「おんな城主 直虎」第12回

NHKの大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第12回を見ました。

今川からの呼び出しに応じた井伊肥後守直親(三浦春馬さん)は、駿府へ向かう途中の道で今川方の刺客に取り囲まれ、家臣たちと共に斬り殺されてしまいました。知らせを受けて現場へ駆けつけた南渓和尚(小林薫さん)は、雪の降る中に倒れていた直親を井伊谷へ連れて帰りました。

祈り続ける中で倒れてしまった次郎法師(柴咲コウさん)は、目を覚まし、直親たちの死を知りました。床の上に寝かせられている直親に触れようとした次郎法師は、夫の死を悲しむしの(貫地谷しほりさん)から、このようなことになったのはあなたのせいだ、あの時に但馬守を成敗しておけば良かったのだと責められました。

今川家は、さらに嫡男の虎松の命を差し出すよう井伊家に命じました。新野左馬助(苅谷俊介さん)は、しのさんを説得し、虎松の助命嘆願のために駿府の今川氏真(尾上松也さん)に会いに行き、代わりに自分が切腹をすると申し出たのですが、新野左馬助の代わりに別の首を持って来いと、今川家の戦への井伊家の出兵を命じました。その頃、三河の松平元康(阿部サダヲさん)は、一向一揆を受けてその領土拡大の勢いが失速していたようでした。その間、今川家に留まっていた井伊家の目付の小野但馬守政次(高橋一生さん)は、今川氏真から少しずつ信任を得ていました。

虎松の命と引き換えに今川の命によって出兵をした、井伊直平(前田吟さん)と中野直由(筧利夫さん)と新野左馬助は、戦死しました。

井伊家を継ぐものが幼い虎松一人となった時、駿府から政次が3人の目付を連れて井伊谷に帰還しました。そして、虎松の後見人を任されたと、今川氏真からの書状を祐椿尼(千賀、財前直見さん)に差し出しました。

自分はみんなに不幸しかもたらさないと落ち込み、井戸のそばでお酒を飲み続けていた次郎法師は、戻ってきた政次の姿を見て、生きていたのかと驚くのですが、続けて、どうして生きていることができたのか、どうして井伊を裏切ったのかと政次に畳み掛けるように問いました。今川に囚われていて戻って来ることができなかった、辛かったと淡々と次郎法師に言っていた政次は、裏切った理由を訊き続ける次郎法師が掴んでいる袖を振り払うと、恨むなら直親を恨め、下手を打ったのはあいつだ、井伊は滅ぶべくして滅んだのだ、と冷たく言って立ち去りました。

祐椿尼から相談を受けた南渓和尚は、次郎とは井伊の家督を継ぐ者の名だ、これまでも追い詰められると活路を見出してきたおとわは、女子にこそあれ次郎、次郎法師の名に相応しいと、「直虎」を虎松の後見として推薦することを提案しました。

龍潭寺では、次郎法師が昊天(小松和重さん)の槍を持ち出して荒れていたのですが、南渓和尚はそれを止めようとはしませんでした。次郎法師が槍を地面に突き刺して、私は何なのかと悔しがっていると、小僧さんの一人が、竜宮小僧ではないですかと言いました。

はっとした次郎法師は、直親は今川へ向かう前に帰ってきたら一緒になろうと言っていたが、あれはこのような意味だったのかもしれないと、直親の魂と一緒になって井伊家の当主として井伊谷を治めていく決意をしました。そして、新しい当主となる「直虎」を待つ政次たちの前に、母親の祐椿尼が昔におとわのために用意していた赤色の着物を着た次郎法師は、「我が井伊直虎である!」と颯爽と登場したのでした。

作(脚本)は森下佳子さん、演出は渡辺一貴さんでした。

直親の死と、政次の帰還と、次郎法師の“おんな城主 井伊直虎”としての誕生が描かれていた第12話も、とても面白かったです。

井伊直親が亡くなったのは、永禄5年の12月(1563年の1月)だそうです。「直虎紀行」によると、掛川城主の朝比奈氏の兵に襲撃されたそうで、掛川城の西には直親たちが殺された場所ではないかと言われているという「十九首(じゅうくしゅ)」という地名があるそうです。直親は冒頭の5分ほどで討たれてしまったのですが、直親の存在は最後まで活きていました。井伊直平や中野直由や新野左馬助の戦死は、ナレーションで伝えられていて、具体的な場面はありませんでした。

政次は、前回の中で直親が松平元康に付くかどうかを相談した時には、小野家もいつまでも今川に従うわけではないという風に直親に賛同していたように思いますが、直親が会った元康が今川の家臣が扮していた偽物だと気付くとすぐに方針を軌道修正して今川とのつながりを深くしていて、今回の中では、当主の直親を失った次郎法師からも「井伊家を裏切った」と思われている中で、このような事態になったのは全て直親自身の責任だという風に言い返していました。

高橋一生さんの演じる政次が、吹越満さんが演じていた井伊家の筆頭家老だった父親の小野和泉守政直と重なって見えたのですが、そのようなところも良かったと思います。結果的には政次が井伊谷や井伊家を守っていたのかもしれないとしても、井伊家の人たちからはあまりそう思われていないという部分も丁寧に描かれているので、見ていて少し辛い気持ちになりました。

でも、これまで以上に淡々とした少し冷たい雰囲気の政次も良かったですし、立ったまま「井伊直虎」を名乗った次郎法師がその直後に座っている政次のほうをちらっと見下していたところも面白く思えました。

次回から本格的に「おんな城主 直虎」としての次郎法師の物語が始まるようです。次回の物語も楽しみにしたいと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム