「4号警備」第6回

NHKの土曜ドラマ「4号警備」の第6回を見ました。

第6回は、前回の仲たがいを引きずっていた民間の警備会社ガードキーパーズの警備員の朝比奈準人(窪田正孝さん)と石丸賢吾(北村一輝さん)が、交際相手を死に追いやった小林三喜男(賀来賢人さん)の出所や娘の楓(久保田紗友さん)に会えなくなるかもしれないという現実と向き合う日々の中で、どうして4号警備は二人で組むのかという警備部長の池山幸雄(片岡鶴太郎さん)から出された問いの答えを探し、池山警備部長が依頼を受けた、来日した外国人労働者の人身売買を告発しようとする渋谷弁護士(塚本晋也さん)の身辺警護を引き受ける決意をする、という話でした。

作(脚本)は宇田学さん、演出は宇佐川隆史さんでした。

4号警備とは、仕事とは、何のためにするものなのかということもテーマになっていたようでした。事務員の金沢茜(濱田マリさん)は、お客さんは喜んでくれていると池山警備部長に話していて、4号警備を不必要と考えている会社との業務提携を迷っている社長の本田薫(木村多江さん)は、仕事とは誰かをハッピーにするものだと朝比奈さんに明るく話していました。

総合格闘技のジムのオーナーの江本六郎(麿赤兒さん)と清掃員の山田剛志(神戸浩さん)は、小林三喜男への復讐に駆られている朝比奈さんの様子を心配していたのですが、小林三喜男を殺して自分も死のうかと本気で考えるほど苦しんで少し自暴自棄になりかけている朝比奈さんと、上野由宇(阿部純子さん)に自分は「バレットキャッチャー(銃弾を自分の身体で引き受けて盾になる人)」にはなれないと話し、4号警備の命懸けの仕事に弱気になっていた石丸さんが、お互いの違いと良さを理解していく感じも、良かったです。

意思確認のため、石丸さんの後に本田社長に呼び出された朝比奈さんが、マフィアの銃弾に狙われている渋谷弁護士の身辺警護を引き受ける条件として、石丸さんと組ませてくださいと頼んだことに、石丸さんも同じことを言っていたと本田社長が笑い出していたのも、ほっとする場面でした。朝比奈さんと石丸さんのコンビが元に戻って良かったです。本田社長は、必ず無事に戻るようにと朝比奈さんを激励していました。

一方、路上にいた小林三喜男は、通りかかった石丸さんの娘の楓を次のターゲットに定めていました。

全7回のドラマなので、次回が最終回です。どのような展開になるのか、最終回の「4号警備」も楽しみにしたいと思います。


ところで、このドラマを見た後、私は「NHKスペシャル」の「巨大水中洞窟を潜る 絶景オルダ“水の宇宙”」を見たのですが、「世界で最も美しい」と言われているというロシアのウラル山脈の麓の広い雪原の地下にある全長約4.8㎞のオルダという巨大な水中洞窟の映像は、青くて透明で、とてもきれいでした。私の家のテレビは残念ながら4Kや8Kではないのですが、それでもとてもきれいに見えました。40メートルと100メートルという広い洞窟の中では、ダイバーのカメラマンさんたちが空中に浮かんでいるように見えました。真っ白の壁は全て石膏でできていて崩れやすく、赤茶色の木目のような壁は石膏の結晶と海水の塩とで交互に作られた岩塩だということでした。酸素ボンベの空気が水中洞窟の天井に溜まるのは洞窟のためにはあまり良くないと聞いたことがあるのですが、どのくらいの量ならば大丈夫なのでしょうか。メキシコのユカタン半島のセノーテなど、美しい水をたたえた水中洞窟や泉や川や海は、地球上に他にもたくさんあるのかもしれませんが、人に知られても一切知られなくても、これからもその自然の美しさが確実に守られていくといいなと思いました。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム