「犯罪症候群 SEASON1」第5話

フジテレビの「オトナの土ドラ」のドラマ「犯罪症候群 SEASON1」の第5話を見ました。録画をしておいたものです。

警視庁人事二課の環敬吾(渡部篤郎さん)の依頼で失踪した小沼豊(上杉柊平さん)を捜し、小沼の戸籍を買っていた住吉計志(大内田悠平さん)を殺されてしまった元刑事で探偵の武藤隆(玉山鉄二さん)は、戸籍売買の仲介をしているという不動産会社の社員の馬橋を訪ね、住吉さんがすでに殺されたことを教えて、小沼の居場所を言うように頼みました。小沼を捜す犯人に脅されていた馬橋さんは、小沼が今は坂本俊介という名前に変えていることを武藤さんに話し、外で環さんに連絡をする武藤さんを待っていたのですが、その時、現れた車から降りてきた人々に拉致されてしまいました。馬橋さんを連れ去ったのは環さんの部下たちでした。

その頃、武藤さんの先輩刑事で殺された妹の婚約者だった鏑木護(谷原章介さん)も、小沼や戸籍売買を行う馬橋のことを調べていました。住吉さんの友人に会い、武藤さんが調べていたことを知った鏑木さんは、その裏に環さんがいることを察しました。

一方、父親が刑事を辞めたことで荒れてついに家出をしてしまった武藤さんの娘の真梨子(桜田ひよりさん)は、繁華街のライブハウスに通い、応援している「ZECK」というバンドのヴォーカルに「おにぎり」を食べないかと誘われ、その人について行きました。その後、友人たちとカフェにいた時、真梨子さんのことを心配する友人が出た母親の雅恵(鶴田真由さん)からの電話で、父親は家族には言えなかったが密かに警察の仕事を手伝っているのだということを教えられ、非行に走った自分のことを後悔していました。

坂本俊介に成り済ました小沼の住んでいるマンションにたどり着いた武藤さんは、帰宅した小沼が自分に気付いて逃走したことに気付き、小沼を追いかけました。近隣の地理を把握していた武藤さんは小沼を追い詰め、小沼の戸籍を買った住吉さんが、自分の人生から逃げるのをやめて、殺されたことを話しました。小沼は、薄く笑い、荷物を捨てて逃走し、タクシーを拾おうとしたのですが、武藤さんにタクシーから引きずり出され、その直後、環さんの率いる刑事たちが小沼を取り押さえて逮捕しました。

環さんは、小沼を捜して住吉さんを殺した犯人は未成年だと武藤さんに言い、犯人の未成年たちは、小沼がインドから持ち帰った技術で「おにぎり」と呼ばれる大麻を作っていたが、小沼がグループを脱したため小沼を裏切り者として追っていたということを話しました。

それから少しして、武藤さんは、妻からの連絡を受けて病院へ駆けつけました。友人と一緒にいた家出中の娘が睡眠薬などの多量摂取で病院へ緊急搬送されていたのでした。付き添っていた少女は真梨子さんの両親に自分のせいだと謝罪し、通っているライブハウスの「ZECK」が「おにぎり」という大麻を作っているのだと打ち明けました。

ライブハウスでは、「ZECK」のメンバーが逮捕されていました。住吉さんを殺した者がいるという連絡を受けて、鏑木さんたちが逮捕したようでした。住吉さんを殺し、娘に大麻を使わせた派手な刺青の男を殴ろうとする武藤さんを、鏑木さんが制止しました。鏑木さんは、武藤さんに、環さんは警察庁から出向してきている人物で、警察を退職した人たちを使って法律を無視した捜査を行っていると話し、環から離れろ、このままでは家族ごと壊されることになると忠告しました。

しかし、武藤さんは、環さんのところへ向かいました。環さんに案内された場所は、環さんの捜査のための部屋でした。壁には武藤さんの妻や娘の行動を見張るように撮影した写真がたくさん貼られていて、それを見た武藤さんは怒りながら写真を剥がしました。それから、武藤さんは、環さんが監視カメラで確認していた、ライブハウスでバンドメンバーに「おにぎり」のことで誘われた真梨子さんがついて行く様子の映像を見せられ、環さんが娘の居場所を知っていながらおとりとして利用していたということを知り、怒りに震えながら環さんの首を絞めようとしました。殺されかけながら、環さんは、私の代わりなどいくらでもいると言い、殺すのを思い止まる武藤さんに、あなたの心の中にいる「獣」を解放して差し上げたいのだと伝えました。環さんに捜査協力の継続を求められた武藤さんは、俺はあなたとは違う、人間だと答えて、環さんの元を去りました。

脚本は篠崎絵里子さん(崎の文字は可の上が立のものです)、監督は都築淳一さんでした。

今回は、前回からの戸籍売買事件の解決編だったのでしょうか。武藤さんと環さんと鏑木さんの3人の話に戻っていたところも良かったように思いますし、捜査の展開のテンポも良く、武藤さんが環さんの正体を知るというところまで話が進んでいたこともあって、面白かったです。

大麻を使ったことを後悔して自殺をしそうになっていたらしい娘の真梨子さんのその後は、今回の中では描かれていないのでよく分かりませんでした。

環さんに連れ去られた馬橋さんのその後も不明です。環さんは、目的の犯人を逮捕するためなら手段を選ばないという警察官のようなのですが、武藤さんの心の中の「獣」を解放することが、事件の捜査の役に立つというのは、どのようなことなのでしょうか。

次回からは、また別の事件になるようでした。次回も見てみようと思います。


ところで、これはドラマとは全く関係のないことなのですが、昨日の報道によると、国会には参考人招致を与党側が断ったという学校法人・森友学園の籠池前理事長が来て議員や役人たちのやり取りを傍聴していたそうなのですが、民進党の長妻昭議員から、『日本国憲法』の改憲の箇所や時期について「自民党の総裁」という立場で日本会議という集団へのビデオメッセージを出したり読売新聞の独占インタビューで答えたりして「内閣総理大臣」として国会で堂々と答弁をしないことや、自民党の改憲草案を取り下げないことについて質問された安倍首相が、読売新聞に相当詳しく描いてあるから熟読していただきたい、と答えていたことに驚きました。本当に現行憲法を、国会を、国民を軽視している首相なのだなと思いました。ご存命の歴代の首相は、「首相」と「総裁」と「私人」を使い分けることが認められている?今の日本の首相を恥だとは思わないのでしょうか。「第9条に第3項を加える」という手段で自衛隊を「合憲化」するというアイデア?について、安倍首相は、憲法学者の多くが自衛隊を違憲だと言っているからだとしているようなのですが、その形では今よりももっと自衛隊が謎の矛盾した存在にされてしまいそうに思えますし、安全保障関連法の集団的自衛権のほうがもっと多くの憲法学者の方たちから違憲だと言われていました。

読売新聞は以前から改憲を主張していて(独自に草案も作っているそうです)、自民党やその総裁の安倍首相のことも称賛していて、一部では自民党政権の「官報」だとも言われていますが、昨日の安倍首相の読売新聞を熟読してという答弁を聞いて、本当にそうだったのだなと思いました。読売新聞以外の新聞社の記者の方たちは、昨日の安倍首相の答弁をどのような気持ちで聞いたのでしょうか。読売新聞社の方は、あのような形で「内閣総理大臣」に国会で宣伝をされて、嬉しく思っていたのでしょうか。議事録を残さないために国会で堂々と答弁をしない、ということがもしも本当だとするのなら、それは国会議員として卑怯なことというか、何も議論をしていないのと同じことなのではないかなとも思います。

風の強さと乾燥のために東北地方に相次いでいるという山火事も、早く収まるといいなと思います。この時期の山火事には人の行動が原因となっているものも多いそうです。山火事が起きるということ自体は珍しいことではないのかもしれませんが、何となく、不穏な感じがします。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム