「おんな城主 直虎」第15回

NHKの大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第15回を見ました。

第15回は、今川の下知に背いて徳政令を発布しなかったことに憤る寿桂尼(浅丘ルリ子さん)に呼び出され、虎松の後見を降りるようにと言う家老の小野但馬守政次(高橋一生さん)の勧めを断り、申し開きを行うために駿府へ向かうことを決めた井伊直虎(柴咲コウさん)が、前当主の井伊直親(三浦春馬さん)のように道中で暗殺されるかもしれないことを不安に思う家臣たちを説得し、政次と龍潭寺の僧の傑山(市原隼人さん)と昊天(小松和重さん)を伴って出かけた道中の宿で今川の放った刺客たちに襲われる、という話でした。

作(脚本)は森下佳子さん、演出は福井充広さんでした。

政次が直虎を助けたいのに直接助けることができないという複雑なところも良かったですし、政次の言動は井伊を守るためのものなのではないかと弟の玄蕃の妻のなつ(山口紗弥加さん)が気付いていたところも良かったです。感情的なしの(貫地谷しほりさん)と冷静ななつさんの対比も良いのだと思います。

また、今回は、女子の直虎をなかなか認めようとしない家臣の中野直之(矢本悠馬さん)が活躍する回でもありました。直虎に同行しなかった直之は、南渓和尚(小林薫さん)に呼ばれて、瀬戸村や祝田村の百姓たちに字を教えることになったのですが、直虎が寿桂尼に呼び出されたことを知った百姓たちが女子を助けないのは男ではないと直虎を助けに行こうとしているのを見て直虎を助けるために旅立ったようでした。そして、刺客たちに殺されそうになった直虎の前に直之が現れたのですが、その現れ方と刺客たちを次々と倒していく直之が何だかとてもかっこよかったです。

直虎は、虎松の後見を政次に任命し、自分は井伊谷に戻ると話して政次を駿府へ送り出し、政次が発った後、直之と相談していたことを実行したのですが、それは直之の服を借りて今川館へ向かうことでした。

寿桂尼に虎松の後見となったことを報告しようとしていた政次は、直之の身なりをして現れた直虎の寿桂尼への申し開きの言動を心配していたようなのですが、寿桂尼は、「今川仮名目録」の法律を使って村の土地を寺領にしたり、徳政令を命じるということは自分を虎松の後見と認めるということかと率直に訊き返したりする直虎を、正式に後見と認めることにしたようでした。

直虎を支持する村の百姓たちの署名活動の手紙が史実なのかどうかは分かりませんが、寿桂尼は、南渓和尚が直虎を認めているということを評価していたようでもありました。

今川館の前では百姓たちの署名を持ってきた家臣の奥山六左衛門(田中美央さん)が待っていて、直虎は、直虎が無事に戻るのを待っていた井伊谷へ無事に帰還しました。今川氏真(尾上松也さん)は、寿桂尼が直虎を認めたことについて、自分の仲間のように感じたのではないかと政次に話していました。

予告によると、次回には井伊谷の村は瀬戸方久(ムロツヨシさん)の提案で綿花の栽培を始めることになるようでした。私はよく知らなかったのですが、静岡県は今でも綿花の産地なのだそうです。次回の物語も楽しみにしていようと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム