「小さな巨人」第4話

TBSの「日曜劇場」のドラマ「小さな巨人」の第4話を見ました。

第4話は、現捜査一課長の小野田義信(香川照之さん)の内通者の疑惑を暴くために大手IT企業・ゴーンバンク社の社長の中田和正(桂文枝さん)が息子の隆一(加藤晴彦さん)の殺人を隠蔽しているとの情報を新聞社に流すという賭けに出た警視庁芝警察署の刑事の香坂真一郎(長谷川博己さん)と本庁の刑事の山田春彦(岡田将生さん)が、風見京子(富永沙織さん)がナカタエレクトロニクスのビルの屋上から転落死した事件当夜の社長の中田隆一のアリバイを証言した山本アリサ(佐々木希さん)の動揺を誘い、隆一に軟禁状態にされている山本アリサに警察への自首を勧める、という話でした。

脚本は丑尾健太郎さんと成瀬活雄さん、脚本協力は八津弘幸さん、演出は池田克彦さんでした。

証人の山本アリサさんが放置されておらず、ちゃんと香坂さんたち芝署の警察官たちに身柄の安全を確保されていたことにはほっとしました。

料亭に隠れていた香坂さんが小野田捜査一課長に見つかる場面なども面白かったのですが、今回は、前回よりも、そのような緊張感の続く展開になっていたように思います。そのような中に、妻の美沙(市川実日子さん)が警察官を辞めることになるかもしれないと心配する香坂さんに、警察を辞めても靴は必要だからと買ったばかりの新しい靴を玄関先に並べていたような香坂家の穏やかな場面が挟まれていたところも良かったです。

捜査二課が調べている小野田さんの妻の口座にインサイダー取引の痕跡は見当たらないと知った香坂さんが、小野田さんが指揮を執る捜査本部で山本アリサの翌朝の自首のことを話した後、ある人物が山本アリサの隠し場所へ向かったのですが、そこには香坂さんと山田さんが待っていました。山本アリサが隠されていた中田隆一の別荘にやって来たのは、前捜査一課長で芝警察署の署長の三笠洋平(春風亭昇太さん)でした。

香坂さんは、自分が芝署へ行くきっかけとなった料亭での宴会の席には小野田捜査一課長の他に三笠署長がいたことに気付き、自分たちの動きを捜査本部に流していた人物として、香坂さんにとっては出世の恩人でもある三笠署長の可能性を考えていました。香坂さんと山田さんに内通者であることを暴かれた三笠署長は、しかし、罪に関する100パーセントの証拠がないのなら自分は「ゼロ」だと言い張り、二人を脅して逃げました。

翌朝、自首をして芝署内に匿われていた山本アリサさんは、本庁の刑事たちに連れて行かれました。一方、小野田さんは、警視庁捜査二課の刑事の松岡航平(高橋光臣さん)と何かの情報交換をしている警視庁警務部監察官の柳沢肇(手塚とおるさん)に呼び出されていました。

芝署は東京タワーのすぐ隣?にあるようで、至近距離での東京タワーのオレンジ色の風景がいつも華やかで力強い雰囲気なのですが、予告によると、次回は「芝署編」の完結編なのだそうです。このドラマが「何編」という風に「前編・後編」に分けられているドラマだとは知りませんでした。

敵は味方のフリをする、というキャッチコピーは今回にも活かされていましたが、今のところ、香坂さんは、瞬きをほとんどしない小野田捜査一課長に刑事として鍛えられているのかなという印象でもあります。今回には、渡部久志(安田顕さん)など所轄の芝署の刑事たちの活躍の場面はあまり多くありませんでした。前回の中で香坂さんたちに追及されていた杉本学副署長(池田鉄洋さん)は、今回にはいませんでしたが、代わりの新しい副署長もまだ来ていないようでした。

現実の所轄の謎の事件としては、例えば、先日には、愛媛県今治市の親子殺傷事件について今治署が任意同行した参考人の女性が遺書を残して自殺をするという事件がありました。もしも被疑者と思われていた女性が冤罪なのだとしたら、そのこと自体もですが、警察が真犯人を逃している可能性があるということも、怖いことだなと思います。警察だけではなく、国会でも、役所でも、会社でも、学校でも、家庭でもそうなのかもしれないですが、外側からは内側で起きている悪いところはなかなか見えないので、その組織や団体の中に不正や暴力などを行う悪い人がいることを知っている人は、“内部告発”を頑張ってほしいような気がします。

「芝署編」の完結編という次回の「小さな巨人」の物語も、楽しみにしていようと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム