「おんな城主 直虎」第10回

NHKの大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第10回を見ました。

第10回は、奥山朝利(でんでんさん)を殺してしまった小野但馬守政次(高橋一生さん)と、義父を殺した政次への処罰を考えなければならなくなった井伊肥後守直親(三浦春馬さん)と、松平元康(阿部サダヲさん)に裏切られた今川家の人質となっている元康の妻の瀬名(菜々緒さん)を、井伊家の姫である次郎法師(柴咲コウさん)が竜宮小僧のように救おうと奔走する話でした。

作(脚本)は森下佳子さん、演出は藤並英樹さんでした。

父親の直満を小野政直の陰謀によって殺された直親が今度は義父の奥山朝利を政次に殺される、あるいは、父親の政直が直親の父親の直満を殺すという出来事に苦しんでいた政次が今度は直親の義父を殺してしまう、という亀之丞(藤本哉汰さん)と鶴丸(小林颯さん)の宿命のようなものが描かれていたところも良かったです。

桶狭間の戦いで負傷していた父親の奥山朝利を小野政次に殺された嫡男の奥山孫一郎(平山祐介さん)は卑怯だと激怒し、長女のしの(貫地谷しほりさん)は悲しんでいたのですが、龍潭寺の次郎法師に匿われている政次から事情を聞き、小野家の名代として井伊家を訪れた次女のなつ(山口紗弥加さん)は、全ての発端は自分が奥山家へ戻ることを拒否したことにあると打ち明け、父親が最初に政次を殺そうとしたのだということを兄や直親たちに話し、息子の伯父である政次の寛大な処分を求めていました。

殺害現場で血の付いた刀と床や柱の傷を見ていた直親が、落ちていた刀は奥山朝利の脇差で、床や柱の傷は戦で脚を負傷している奥山朝利が政次を殺そうとして付けたもので、政次は自分の身を守るために抵抗し奥山朝利を殺してしまったのではないかと冷静に推理をして、政次を助けていました。

小野家を嫌う井伊直平(前田吟さん)に会いに行った次郎法師は、政次は奥山朝利を弔うために写経をしていると言って直平の機嫌を取り、政次には成仏していない奥山朝利の霊が出ると言って写経を勧めていたのですが、霊を気にする政次の場面も面白く思えました。

その年の冬には、直親の嫡男の虎松(のちの井伊直政)が生まれ、政次はそのお祝いとして、直満の死後父親が治めるようになったその土地を虎松に返していました。

次郎法師は、今日のような良い日がずっと続きますようにと直親に話していたのですが、そのようなある日、今川家の人質の瀬名(菜々緒さん)の実が危険に去られていることを知り、傑山(市原隼人さん)と共に駿府の今川館へ向かいました。急に白髪になっていた佐名(花總まりさん)から瀬名とその子供たちのことを頼まれた次郎法師は、寿桂尼(浅丘ルリ子さん)に、瀬名は元康の裏切りを全く知らなかったのだと、瀬名さんとその子供たちの命を助けてほしいと頼みに行ったのですが、その時寿桂尼の孫が打たれたとの連絡が入りました。手紙のやり取りしかしていなかった次郎法師と瀬名に久しぶりに再会したのですが、翌朝、瀬名には切腹が言い渡されました。

瀬名さんが今川の家臣たちに籠に乗せられそうになるのを何とか阻止しようとする次郎法師が館の前に駆け込んできた誰かの馬にぶつかりそうになって危ない、というところで「つづく」となっていました。ここで?と思えるような終わり方でもありましたが、今回もまた続きが気になる終わり方でもありました。

あと、南渓和尚(小林薫さん)のものまねをする僧侶の昊天(小松和重さん)が次郎法師を笑わせていた場面も、ほのぼのとしていて良かったです。次回も楽しみにしていようと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム