「劇場版 MOZU」

先日のTBSの深夜に放送され、録画をしておいた「劇場版 MOZU」を見ました。

TBSとWOWOWの共同制作の連続ドラマとして放送されていた「MOZU」の続編の映画です。ドラマは2014年に放送され、映画は2015年に公開されました。東宝の映画です。

この映画の放送(ノーカット放送とは書かれていなかったように思います)が深夜になったのは、放送枠の都合によるものなのでしょうか。

映画の物語は、テロリスト集団による高層ビルの爆破事件が発生したのと同じ頃、ぺナム共和国(架空の国です)の駐日大使館職員の女性の乗った車が襲われるというところから始まっていました。

妻の千尋(石田ゆり子さん)と娘の雫(小泉彩さん)を失った悲しみから逃れることができずにいた警視庁公安部特務第一課捜査官の倉木尚武(西島秀俊さん)は、外務省車両襲撃事件現場に居合わせ、負傷した大使館職員の女性を助けたのですが、一緒に乗っていたその娘のエレナ(マーシュ彩さん)を拉致されてしまいました。

一方、エレナを偶然発見した元警視庁刑事部捜査一課捜査官で今は探偵事務所を開業している大杉良太(香川照之さん)は、エレナを事務所に匿っていたのですが、誕生日を祝うために呼び出した娘の大杉めぐみ(杉咲花さん)をエレナを捜しに来たテロ集団のリーダーの権藤剛(松坂桃李さん)に拉致されてしまいました。

大杉さんは警視庁公安部公安第二課捜査官の明星美希(真木よう子さん)にエレナを預けていたため、めぐみさんと同様に、明星さんも拉致されてしまい、事件の背後に「ダルマ」が関わっていると気付いた倉木さんは犯罪組織を動かす高柳隆市(伊勢谷友介さん)に会って「ダルマ」の正体を突き止めるために、大杉さんは一人娘のめぐみさんを救うために、ペナム共和国へと向かうのでした。

原作は、私は未読なのですが、逢坂剛さんの小説「百舌」シリーズです。具体的なタイトルは書かれていませんでした。ドラマの時と同じく、脚本は仁志光佑さん、音楽は菅野祐悟さん、監督は羽住英一郎さんでした。

私は連続ドラマの時の「MOZU Season1~百舌の叫ぶ夜~」と「MOZU Season2~幻の翼~」をとても好きで見ていました。ドラマの「MOZU」は、社会派ミステリーというか、サイコスリラーというか、そのような作品だったように思うのですが、映画版の「MOZU」は、わざわざ舞台を海外に移したというところも含め、血と暴力の派手なアクションの要素が強く、ドラマの時の「MOZU」のような謎と緊張感は減っていたように思います。

元公安部捜査官のアテナセキュリティーの東和夫(長谷川博己さん)の場面も、「チャオ」とか妙な高笑いとか、東さんらしさはありましたが、物語の必然性というよりは、この映画を作っている側の人たちは楽しいのだろうなという印象の要素でもあったように思えました。

松坂桃李さんの演じる権藤さんが「百舌」の新谷宏美を崇拝しているというところも少し取って付けたような設定に思えたのですが、権藤さんに殺されそうになった大杉さんとめぐみさんの前に突然現れた新谷和彦(池松壮亮さん)は、ヒーローでした。

宏美の双子の兄の新谷和彦は、倉木さんと同じくらい“不死身”なので、一体どのような存在なのだか分からない程ではあるのですが、「MOZU」には必要な存在です。必要な存在なのですが、ヒーローのように登場した場面は短く、「劇場版 MOZU」がドラマ版の続編であり、あるいはドラマ版の「スピンオフ」のような物語であるということを印象付ける場面でもあったように思いました。

「日本事件史の闇」という「ダルマ」の正体は、吉田駒夫で、演じていたのはビートたけしさんでした。津城俊輔警視正(小日向文世さん)が死亡するという展開も残念に思えたのですが、映画で描かれていた「ダルマ」の謎も、海外ロケを行うほどの大掛かりな物語である割りには、あまり深く掘り下げられてはいませんでした。

「ダルマ」は、顔の左側に火傷の痕があったのですが、その正体だった吉田駒夫の火傷の痕は顔の右側にありました(映画の話では、倉木さんの娘の雫さんは吉田駒夫に直接会ってその顔の絵を描いたということなので、雫さんの絵の「ダルマ」の傷痕は顔の右側にあったということでしょうか)。

吉田駒夫は、戦後すぐに武器商人としてアメリカに近付き、右翼組織や保守組織や暴力団とのつながりを保ちながら日本の政財界を裏で操り、総理大臣を任命することができるまでにのし上がったというような黒幕的人物でした。死んだとされていた吉田駒夫は、各地にいる自分の子供の内臓を移植するなどして生き延びていました。

吉田駒夫という名前を聞いた時、私には、どこかで聞いたことのある名前だなと少し違和感があったのですが、それは、NHKの「未解決事件」の「ロッキード事件」の特集の時に登場していた児玉誉士夫という人物の名前に似ていたからでした。映画の吉田駒夫は、児玉誉士夫の名前をもじった名前の人物だったのだろうと思います(児玉誉士夫という人は、現首相の安倍晋三さんの祖父の岸信介さんが首相になる時にも協力して、その権力を使っていたのだそうです)。

その黒幕の吉田駒夫を倒して、日本社会を救う、あるいは日本社会を新しい混沌に突き落とすという東さんの欲望は、東京オリンピック・パラリンピックが開催される予定の2020年を境に達成されることになるようでした。この映画の良かったところは、まだ2020年が来ていないというところにあったようにも思いました。

大怪我を負った大杉さんも倉木さんも、何の後遺症も残らずに無事に生き残り、映画の物語は、クリスマスの夜、倉木さんが誰かに会いに行くというところで終わっていました。大杉さんと明星さんと待ち合わせをしているレストランへ行くのではないようでしたが、はっきりとは描かれていませんでした。

スピンオフドラマ「大杉探偵事務所」の続きとして、ある種の“家族愛”のようなものもこの映画のテーマになっていたのかもしれないのですが、私としては、物語の設定も演出も、「劇場版 MOZU」より、連続ドラマの時の「MOZU」のほうがクオリティーが高かったように思いました。他の作品でもそうかもしれないのですが、連続ドラマの良さは、その映画版(劇場版)にはあまり引き継がれないのかもしれません。連続ドラマの続編のような映画化作品を見て、ドラマよりも良かった、ドラマと同じくらい良かったと思うことができるようなものは、ほとんど無いのではないかと思います。今回の「劇場版 MOZU」も、制作にお金をかけていたのだろうと思いますし、豪華キャストなのだとは思いますが、全体的に少し残念というか、もったいない作品であるように思いました。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム