「母になる」第5話

日本テレビの水曜ドラマ「母になる」の第5話を見ました。

第5話は、「お母さん」の山乃結衣(沢尻エリカさん)に馴染むことができずに柏崎家を出て、児童養護施設の先輩の田中今偉(なうい、望月歩さん)の最近会いに来なくなった母親捜しに協力することになった中学1年生の広(道枝駿佑さん)が、生みの母親とはかけがえのない大切な存在なのだということを身をもって示した優しいナウ先輩に感化されて、「お母さん」の大切さや実の両親が帰りを待っている自分の幸福さに気付き、自ら柏崎家に戻る決意をする、という話でした。

脚本は水橋文美江さん、演出は丸谷俊平さんでした。

望月歩さんの演じるナウ先輩がとても良かったです。

子供を受け入れることができない母親を憎むことができないナウ先輩は、最近会いに来なくなった上に連絡先まで分からなくなった自分を捨てた母親を、広に生みの母の大切さを教えるためとしながら、自分自身が母親に会いたいために母親を捜し出し、拒絶されることを知りながら、もしかしたら温かく受け入れられるかもしれないと期待して、通りかかった母親に声をかけて母親の好きなモンブランのケーキと花束を渡そうとしたのですが、予想以上の強さで生みの母親に拒絶され、その出来事にショックを受けながらも、その自分の姿をそのまま、実の母親の結衣さんに反発する広に見せて、結婚をするなどしてこれから先に自分の意志で家族を作ることはできるかもしれないけれど生みの母親を作ることはできない、どのような母親でも生みの母親はかけがえのない大切な存在なのだ、ということを広に訴え、理解してもらおうとしていました。

あまりにも“良い子”だったので、現実にこのような子はいるのだろうかとも思えるのですが、そのナウ先輩の優しさや健気さがすごかったです。

今回の最後には、児童福祉司の木野愁平(中島裕翔さん)とナウ先輩に付き添われて柏崎家に戻ってきた広から花束を贈られ、母親として認められたことを喜ぶ結衣さんの前に、広の育ての母親の門倉麻子(小池栄子さん)が柏崎オートの新しい従業員として現れていました。そして、麻子さんの姿を見て何しに来たのと激怒する結衣さんの前に、偶然知り合った麻子さんが広の育ての母とは知らずに柏崎里恵(風吹ジュンさん)に紹介した後その正体を知った事務員の緒野琴音(高橋メアリージュンさん)が駆け付け、麻子さんのことを「人殺し」だと教えていました。

柏崎家に託した広のことを心配していた麻子さんは、里恵さんから孫の写真を見せられて、里恵さんが広のいる柏崎家の人なのだと確信した直後、吐きそうなほどに衝撃を受けていたのですが、それから少しして里恵さんに、私を柏崎オートで雇ってくださいと頼んでいたのでした。

一方で、実の両親と暮らすことを少し楽しく思い始めていた広は、学校からの帰り道、記者らしき男性に声をかけられ、門倉麻子さんについて教えてほしいと言われていました。第5話では、広はまだ「ママ」の麻子さんが柏崎オートに来ていることを知りません。

ナウ先輩が良かったように思えた今回なのですが、ドラマの中でナウ先輩が、母親のことを「自分を生んでくれた母親」という風に感謝形?で表現していたところは、少し気になりました。ドラマに限らず、「自分を生んでくれた」というような言い方で10歳代以下の子供が母親に感謝をするような場面はメディアでよく見かける場面でもあるように思います。

子供自身が本当にそのように思っているのなら、それは自由というか、確かに良いことだとも思うのですが、「自分を『生んでくれた』」というような言葉をどこかで聴く度に、そう思わなければいけないのだろうか、子供は親に「生んでくれてありがとう」と感謝をしなくてはいけないのだろうか、それは何か「大人」の人たちの希望的な観点によって作られたものなのではないだろうかと思ってしまうこともあります。それとも、実際にこの世界に生まれた子供たちの多くが本当に、母親のことを「自分を『生んでくれた』」存在だと自発的に思って感謝しているのでしょうか。あるいは、それは「子供」の人の自己肯定感や社会適応感の度合いにもよるのかもしれません。「○○してくれた」という何かの恩恵を受容しているような受け身の言い方が悪いということでは決してないのですが、ただ、「自分を『生んだ』母親」の形でも十分なのではないだろうかと思うのです。上手く伝えることができないのですが、少し違和感があるのです。


ところで、このドラマが放送された日は5月10日で、その日は、熊本県熊本市の慈恵病院が、日本で初めて、何か事情のある親が匿名でも新生児を託すことのできる「こうのとりのゆりかご」(通称・赤ちゃんポスト)を設置してから10年の日ということでした。

現在「母になる」が放送されている日本テレビの「水曜ドラマ」では、2014年の頃、「明日、ママがいない」という芦田愛菜さん主演の「赤ちゃんポスト」の要素を織り交ぜて描いた連続ドラマが放送されていました。私は好きで見ていたのですが、「明日、ママがいない」は、慈恵病院から配慮が足りないなどとのクレームが来たという理由で、第2話以降(特に第3話から)ドラマの合間のCMが全て「ACジャパン」の公共広告に切り替わるという、異様な放送のドラマとなっていました。

一昨日の「母になる」第5話の後のTBSの「NEWS23」では、「こうのとりのゆりかご」に預けられたという10代の少年が匿名で出演していたのですが、これから「赤ちゃんポスト」に子供を預ける母親に伝えたいメッセージとして、写真一枚でも置いていってほしい、母親から愛されていたと分かるものがあることが子供の生きる支えになるからという趣旨のことを話していたのが印象的でした。「赤ちゃんポスト」にではなくても、何かの複雑な事情で親が子供をどこかに託すことになった際には、その少年の方の話していたように、子供への愛情を示す何かを子供のために残してほしいように思いました。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム