「スリル! 黒の章~弁護士・白井真之介の大災難」第3回

NHKのBSプレミアムのプレミアムドラマ「スリル! 黒の章~弁護士・白井真之介の大災難」の第3回を見ました。

第3回は、社長夫人の大河内洋子(横山めぐみさん)から部下の男性との不倫写真をネタに脅迫してきた人物を突き止めてほしいと依頼され、あるビルの受付の村口早苗(真野恵里菜さん)に500万円の入った荷物を預けた弁護士の白井真之介(山本耕史さん)が、お金を受け取りに現れた女性を見失った矢先、自称ジャーナリストの草野俊介が刺殺体で発見され、遺体の下に残されていた受領書から、大河内さんを捜査一課の刑事の外河猛(小出恵介さん)と黒岩壮吉(木下ほうかさん)に逮捕されてしまう、という話でした。

作(脚本)は蒔田光治さん、演出は河合勇人さんでした。

第3回のサブタイトルは、「弁護士・白井真之介の大不倫!?」だったのですが、白井さんが大不倫に陥るというわけではありませんでした。ただ、いつものように事件に巻き込まれてドタバタしていました。

「黒の章」でも事件を解決に導くのは、やはり「赤の章」の主人公の警視庁総務部会計課庶務係の職員の中野瞳(小松菜奈さん)でした。瞳さんは、外河さんのパソコンに保存されていた殺された草野さんの撮影した数々の不倫現場の写真を見ていて、そこに写っていた刑事部長の高倉峻(大和田伸也さん)の愛人と黒岩さんが貢いでいる女性が同じであるのを見つけたのですが、現場からなくなっていた草野さんのカメラのほうに重大な証拠があるのではないかと外河さんに教えて、事件現場の草野さんの事務所へ連れて行ってもらいました。

楽しそうに現場に向かった瞳さんは、鑑識が調べ終わったという鍵のかかった棚に隠し棚があることに気付いたのですが、その中に「金融研究所」の書類がありました。

草野さんに脅されていた不倫の当事者の一人の落合美沙子さんの遺体が握っていた「虫研究所」と書かれた紙の切れ端は、「金融研究所」の書類だったようでした。以前の受付の担当者だった落合美沙子さんの資料を白井さんに渡していた早苗さんから呼び出され、その交際相手の岡村浩一(水上剣星さん)と3人で会うことになった白井さんは、食事に入っていた睡眠薬で眠らされ、眠ったままドラム缶の中で殺されかけるのでした。

何かいまいちよく分からないままドタバタして終わったという印象でもあったのですが、事務員の篠原千佳子(佐野ひなこさん)が猫?みたいになっていたり、真野恵里菜さんが「SPEC」の「サトリ」のような動きをしたり、切れ端の「虫研究所」にカブト虫?が集まっていたり、謎の演出もありました。コメディーのドラマなので、そのような演出も、いわゆる「遊び心」と言えば「遊び心」なのかもしれませんが、私には、そのような演出がこのドラマにとって面白いのかどうかはよく分かりませんでした。

全4回のドラマなので、「赤の章」もそうですが、次回が最終回です。「黒の章」の最終回も楽しみにしたいと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム