「釣りバカ日誌 Season2 ~新米社員 浜崎伝助~」第3話

テレビ東京の「金曜8時のドラマ」の「釣りバカ日誌 Season2 ~新米社員 浜崎伝助~」の第3話を見ました。

第3話は、一人でイシダイを釣りに出かけた磯の崖から足を滑らせて転落し頭を打ってしまった鈴木建設の営業三課の浜崎伝助(通称・ハマちゃん、濱田岳さん)が頭の打ちどころが悪かったために“釣りバカ”を喪失して規律正しい仕事熱心な優良社員に変わってしまい、出世したい佐々木課長(吹越満さん)が喜ぶ中、寂しくなった社長の鈴木一之助(通称・スーさん、西田敏行さん)や小林みち子(広瀬アリスさん)が、何とかハマちゃんを元の釣り好きのハマちゃんに戻そうとするという話でした。

脚本は石川勝己さん、監督は児玉宜久さんでした。

頭を打って別人のようになったハマちゃんの味覚もおかしくなって、みち子さんの鰆料理よりも定食屋「かづさ屋」の主人の小林平太(きたろうさん)の豚の生姜焼きのほうをおいしく感じるようになるというところも面白かったですし、ハマちゃんに釣り好きを思い出してほしくて「釣りのお土産」を買ってきたスーさんの「フィッシング・スーベニール」の言い方も面白かったです。ドラマを見ていて、仕事人間の真面目な社員になったハマちゃんは、笑わずにいるのが大変だったのではないかなとも思いました。

後半は、鈴木建設の釣り大会でした。スーさんは、社内のイベントの企画に、頭を打つ前のハマちゃんが企画した釣り大会を採用し、初めて?自分も参加しました。

佐々木課長の他、釣り大会に参加した岡本専務(名高達男さん)や秋山営業本部担当常務(伊武雅刀さん)や野上常務(小野了さん)や植木秘書課長(猪野学さん)も、社長と同じ1号船に乗って釣りを始めていました。サポート役として1号船に乗っていたハマちゃんは、社長に言われて仕方なさそうに釣りに参加したのですが、偶然ハマちゃんの竿に勢いのあるイシダイがかかりました。格闘する海中のイシダイと目が合ったハマちゃんは覚醒し、元の釣りバカの浜ちゃんに戻ったのでした。

息子の変化に戸惑う母親の浜崎とし子(榊原郁恵さん)が、ハマちゃんからの贈り物を送り付け詐欺だと思っていたところも面白かったのですが、予告によると、次回には兄(前野朋哉さん)が登場するようでした。ハマちゃんに兄がいたとは知りませんでした。次回も楽しみにしていようと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム