「相棒season15」最終回

テレビ朝日のドラマ「相棒season15」の最終回2時間スペシャル、第18話「悪魔の証明」を見ました。

警視庁生活安全部サイバーセキュリティ本部の専門捜査官の青木年男(浅利陽介さん)は広報課長の社美彌子(仲間由紀恵さん)のパソコンに侵入し、美彌子さんの娘の写真や動画のファイルを開きました。異変を察した美彌子さんはすぐに娘の画像ファイルを削除しました。美彌子さんは「冠城亘」から送られてきたメールの「記念写真」のファイルを開いてウイルスに感染したと見られ、首席監察官の大河内春樹(神保悟志さん)が冠城亘(反町隆史さん)のパソコンの調査を命じました。その頃、美彌子さんと娘の記事が写真週刊誌フォトスの記者の風間楓子(芦名星さん)によって掲載されて騒ぎになりました。調査の結果、美彌子さんのパソコンに侵入した痕跡が冠城さんのパソコンに見つかり、大河内監察官たちから美彌子さんのパソコンに侵入し写真を流出させたと疑われることになりました。パソコンのスキルの低い冠城さんは全面否定し、疑いを晴らそうと奔走しました。

一方、特命係の杉下右京(水谷豊さん)は、警視庁副総監の衣笠藤治(大杉漣さん)や刑事部長の内村莞爾(片桐竜次さん)たちと同様に、美彌子さんの娘の父親が誰なのかを探り始め、週刊誌の娘の写真の背景の飾りから、娘の父親はアメリカ大使館に駆け込んで亡命したロシアの元諜報部員のヤロポロクだと推察しました。

警察内部には、内閣情報調査室総務部門時代の美彌子さんがロシアの諜報部員と通じていたのかと激震が走りました。そして、衣笠副総監や内村刑事部長は、美彌子さんを今の地位から引きずり降ろそうと画策し始めました。

そのような中、冠城さんは、右京さんが、東京拘置所にいる美彌子さんの上司の天野元内閣情報調査室室長(羽場裕一さん)に美彌子さんの父親が誰なのか分かったら教えると約束したり、週刊誌の風間記者に美彌子さんの娘の父親がヤロポロクだとリークしたりしていることを知り、「想像が及ばないならば黙っていろ!」と激昂する右京さんに、 「右京さん、あなた、何様だ?」と言い返しました。

右京さんは、週刊誌への写真のリークが美彌子さんの自作自演だと気付き、美彌子さんを庇っている天野元室長の下山殺しの真相に近付くために、美彌子さんの娘の父親のことを調べていました。捜査一課の刑事の伊丹憲一(川原和久さん)と芹沢慶二(山中崇史さん)に風間さんを尾行してもらい、風間さんが美彌子さんの東京大学時代の同級生と交際していることを知った右京さんは、週刊誌への写真の流出はパソコンがハッキングされたのを機に秘密を公表することにした美彌子さんの自作自演だということを確信し、天野さんに下山殺しの真相を訊きに行きました。

警察幹部たちに呼び出され、娘の父親について問い詰められた美彌子さんは、ヤロポロクだと認めた上で、皆さんの想像とは違う、私は襲われたのだ、宿った命に罪はないから娘を生んだが、国を裏切るようなことはしていない、と証人として警察庁長官官房付の甲斐峯秋(石坂浩二さん)を呼んで答えました。

衣笠副総監たちは絶句して追及を辞め、さらに警察内部には口止めの指示が広がっていきました。美彌子さんは降格や異動も免れたようでした。

右京さんは青木さんの犯行と気付いていたようでしたが、冠城さんは自身の疑いを完全には晴らすことができず、6か月の減給処分を言い渡されていました。冠城さんは、右京さんへのわだかまりの気持ちを残したまま退室しました。

脚本は輿水泰弘さん、監督は橋本一さんでした。

「Season15」の最終回は、「Season13」の第1話「ファントム・アサシン」の続編でした。

今回の最後は、右京さんの不思議な笑みのアップで終わっていたのですが、何というか、これほど気持ちの悪い、すっきりとしない終わり方の「相棒」の最終回2時間スペシャルは今までになかったような気がします。

「season13」の最終回(第19話)「ダークナイト」で闇に葬られた3代目相棒の甲斐享(成宮寛貴さん)も回想で登場していましたが、私には、一体何を描きたかったのだろう、何の話だったのだろうと、その衝撃的だった「13」の最終回とは別の意味で、残念な最終回だったように思えました。どうしてこのような最終回にしたのだろうと不思議に思います。

殺人が起きなかった今作の最終回は、警察内部の“内輪もめ”的な話に終始していました。「花の里」の二代目女将の月本幸子(鈴木杏樹さん)の前で右京さんが冠城さんに激怒した場面も含め、右京さんと冠城さんが対立する展開などというのは、「相棒」を好きな視聴者は望んでいないのではないかなと思います。

美彌子さんの秘密という、「15」の中ではほとんど出ていない話題を最終回2時間スペシャルで大々的に扱うことにした意味もよく分からないように思えますし、しかも、美彌子さんの娘のマリアさんの父親に関する真相も不明のまま、右京さんが知りたがっていた天野さんの下山殺しに関する真相も明らかにされないまま、終わってしまいました。

「食えない人」という言葉が台詞の中に何度か出ていましたが、美彌子さんと右京さんを頭の良い謎の人物であるように見せようとしていたということは分かるのですが、少なくとも右京さんは、昔の右京さんのほうがずっと優秀で魅力的な人物でした。紳士的で冷静な人でした。

冠城さんは右京さんを少し疑うようになっていたようでもありましたが、今回の右京さんのしたことは、昔の右京さんがしそうだった「“正義”の暴走」ではないように思います。カイトさんの頃以上に、右京さんは変わってしまったという感じがして、少し寂しく思えました。昔のような右京さんに戻ってほしいと思いますが、プロデューサーさんも代わっていますし、何よりも、もしかしたら、演じている水谷豊さんが変わってしまっているということもあるのかもしれません。

「警察嫌い」だったところ、今作からレギュラーの登場人物になった青木さんの存在も、よく分からないというか、あまり活かされていないように思えます。

次作の「16」の放送があるのかどうかはまだ分かりませんが、「相棒」のドラマのタイトルの“相棒”は、右京さんも含めての“相棒”であって、右京さんの“相棒”が誰なのかというようなことではないと思いますし、昨夜の最終回で右京さんと対立したような形になっていた反町隆史さんの演じる4代目相棒の冠城さんがいなくなったりしないといいなと、少し心配に思いました。


ところで、これは「相棒season15」のこととは全く関係のないことなのですが、昨日、皇太子ご夫妻の長女の敬宮愛子さまが学習院中等科の卒業式に出席なさったということがニュース番組で伝えられていました。皇太子さまと雅子さまと並んで挨拶をなさる愛子さまのお元気そうな姿に少しほっとしました。ニュース番組では愛子さまの卒業記念文集の、修学旅行で広島へ行った時の思いを綴った作文「世界の平和を願って」が朗読されていて、私は新聞の記事に宮内庁提供として掲載されていた全文を読んだのですが、とても文章が上手なことと繊細な感性に驚きました。国語が得意と聞いたことはありましたが、すごいなと思いました。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム