映画「アナと雪の女王」

フジテレビで地上波初放送されていた、2013年公開のディズニーのアニメーション映画「アナと雪の女王」を見ました。

視聴者や芸能人やフジテレビアナウンサーたちが映画の主題歌?の「レット・イット・ゴー~ありのままで~」を歌うエンディングの映像が不評だったという放送です。その部分は私にもとても謎に思えましたが、ともかく、録画をしておいた有名な「アナと雪の女王」の映画をようやく見ることができました。

「本編ノーカット放送」ということで、確かに物語の部分はそうだったのかもしれないと思うのですが、登場人物たちが歌うミュージカルの場面には、カラオケのように歌詞の字幕が出ていました。

ただ、そのようなところはあっても、この映画を一度も見たことがなかった私には、地上波初放送の本編を、それなりに楽しく見ることができたように思います。

映画「アナと雪の女王」の原案はハンス・クリスチャン・アンデルセンの童話『雪の女王』で、「ディズニープリンセス」の映画なのですが、ディズニー史上初のダブルヒロインの映画(二人のディズニープリンセスを主人公とした映画)ということでした。

私は「ワンス・アポン・ア・タイム」というNHKのBSプレミアムで放送されていたアメリカのドラマの中に登場していた「アナと雪の女王」しか知らなかったので、この映画が地上波で放送されると知って見るのを楽しみにしていました。

そうして見始めた物語は思っていたよりもざっくりと進んでいて、アレンデール王国の王宮に暮らす魔法の能力を持つ姉のエルサと魔法の能力のない普通の妹のアナの両親である国王夫妻はあっと言う間に海難事故で亡くなり、小さいエルサとアナには身内がお互いしかいないという状況になっていました。

アナを助けようとしたエルサの氷の魔法がアナの頭に入ってしまった時、両親は急いでアナを石の精霊(トロール)のもとへ連れ行き、アナを治した石の精霊は、髪が白くなるという後遺症が残ったアナを心配して不安に怯えるエルサに、自分の能力を恐れてはいけない、恐れたら敵になってしまうから、と話していたのですが、精霊の話を一緒に聞いていた両親は、魔法をコントロールできるようになるまではとエルサに手袋を渡し、王宮の自室に籠もるようにしてしまいました。

映画を見ながら、エルサが自分の能力を恐れるようになったのには、この両親の考え方の影響もあったのではないかなと思いました。

前向きな性格の妹のアナ(声・神田沙也加さん)が氷屋さんのクリストフ(声・原慎一郎さん)とトナカイのスヴェンの協力を得て、他人を傷つけることを恐れるあまりに雪山に氷のお城を作って閉じこもってしまったことでアレンデール王国をそれとは知らずに雪に覆われたままにしてしまった心配性の姉のエルサ(声・松たか子さん)の氷のように閉ざされた心を真実に愛によって解放しようとする話で、二人のプリンセスが主人公ということでしたが、アナの“冒険物語”の部分が長かった印象もあるので、どちらかというとアナが主人公の映画だったように思います。

脚本はジェニファー・リーさん、監督はクリス・バックさんとジェニファー・リーさん、製作総指揮はジョン・ラセターさんという作品でした。

アナとエルサが相手を助けようとした「真実の愛」が、異性間の愛ではなく、姉妹愛だったところが、ディズニープリンセスのアニメ映画の中では新しい要素だったのかなと思いました。

対人関係を怖がるエルサの不安な気持ちが鋭い氷で表現されていたのも良かったです。もしも私にも氷の魔法があったなら、エルサのようになっていたかもしれないなと思います。

「ディズニープリンセス」の映画なので主人公のアナとエルサの姉妹は王国の姫なのですが、もしも二人が一般市民だったならどうなっていたのだろうということも、少し思いました。

国王夫妻が海の事故で亡くなってから、エルサの戴冠式が行われるまでの間、国を誰がどのように治めていたのかというようなところも、具体的には描かれていなかったので不明ですが、そのようなところも含めて、「昔々あるところに」で始まりそうな、「おとぎ話」らしい話であったように思えました。

雪だるまのオラフの性格や話し方がとても面白かったのですが、エンドロールを見てオラフの声がピエール瀧さんだと知って驚きました。ピエール瀧さんはすごいなと少し驚きました。

アナを演じていた神田沙也加さんの声も、エルサを演じていた松たか子さんの声も良かったです。雪山へ行った女王エルサが「ありのまま」の自分で生きる決意をしたのが私には少し急であるように思え、アナに助けられたエルサが「愛」に気付いて「恐れ」から脱却していたところも少し唐突であるように思えたのですが、それでも、「アナと雪の女王」が人気の映画であるということは私にも分かったような気がしました。面白かったです。いつか字幕版や吹き替え版の"完全版”を見てみたく思いました。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム