「おんな城主 直虎」第11回

NHKの大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第11回を見ました。

第11回は、瀬名(菜々緒さん)を次郎法師(柴咲コウさん)が助けに行ったことへのお礼の品を持って井伊谷に現れた松平元康(阿部サダヲさん)からの使いの僧に会い、目付の小野但馬守政次(高橋一生さん)に相談して傾きかけた今川家を裏切る選択をしてしまった井伊肥後守直親(三浦春馬さん)の行動が、桶狭間の戦いの最中に松平元康に謀反を起こされた今川義元(春風亭昇太さん)の母の寿桂尼(浅丘ルリ子さん)の先手を打った策略による罠だったと気付いた次郎法師が、龍潭寺の南渓和尚(小林薫さん)と共に井伊家と井伊谷を守ろうと、三河を制した本物の松平元康に援軍を頼もうとするも、瀬名さんを今川館に捨て置く予定だった元康に相手にされず窮地に陥る、という話でした。

作(脚本)は森下佳子さん、演出は渡辺一貴さんでした。

元康に鷹狩りに誘われた直親は偽物とは知らずに手の甲に刀傷のある男(星田英利さん)と会い、今川館に出向いた政次は寿桂尼が呼んだ家臣の手に傷があるのを見て謀られたと気付いて追い詰められ、小野は今川家の家臣であると改めて寿桂尼に伝えていました。父親の小野和泉守政直(吹越満さん)から同じ道を歩むことになると言われたことを思い出していた政次は、謀反の疑いのあるものの粛清を行おうとして焦る今川氏真(尾上松也さん)から井伊直親が呼び出しに応じないと言われ、脅してみてはどうかと提案していました。

次郎法師から罠だったと教えられた直親は、政次は井伊家を守ろうとしたのだと思い込もうとしていて、今川家と戦おうと提案する井伊直平(前田吟さん)たちを説得し、井伊谷に攻めてくる勢いの今川家に自ら申し開きをしに行くことにしました。もしも私が男として生まれていたらと悔やむ次郎法師に、もしもおとわが女子ではなかったらたった一つの美しい思い出がなくなってしまうと寂しそうに笑い、どんな卑怯な手を使ってでも生きて戻ってほしいと頼む次郎法師と別れ、数人の家臣たちと共に駿河に向かおうとした直親は、山道で武器を構える人々に取り囲まれてしまいました。

今回は、次郎法師と直親と政次の別れの回ということで、3人がおとわ(新井美羽さん)と亀之丞(藤本哉汰さん)と鶴丸(小林颯さん)として、井戸を囲んで楽しそうにしている場面も良かったです。

冒頭の場面で松平元康の妻の瀬名さん(築山殿)と子供の竹千代(信康)と亀姫を助けに来たのは、石川数正(中村織央さん)でした。石川数正は前作の「真田丸」にも登場していましたが、今川氏真と交渉して人質交換に成功したというこの出来事は史実だそうです。私は知らなかったのですが、有名な話のようでした。

佐名(花總まりさん)は南渓和尚の妹なので、佐名さんの娘の瀬名さんと次郎法師は親戚でもあるのですが、今回には、瀬名さんへの自害の命令は解除されたものの、白髪の佐名さんが後に責任を取って自害に追い込まれたということもナレーションで言われていました。元康を動かすために井伊谷に人質として来てほしいと次郎法師に頼まれた瀬名さんは、井伊谷に捨て置かれては今川を手に入れることはできないと、今川の人質として生きて殺された母親との約束を果たすことを優先したのでした。

今回は登場人物たちが辛い決断をする場面が多かったので、ドラマを見ている私も辛い気持ちになったのですが、それでも、第11回の物語も面白かったです。直親が突然現れた敵に囲まれたところで「つづく」となる終わり方も、続きが気になる終わり方でした。直親がどうなるのかはまだ分かりませんが、予告によると、次回にはついに「おんな城主 直虎」が誕生するようでした。次回も楽しみにしていようと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム