「女囚セブン」第1話

テレビ朝日の「金曜ナイトドラマ」枠の新ドラマ「女囚セブン」の第1話を見ました。

芸姑仲間の雪乃(寺川里奈さん)を刺殺したという冤罪で、法務大臣の内藤裕次郎(高嶋政伸さん)が女性受刑者のための平和的な刑務所として宣伝する「花園女子刑務所」へ移送された神渡琴音(剛力彩芽さん)が、無銭飲食で逮捕された刑務所内の情報屋の坂本奈津(安達祐実さん)、夫殺しの元ヤンシングルマザーの市川沙羅(トリンドル玲奈さん)、遺産目当ての“後妻業の女”の津田桜子(平岩紙さん)、政治資金を不正利用した政治秘書の楠瀬司(山口紗弥加さん)、患者を殺した全身整形の美容整形看護師の矢島千鶴香(橋本マナミさん)、老老介護で夫を殺してしまった平塚うめ(木野花さん)のいる雑居房(共同室)で囚人の新人としての生活を送りながら、雪乃殺害事件の真相を探るために動き始める、というような話でした。

脚本は、TBSのドラマ「SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~」やテレビ朝日の「金曜ナイトドラマ」の「民王」の西荻弓絵さん(昨年の「家政婦のミタゾノ」の第7話もそうでした)でした。監督は瑠東東一郎さんでした。

音楽はスキャット後藤さん、エンディングで流れていた主題歌は、新しい学校のリーダーズの「毒花」という曲でした。(「新しい学校のリーダーズ」というのはダンスボーカルユニットの名前だそうです。また変わった名前の音楽グループです。)

ドラマの主人公の元芸姑の琴音さんは、「どす」で終わる京都の言葉?で話す人でした。感覚が鋭く、運動神経が良くて、耳の良い人でもありました。

第1話では、琴音さんは、「ドベ」と呼ばれて嫌がらせを受ける新人の自分に親切そうに近付いてきた、実は掏り師だった奈津さんと対峙していました。

このドラマを見始めた頃には、もしも女性受刑者同士の争いばかりを描くドラマだったらどうしようとも思っていたのですが、韓流スターのファンでラストコンサートへ行くために脱走を試みていた元プロボクサーの受刑者の山川まお(山崎静代さん)と戦う強い琴音さんのアクションシーンも良かったですし、両親に捨てられたという過去に苦しんで“家族の幸せ”に満たされないという寂しい思いから掏りの罪を重ねて志願囚となっていた奈津さんに、琴音さんが、「そもそも家族なんてユニット時代遅れやわ」、「血がつながってるだけでチマチマまとまって」と言うのを聞いて、笑ってしまいました。面白いなと思いました。

それから琴音さんは、奈津さんに、人間は生まれる時も死ぬときもどうせ一人、近未来には人はカプセルで生まれてカプセルで死ぬのかもしれないのだからみんな生まれた時から一人ですっくと生きたらよろしい、ひょっとしてあなたは世に言う真っ当に家族の幸せを作って生きることができない自分を悪いと思っているのではないか、でも悪いのはあなたじゃない、あなたをそこまで寂しい女にした家族だと断言していました。

罪は犯す人が悪いのではなく犯させる人が悪いのだ、という琴音さんの台詞には、少し納得できないように思えるところもあるのですが、悪いのは奈津さんではなく奈津さんを捨てた家族なのだと、琴音さんが“理想の家族”に囚われていた奈津さんを解放していたところは、すっきりとしていて良かったです。

その他の主な登場人物は、刑務所に入って事件の真相を探ることにした琴音さんの決意を尊重し、琴音さんの無実を信じる置屋の女将の一条涼(梶芽衣子さん)、琴音さんの後輩の芸姑の小春(久住小春さん)、事勿れ主義の刑務所の所長の恩田健郎(池内万作さん)、ベテラン刑務官の百目鬼幸子(どうめきさちこ、宍戸美和公さん)でした。

女囚たちを厳しく管理する刑務官の百目鬼さんは、琴音さんの雑居房の囚人たちを一人ずつ呼び出し、誰かの命令で琴音さんに何かをする密命を下している人物でもあるようでした。

ドラマを見る前に思っていたのと少し異なり、少なくとも第1話は最後まで面白く見ることができました。コメディー要素も多いのですが、意外と社会派のミステリーのようでもありました。次回は後妻業の女・津田桜子さんの話になるようでした。放送時間に見ることができるかどうかは分からないのですが、次回の「女囚セブン」も見てみようと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム