日本国憲法の施行から70年の日

今日は、「憲法記念日」で、1947年(昭和22年)に『日本国憲法』が施行されてから70年の日ですが、現在、70年前の日本の国会議員たちがまとめ、昭和天皇も新しい日本を建設するための憲法として認めていたという日本国憲法が、作られた時期がアメリカのGHQに占領されていた時期だったという理由で、国家権力への制限の多い日本国憲法の条文を気に入らない自民党などの国会議員によって改定されようとしています。

憲法でも憲法を改正すること自体は認められていますから、国民の大多数の中に、ある条文のここをこのように変えたいという意見が明確にあるのなら、憲法改正の発議がなされて国民投票が行われるようになることも間違ってはいないのかもしれませんが、国民の多くは憲法の内容をよく知らず、どの条文のどこをどのように変えたいということを明確に意識していないのではないかと思いますし、国民の間で政治の在り方や憲法の在り方についての議論が大して行われず、国会でもまともな議論がなされていない中で、日本国憲法はGHQに押し付けられた憲法だという嘘の噂を信じている今の自民党の議員さんや自民党の思想に賛同する党の議員さんたちによって、70年前から一字一句変わっていないのはおかしいから変えるべきだ、というような、改正のための改正が行われるということは、間違っているように思えます。

昨日の報道によると、安倍首相は、日米会談が行われても、これからは一部しか公表しないということにしたそうです。海上自衛隊の護衛艦「いずも」が初めて米艦防護の任務に就いたことも、政府は公式発表や国民への説明を行っていませんが、今日には、別の護衛艦の「さざなみ」も米艦防護の任務に就くことになって、広島の呉の港を出港したのだそうです。特定秘密保護法を作った今の自民党が、自衛隊が海外で武力を行使することができるようにした安全保障関連法を強行採決する頃、安倍首相は、安全保障関連法案について、「戦争法案(日本が戦争をできるようにするための法案)」だと言うのは「レッテル貼り」だと反発していましたが、一昨年前の秋に成立して昨年の春に施行された安全保障関連法がやはり「蟻の一穴」だったとするのなら、このままだと、日本国憲法の第9条の「第1項・日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。 第2項・前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。 国の交戦権は、これを認めない。」はさらになし崩し的にされていき、「戦争法案」と呼ばれていたのはその通りだった、というようなことになっていくのかもしれないなと思います。

私は、大日本帝国憲法(明治憲法)の世の中を生きたことはありませんが、国際外交に失敗して敗れた第二次世界大戦で多くの自国民や他国民を死傷させたり苦しめりしたことを反省した当時の日本政府の人たちが真剣に考えて作ったであろう日本国憲法が、GHQに押し付けられた憲法だとは思いませんし(もしもGHQのみの影響があったとすれば、それは古い明治憲法の改正を迫られたというようなところかなと思いますが)、悪い憲法だとも思えません。日本国憲法は日本国の理念なのですし、そのような憲法を、70年経っているからという理由で変えたほうがいいとは思いません。憲法を改正するかしないかについてもちゃんと話し合われていないのに、改正することが前提にされているというのは奇妙なことです。今の日本に合わないところがあるのなら、憲法を改正しなくても、通常の法律を改正したり新しく作ったりすれば良いのではないでしょうか。

自民党に近しい日本維新の会などは、「経済的格差」の家庭の子供たちを救うという、「教育の無償化」のための憲法改正を提案しているそうですが、それもそのような法律を作れば良いことなのではないかと思います。自民党や維新の会は、憲法にしたほうが確実なのだと言いますが、法律だって一度作られたならそう簡単には変えられるものではないのですし、今の自民党などが3分の2の議席数を確保しているとして、そうして現行の憲法を変えるなら、憲法も確実なものではないということになります。日本国憲法は、シンプルなものであるほうが良いと思います。これまでのように「解釈」が有効になる部分が残されていても良いのではないかとも思います。(例えば、第二十四条の「婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し」、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない。」の「両性」が、異性だけではなく同性も指すという風に、解釈によって認められても良いのではないかなと思います。)

それに、「教育の無償化」のための改憲については、仮に憲法で「教育の無償化」を決めたとしても、今の日本国憲法に書かれている内容が70年経った今でもまだ完全には実現されていないように、「教育の無償化」の財源確保のためにあまり裕福ではない貧しい人たちの側からも結局お金を取るということになるのなら、「経済的格差」を埋めるものにはならないのではないかと思います。

数年の内に『日本国憲法』の内容が別のものになるかもしれないということへの不安は、「教育勅語」を教育現場で用いることにしたり、中学校の武道の中に「銃剣道」を含めたり、「テロ等準備罪」という名前の「共謀罪」を作ろうとしているような安倍政権の政治の手法を、戦後軍国主義を排して平和主義を掲げている日本の政府として信用できるかどうかによる、というところもあるのかもしれないとも思いますが、国会を軽んじ、南スーダンでの「戦闘」を隠し、自衛隊による米艦防護を始め、国家権力を強めて国民の義務を増やすための改憲の議論を推し進めようとしている与党は、また「強行採決」的な採決で決めていくのかもしれません。

私は、昔には保守派(右派、右翼)というのは、国旗を掲げて軍歌を大音量で流す謎のカーキ色の車を走らせる人たちというくらいの、あまり良くないイメージしかなかったのですが、その後、天皇皇后両陛下のことを大切に思っている人たちなのかもしれないと思うようになり、それなら怖そうに見えても実は良い人たちなのかもしれないと、保守勢力への少し怖いイメージはなくなりました。そうして数年前までは、保守派というのはそような人たちのことだと思っていたのですが、昭和天皇が良いものと認めて今上天皇陛下も大切に思っている現行の日本国憲法を、GHQに押し付けられただけの残念な憲法だと今の保守派の人たちが思っているとするのなら、そのような今の保守派については、私の保守派に対する漠然としたイメージが間違っていたか、保守派のように見える人たちが本当は保守派ではないか、なのかなと思います。

それに、これは日本国憲法のこととは関係なく、素朴な疑問なのですが、保守派の人たちが保守派の意見に対抗する意見を持つ革新派(左派、左翼)を「反日」と蔑むのは、一体どうしてなのでしょうか。安倍首相の意見に反対している人たちのことを「反日」(反日本?)と呼ぶのは、どうしてなのでしょうか。例えば、天皇陛下のお気持ちに反対する人たちをそう呼ぶのならまだ分からなくもないですが、意見が多少異なっても日本を良くしようと考えている同じ日本人を「反日」と敵対するように呼ぶのは、何か不思議なことだなと思います。

あと、政府に反対意見を訴えるデモを行う方たちが、「日の丸」を掲げていないということも、いつも少し気になります。私はデモのような政治的な集団行動に参加をしたことがなく(集団行動自体が苦手ということもあります)、報道などで見ることがあるくらいなのですが、幕末の明治維新の頃のように(仮に偽物であっても)「錦の御旗」を先に大々的に掲げたほうの部隊が「官軍」になるというような心理が現代でも続いているのだとするなら、首相官邸の前や国会議事堂の前や辺野古の海の前でデモ活動を行う方たちも、日の丸を掲げたほうが絶対に良いと思います。白地の中央に赤い丸の「日の丸」の旗は、単純に、シンプルできれいです。国旗の「日の丸」や国歌の「君が代」を国が国民に強制するようになることは嫌なことだと思いますが、国旗になっている日の丸の旗(戦国武将の武田信玄の旗にもありました)は基本的にはみんなのものなのだろうと思いますし、保守勢力?や政府(今は安倍政権)寄りの方たちのもののようにしておくのは、もったいないことであるように思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム