「おんな城主 直虎」第14回

NHKの大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第14回を見ました。

第14回では、商人の瀬戸方久(ムロツヨシさん)に借金のある井伊谷の瀬戸村と祝田村の百姓の甚兵衛(山本學さん)や八助(山中崇さん)や福蔵(木下隆行さん)や富介(木本武宏さん)たちが蜂前神社の禰宜(ダンカンさん)を通して今川に直訴した徳政令の発布の命令に応じることに抵抗する井伊直虎(柴咲コウさん)と、幼い虎松(寺田心さん)の後見の座を狙う家老の小野但馬守政次(高橋一生さん)とのその村々の治め方を巡る対決がコミカルに、少しファンタジックに描かれていました。

作(脚本)は森下佳子さん、演出は福井充広さんでした。

今回も面白かったです。直虎が百姓たちの信頼を得て、井伊家の殿として家臣の奥山六左衛門(田中美央さん)にも認められていく過程が、政次の策略を防ごうとする中でさわやかに展開していたように思います。

蜂前神社で徳政令を出す書状を書こうとしていた直虎の前にどこからともなく「亀」が現れて紙の上に乗る場面も楽しく思えました。「亀」は、南渓和尚(小林薫さん)が直虎に話していたことによると、龍宮小僧が連れて来たのではないかということでした。

私は今回のドラマを見ながら、蜂前神社の禰宜(宮司を補佐する神職)にはそれほどの権力があったのだろうかと気になっていたのですが、本編の後の「直虎紀行」によると、当時の神社の禰宜には権力があったそうです。ドラマの禰宜さんは、政次の指示で動いていたのですが、小さな村の百姓たちのことを心配していたようでもありました。

瀬戸村や祝田村の村人たちに代わってお城の近くの村人たちと一緒に田植えをしていた直虎が、月と風が一体であるように私と共に井伊谷を守ってほしいというようなことを甚兵衛さんたちに訴えていた場面も良かったです。村を逃散(ボイコットのようなものでしょうか)していた百姓たちは、借金を少しずつ返すために商人の方久の案で村を豊かにしていくという直虎の作戦を受け入れることにしたようでした。

新野家の領地は、瀬戸村から、祐椿尼(財前直見さん)の領地に替わったようでした。新野家の長女のあやめ(光浦靖子さん)は、それを了承していたのですが、虎松の母親のしの(貫地谷しほりさん)は、夫の井伊肥後守直親(三浦春馬さん)との思い出の地の祝田村が戻ってくるのでなければ直虎を虎松の後見とは認めないと怒っていました。

初めのほうで、今川から徳政令の発布の命令が出されたことを知った直虎が、「今川仮名目録」を持って南渓和尚に相談に行き、その後徳政令の発布を迫る政次に、瀬戸村と祝田村は龍潭寺に寄進したと言って難を逃れるという展開も面白く思えたのですが、今川仮名目録は良くできた法令集だったのだなということも改めて思いました。

最後、直虎に徳政令を出させる策に失敗したことを今川館で今川義元の母の寿桂尼(浅丘ルリ子さん)に怒られていた政次は、直虎を駿府へ呼ぶよう命じられて動揺していました。政次はまだ辛い立場に置かれていますが、予告では、虎松の後見を直虎に任されていました。次回も楽しみにしていようと思います。


ところで、先週の日曜日からNHKのBSプレミアムでお昼頃に再放送が始まった2007年の大河ドラマ「風林火山」(脚本は大森寿美男さんです)を見たのですが、今見てもやはり面白いです。好きで見ていたからということもあると思いますが、意外と内容を憶えていることにも驚きました。内野聖陽さんの演じる勘助と貫地谷しほりさんの演じるミツの件は最終回まで活かされているので、感慨深い感じもしました。また、今見ると改めて、合戦の場面がしっかりと作られている時代劇(大河ドラマ)だったのだなと思います。戦場などでの殺陣の描写の迫力も(当然のことなのかもしれませんが)昨年の「真田丸」以上に思えましたし、昔の時代劇のような少し難しい言葉遣いも残っていますし、「真田丸」も面白かったのですが、「風林火山」を好きだった私には、10年前の「風林火山」はやはり面白かったのだなと思えました。これからも楽しみに見ていこうと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム