「釣りバカ日誌 Season2 ~新米社員 浜崎伝助~」第4話

テレビ東京の「金曜8時のドラマ」の「釣りバカ日誌 Season2 ~新米社員 浜崎伝助~」の第4話を見ました。

第4話は、ある日、母親のとし子(榊原郁恵さん)から兄の純友(前野朋哉さん)がSNSで知り合った一度も会ったことのない東京の女性と結婚すると言い出したが騙されているに違いないから一緒に会って見極めてほしいと頼まれた浜崎伝助(通称・ハマちゃん、濱田岳さん)が、鈴木建設の社員だという嘘をついてまで、兄に高層マンションの部屋の購入を勧めたり、親に会わせようとしなかったり、佐々木課長(吹越満さん)にホテルのロビーで男性に保険の申込書を書かせたところを見られたリしていた、美人だけれど怪しいところもある伊東美和(マイコさん)と結婚しようとしている兄を心配する話でした。

脚本は山岡潤平さん、監督は児玉宜久さんでした。

ハマちゃんを演じる濱田岳さんと兄の純友さんを演じる前野朋哉さんは「au」の三太郎のCMの金太郎と一寸法師でもあるということで、打ち出の小づちのことなどが会話の中にも盛り込まれていて、そのようなところも少し楽しく思えました。

今回は、兄も「釣りバカ」だったというところ意外には社長の鈴木一之助(通称・スーさん、西田敏行さん)との釣りの場面も少なく、全体的にも少しシリアスというか、シリアスというほどではないのかもしれませんが、兄の純友さんも少し変わっている人だったので、兄が結婚詐欺に遭っているのではないかと心配するハマちゃんがまじめでまともな弟に見えました。定食屋「かづさ屋」の主人の小林平太(きたろうさん)が言っていたように、ハマちゃんは意外と繊細な人なのかもしれません。

最後のほうの、純友さんが美和さんを守ろうとしてチンピラ風の男に刺されるという辺りからのフラッシュモブ?の件は、(ドラマの中の)現実なのか誰かの夢なのかよく分からないような、少し謎というか、ドラマを見ている私が少し置いて行かれるような感じでもありました。兄の純友さんにはSNSで出会った美和さんとあのまま結婚する展開になってほしかったようにも思えました。

でも、みち子(広瀬アリスさん)に会いに「かづさ屋」に来た近眼で動きの派手な大学准教授の藤岡祐一郎(浦井健治さん)がみち子さんに気のないふりをするのを頑張りながら真剣に朗読劇のチケットを渡していた場面も面白かったですし、今回は、2週間前に離婚したばかりなのに女性に騙されて5千万円のマンションを買うという被害に遭ったことを嘆く植木秘書課長(猪野学さん)も面白かったです。安定した面白さです。次回の物語も楽しみにしていようと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム