「おんな城主 直虎」第18回

NHKの大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第18回を見ました。

第18回は、井伊家の家老で目付の小野但馬守政次(高橋一生さん)にかけられた今川への謀反の疑いという窮地を、商人の瀬戸方久(ムロツヨシさん)の「種子島」を井伊家の命で今川氏真(尾上松也さん)に売るという咄嗟の知恵によって救われた井伊直虎(柴咲コウさん)が、駿府のお菓子を持って挨拶に来たなつ(山口紗弥加さん)から政次の優しい側面があることを教えられ、また、政次のような知恵を得ようと龍潭寺の南渓和尚(小林薫さん)に借りた孫子の兵法の書物などを読んで、敵を欺くにはまず味方からという考え方があることを知り、もしかしたらずっと政次に欺かれていたのではないか、政次は井伊を乗っ取ろうとしているのではなく井伊を守ろうとしているのではないかということに気付いていく、という話でした。

作(脚本)は森下佳子さん、演出は藤並英樹さんでした。

直虎は、井伊のために政次を上手く使う代わりに、政次にも自分を上手く使ってほしいと話していました。森の井戸の前で井伊直親(三浦春馬さん)の霊に相談をする政次と、政次に話をしに行った直虎との場面も良かったですし、「仲良しごっこ」にならないように努めていた政次の、優しさと政治的巧妙さの間で揺れる感じも良かったです。

難しい読書に苦戦していた直虎は、家臣の中野直之(矢本悠馬さん)から、気になった言葉を拾うだけでもいいのではないかというようなことを言われていました。これまでよりも素直に政次に助言を求めた直虎は、最後、「百戦百勝は善の善なる者に非ざるなり。戦わずして人の兵を屈するは、善の善なる者なり。」という名言を紙に書き写し、戦わずして勝つ政治を行うことを決意していました。直之は、戦わずに勝つことができるかどうかはやってみなければ分からない、自分はその作戦が失敗した時のために備えておきますと楽しそうに直虎に答えていました。

瀬戸村では育てていた綿花の収穫が行われていたのですが、一方で、直虎は、政次から、武田家の嫡男の義信が謀反の罪で武田信玄に幽閉されたということを知らされていました。

政次の「裏切り」の裏に気付いた深夜に猫と眠っていた南渓和尚を叩き起こしたり、義信の幽閉の話に親が子を幽閉するのかと驚いてそこじゃないと政次に指摘されたりというような、直虎の普通の?感覚が面白い感じでもありました。

今回の大河ドラマが少しファンタジー的に見えるのは、語りの中村梅雀さんの「つづく」に絵本風というか、昔話風というか、そのような雰囲気があるからなのかなとも思います。

商人の瀬戸方久さんのことも、歴史に疎い私には、実在の人物なのかよく分からないように思えていたのですが、「直虎紀行」(徳永圭一アナウンサーの語りの軽さも何だか面白いですが)では、瀬戸村と、瀬戸方久と、瀬戸方久が後に名乗ったという豪族の松井氏が守った二俣城のことを伝えていました。どうして豪族の名前を名乗るようになったのかは分かりませんが、ムロツヨシさんの演じている方久さんだと思うと、名乗りそうであるようにも思えました。

次回の物語も楽しみにしていようと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム