「女囚セブン」第4話

テレビ朝日の「金曜ナイトドラマ」の「女囚セブン」の第4話を見ました。

第4話は、亡くなる直前の母親と芸姑仲間の雪乃(寺川里奈さん)が同じ「ルパン」という言葉を呟いていたことと、雪乃さんが自分が殺されたら黒革の手帳の一番上に名前の書いてある人物が犯人だと言ったことを思い出し、週刊誌や本などを持って面会に訪れた置屋の女将の一条涼(梶芽衣子さん)から黒革の手帳のことを訊きに来た雑誌記者は実在しなかったということを教えられた神渡琴音(剛力彩芽さん)が、花園刑務所内がインフルエンザの集団感染でパニックになっている間、刑務官の百目鬼幸子(宍戸美和公さん)の指示を受けた、不倫相手だった婚約者の院長が面会に来ないことに焦る全身整形の美容整形看護師の矢島千鶴香(橋本マナミさん)と対決する話でした。

インフルエンザに罹ったふりをして、頭を朦朧とさせて自白をさせるという薬を注射しようとした千鶴香さんを抑え込んだ琴音さんは、最近は「ゲス不倫」と呼ばれて騒がれる不倫は太古の昔からある文化だ、不倫はゲスだと騒ぐ人たちにあるのは妬みや僻みや嫉みなどの嫉妬の感情だと言い、不倫相手の院長に頼まれて顔の手術を受けに来たその妻を医療ミスに見せかけて殺害した千鶴香さんに、あなたはクズ医者でゲス医者の院長に騙されていたことに薄々気付いていたのではないか、罪は犯す奴が悪いのではない、犯させる奴が悪いのだと説得しました。

そして、落ち着いた千鶴香さんに注射は誰に渡されたのかと再び訊いた琴音さんは、千鶴香さんが百目鬼だと答えるのを聞くと、拾った注射器を自分の腕に突き刺しました。琴音さんに頼まれた千鶴香さんは、ふらつく琴音さんを百目鬼のもとへ連れて行き、千鶴香さんを部屋に帰した百目鬼は、琴音さんから早く事件のことを聞き出そうとして、黒革の手帳には誰の名前が書かれているのかと口を滑らせました。

そうして琴音さんは、百目鬼やその背後にいる人物が黒革の手帳に書かれている名前を知りたがっているということを知ったのでした。琴音さんには、頭を朦朧とさせる自白用の薬は効いていなかったようでした。千鶴香さんが琴音さんがインフルエンザに罹ったと看守を呼んだため、百目鬼さんの琴音さんへの尋問は中断されました。

千鶴香さんは、刑務所長の恩田健郎(池内万作さん)に、院長に頼まれてその妻を殺したと本当のことを書いた手紙を出しました。院長は殺人教唆の罪で逮捕されることになったようでした。深夜の共同室(雑居房)では、みんなが寝静まった後、起き上がった千鶴香さんが、琴音さんを起こし、薄暗い中で自分と院長の罪のことが書かれた新聞記事を見せて、ありがとうとお礼を言っていました。

脚本は西荻弓絵さん、監督は小松隆志さんでした。

今回は、「ナース」の千鶴香さんが救われる回であり、琴音さんが黒革の手帳の真相に近付いていく話でもありました。

前半のバタバタしている部分は相変わらずなのですが、後半の、「不倫は文化」という俳優の石田純一さんの昔の名言?や「ゲス不倫」という言葉を持ち出して、マスコミや街の人々が他人の「不倫」に騒ぐ現象をただの嫉妬心だろうと一蹴する琴音さんの台詞の長い場面は、また相変わらず面白く思えました。

大半の医者は良い医者なのだろうと思いますが、医者という肩書を持っているだけの「ゲス医者」や「クズ医者」は、時々逮捕されていますし、実際にもいるのだろうなと思います。でも、ごく一般の患者の側としては、「良い医者」と「ゲスでクズの医者」をその場ですぐに見分けるのは難しいように思いますし、何かがあった時に事件として訴えるのもまた難しいように思いますし、「ゲスでクズの医者」に遭遇してしまった場合には一体どうすれば良いのでしょうか。医療ミスなどが疑われる場合には、一応、全国の都道府県に医療事故や医療問題についての相談窓口というものがあるのだそうです。

今回は、実は花園刑務所内のインフルエンザ感染の元だった恩田刑務所長の部下の一本松昇(永野宗典さん)がインフルエンザに罹った同僚刑務官に怯える場面も面白かったです。実際に刑務所内でパンデミックのような集団感染が起きた場合にはどのように治療を行うのかというようなことは、隔離するということ以外はドラマでは描かれていなかったので、よく分かりませんでした。

予告によると、次回は平塚うめ(木野花さん)の話になるようでした。次回の物語もそれなりに楽しみにしていようと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム