さんの母親に見せてもらった青山さんは、そこに兄の手のひらが映っている写真を発見し、「見つけた」と呟きました。

将也さんが15年前に殺された現場の壁に「六一」を書いていると、金属バットを持った人物が現れました。悠真さんのふりをしていた蘭子さんは、犯人と格闘し、助けに来た青山さんの協力でその人物を現行犯逮捕しました。その人は夏輝さんでした。夏輝さんは、ある時加害者の松田さんと前畑さんが事件のことを忘れたかのように楽しそうに暮らしている姿を見つけ、兄が殺されてからの辛い暮らしに耐えきれなくなったようでした。刑事である父親に兄の将也さんを助けさせることができなかった悠真さんのことも恨んでいたようでした。自分には復讐をする権利があると訴える夏輝さんに、青山さんは、「その考え、明確に否定します」と蘭子さんのように言い、自分の思い通りにならない現状に対して過去を言い訳に使っているだけだと話し、「今ここ」を生きるべきだったと伝えていました。

取調室で聴取を受けた夏輝さんは、画像データから指紋を検出する海外製のソフトを使って兄の右手の指紋を再現したと青山さんたちに話していたのですが、「メシア」と名乗る人物からチャットを通して犯行計画を教えられ、その指示通りに実行したと打ち明けていました。

浦部さんと小宮山さんは、半田係長の指示で今度は佐野さんを捜しにクラブへ行き、刑事に気付いて逃げる佐野さんを追いかけていました。悠真さんは、姉から渡されていた父親の腕時計を、父親の元へ導くかもしれないからと姉に返し、蘭子さんは、その腕時計を着けて捜査を再開することにしました。

以前の大学の防犯カメラの映像が消えていたのも「メシア」の仕業かと考えていた三宅さんは、「メシア」のメールがどこからのものか調べていたのですが、たどり着くことができなかったようでした。青山さんは、大学の大文字さんに会いに行ったのですが、部屋に大文字さんの姿はなく、机の上にしおりが挟まれた一冊の本が置かれているのを見つけました。本を開いた青山さんの目に飛び込んできたのは、上杉暗号でした。「六五」と「六七」と「六一」は、暗号表に従って読むと「メシア」となりました。

その頃、教会にいた大文字さんは、神父さまの話の途中で教会を出ていました。夜道を走っていた青山さんは、前から歩いてきた知り合いに出会って立ち止まったのですが、次の瞬間、その人にナイフで腹部を刺され、血を流しながらその場に倒れ込んでしまいました。

脚本は大石哲也さん、演出は及川拓郎さんでした。

今回は、蘭子さんの過去につながる話でした。「刑事ドラマ+心理学ドラマ」として、ミステリーと心理学との融合もこれまでより自然に思えましたし、面白かったです。サブタイトルは、「今、ここ」を生きよ、というものでした。

ドラマの大文字さんが青山さんに言っていた、「普通」になる勇気、「普通」である勇気とは、「特別」ではない自分を受け入れて前向きに生きる覚悟をするということだったように思うのですが、この場合の「普通」とは、しかし、何のことでしょうか。地味で目立たない大多数の人の生き方や考え方の平均、というようなことでしょうか。これが普通です、というものが分からない場合には、普通になる、普通であるということも、実は難しいことであるような気がします。あるいは、例えば「みんなが普通にできている」という風に私が思っていることは、「みんな」の側の人にとっては実は普通ではないこと、特別なことであるかもしれません。

今回のドラマの中では、復讐をする人は過去に囚われている人として描かれていて、確かにその側面もあると思うのですが、過去に囚われるのは良くないことだとそれを否定することはできたとしても、加害者が過去の犯罪行為の責任を忘れて安楽に「今ここ」を生きているという事実を、被害者本人や被害者の家族が快く受け入れることはなかなかできないのではないかなとも思いました。

今回は、半田係長の指示で刑事たちが動いている感じも良かったですし、青山さんが蘭子さんのバディとして成長している様子が描かれていたところも良かったように思います。青山さんを刺したのが誰なのかはまだ不明です。今回の続きとなる次回も、楽しみにしていようと思います。


ところで、昨夜の報道番組では、ベトナムを訪問中の天皇皇后両陛下が「ベトちゃんドクちゃん」のグエン・ドクさんや、ベトナム解放のために現地に残って戦った旧日本軍の清水さんと結婚してその後ベトナム政府の方針で生き別れになったという妻のグエン・ティ・スアンさんとお会いになったということが伝えられていました。ドクさんはお元気で、昨年には広島の平和記念公園を訪れたそうで、二人の子供には日本に因んで「富士」と「桜」と名付けたのだそうです。苦労して一人で子供を育てたというスアンさんは、2006年の頃に夫の清水さんと再会することができ、帰国後に再婚した夫の家族とも会ったようなのですが、夫に自分への愛情があると分かっただけで十分だと穏やかに話していて、すごいなと思いました。

あと、数日前から日本テレビやフジテレビの報道番組や情報番組でも積極的に取り上げられるようになった、大阪府豊中市に「瑞穂の國記念小學院」という謎の小学校を建設予定の学校法人・森友学園への国有地払い下げ問題について、参議院の鴻池祥肇議員が森友学園の籠池泰典理事長夫妻からお金の入った封筒を渡されそうになって「無礼者!」と突き返したというようなことをまるで武勇伝のように記者たちに話す様子の品の無さに驚きました。鴻池議員が「おばはん」と言っていたのは副理事長のことのようなのですが、籠池理事長の教育方針や思想が自分の考えと合っているとも言っていた鴻池さんが、同時に威張ったような態度で理事長のことを「あいつ」とかその妻のことを「おばはん」と呼ぶ様子に、違和感がありました。TBSラジオ「Session-22」で聴いた時の籠池理事長の話し方と、鴻池さんの話し方には、似ているところがあったように思います。鴻池さんが表に出て来て森友学園の理事長夫妻のことを罵ることで、何かを止める意図があるのかもしれません。

野党に追い詰められると「レッテル張りだ」とか「印象操作だ」とか「不愉快だ」とかの言葉を被害妄想的に繰り返す自民党の安倍晋三首相が「公人ではなく私人」なのに「犯罪者扱い」されていると言い張っている「内閣総理大臣夫人」という肩書を使う妻の安倍昭恵さんの「あいさつ」が削除された森友学園のホームページには、「衆議院議員 平沼赳夫先生」による「籠池先生頑張れ」との応援の挨拶がまだ掲載されているのですが、どうして野党は平沼赳夫議員の名前を出して追求しないのでしょうか。安倍首相に質問するように、平沼議員を呼んで質問をしても良いのではないでしょうか。平沼さんは自民党の議員なのですし、少なくとも森友学園を自民党が応援しているということは明らかだと思うのですが、あるいは、平沼議員のことを出すと野党にも困るようなことがあるということなのでしょうか。奇妙に思えます。安倍首相や麻生大臣たちがこの森友学園への国有地払い下げ問題(約15億円が約1億円になったどころか実質的な購入金額は200万円くらいだったのではないかとも言われています)を深く調べたくないという思いはよく伝わってくるように思うのですが、今の自民党には“自浄作用”というものが働かなくなっているのかもしれないということも残念に思います。

昨日の国会では、参議院議員の山本太郎さんがこの森友学園への国有地売却疑惑のことを、田中角栄元首相の関与した未解決汚職事件「ロッキード事件」と安倍晋三首相の夫人の安倍昭恵さんの「アッキー」というあだ名?をかけて、「アッキード事件」と呼んだそうです(山本太郎さんによる造語というわけではないようでした)。私は昨日の国会中継を見ていないのですが、駄洒落風の呼び名を付けることで、政治的な「巨悪」による疑惑事件の内容の深刻さが少し薄まってしまうような気もしました。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム