「おげんさんといっしょ」の後の「オネエ問題」のこと

昨夜のNHKでは、「おげんさんといっしょ」という、「おかあさんといっしょ」のようなタイトルの音楽トーク番組が生放送されていて、星野源さんの扮する「おげんさん」(サザエさんみたいでした)が「SUN」や「老夫婦」や、細野晴臣さんとの「絹街道」や「恋」の弾き語りが楽しかったです。おげんさんの家のねずみ(声は宮野真守さんでした)もかわいかったですし、長女の藤井隆さんの長い髪を振り乱すダンスがとても面白かったです。

その「おげんさんといっしょ」を見た後の深夜12時から、Eテレでは、「バリバラ」(バリアフリー・バラエティー)という30分番組が再放送されていました。「検証!“オネエ”問題」というテーマで、「オネエ」という括りは雑すぎるのではないか、バラエティー番組で人気があるのは「LGBT」(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)の中でなぜ「オネエ」の人ばかりなのかというようなことが話し合われていました。

細かいことはよく分かりませんが、確かにバラエティ番組では「オネエ」の方が多く出演しているように思います。「オネエ」は、女性の心を持ったオネエ言葉(誇張された女性的な言葉)を話す男性のことを指し、ゲイの方や女装家の方などざっくりとまとめたような呼び方として使われていますが、「おネエ★MANS!」という昔のバラエティ番組から広まった言葉なのだそうです。そうだとすると、「オネエ」というか、結局「男性」が多いということなのかなと思います。異性装をする場合にも、男性の女装は面白く見えることがあっても、女性の男装が面白く見えることは少ないような気がします(宝塚歌劇団の方の男装にしても、「かっこいい」ではあっても、「面白い」ではないような気がします。友近さんの西尾一男や森三中の大島さんのおじさんのコントは面白いですが)。

異性愛が普通で、同性愛は珍しいもののように扱われることがまだ多いようですが、私には、異性愛も同性愛も両性愛も、ある性別の人間に対する恋愛感情や性的指向があるというような点で、大体同じようなものに思えます。いつか美輪明宏さんが、同性愛は人間を愛するということなのだからすばらしいことだと話しているのを聞いたことがあります。そうなのかもしれない、とも思います。ただ、それとは別に、このような「性的マイノリティー」と呼ばれる方たちの話の時に、「無性愛(Aセクシュアル)」とか、「非性愛(ノンセクシュアル)」とか、「性嫌悪」などのことが、ほとんど扱われていないように思えることも、少し気になります。

「少子化」を心配するような社会では、新しい子供(人間)が社会の中に自然に生まれないことにつながるような性質のことは取り扱わないということなのかなとも思うのですが、あるいは、異性愛者よりも少ないと考えられている同性愛者よりも、無性愛者のような方や非性愛者のような方のほうがさらに少ないということなのでしょうか。

数年前にテレビ東京で放送されていた「IS(アイエス)~男でも女でもない性~」というドラマ(脚本は寺田敏夫さんで、福田沙紀さんと剛力彩芽さんがISの方を演じていました)も良いドラマでしたが、その後、地上波のテレビ番組で、IS(男性でも女性でもない)の方の特集がなされたのかは分かりません。

番組の画面の下の「ツイッター」には、「LGBT」の方は実は周囲にたくさんいるというような意見もありましたが、私の周囲に本当にいるのかどうか、いたのかどうか、私にはよく分かりません。「カミングアウト」をする人もいませんし、そうしてほしいともあまり思いません。私にも「偏見」があるのかもしれないとは思いますが、私は、テレビで見たりラジオで聴いたりするくらいなら大丈夫なのですが、誰が誰を好きかというような会話や性的な会話のなされる空間にいるのが、疲れてしまうというか、少し苦手なのです。

日本にはまだ男尊女卑的な思想が残っていて、政治家の中には女性を「子供を生む機械」だと思っている人もいて、平気で(あるいは面白いと思い込んで?)頻繁にセクハラ的な発言をする人がいて、何というか、残念であるということと同じくらい、単純に、面倒くさいなと思います。

性別というものがあることの良さというようなものも、もしかしたらあるのかもしれませんが、一般に考えられている「普通」や「常識」は、社会的な存在の人たちによってあらゆる場所で繰り返し刷り込まれているものに過ぎないのかもしれませんし、『日本国憲法』で定められているはずの「男女平等」が70年経った今でも社会の中ではまだちゃんと実現されていないのですし(同じ仕事をしていてもなぜか男性と女性でお給料に差があるというような会社はまだ多いそうです)、そのような世の中で性差別の風潮が終わらないのなら、性犯罪者がいなくならないのなら、例えば(飛躍的かもしれませんが)、いつか人間が進化をして、両性具有(雌雄同体)の生物や単体で繁殖する単為生殖の生物に変わるなどすればいいのではないかなという風にも、何となく思えてしまいます。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム