「犯罪症候群 SEASON1」第6話

フジテレビの「オトナの土ドラ」のドラマ「犯罪症候群 SEASON1」の第6話を見ました。

警視庁人事二課の環敬吾(渡部篤郎さん)とは会わないことにした元刑事で探偵の武藤隆(玉山鉄二さん)は、妻の雅恵(鶴田真由さん)が付き添っている入院中の娘の真梨子(桜田ひよりさん)に、警察の仕事はまた続けることができなくなったと謝っていました。そして、街でティッシュを配る仕事をするふりをしながら調査対象者を追っていたある日、スーツ姿の男性に連れて行かれそうになった同僚の高梨道典(高橋光臣さん)を助けたことをきっかけに、道典さんと親しくなり、家に招待されました。道典さんは、大企業の御曹司だったのですが、社長である父親の道治(竜雷太さん)の反対を押し切って絵本作家になり、美和(前田亜季さん)と結婚して子供の和樹(大村優怜さん)と3人でささやかに暮らしていました。

小さい和樹さんは、父親の絵本の発売日を楽しみにしていたのですが、母親と二人で部屋にいた時、訪ねてきたピエロの仮面の人物に誘拐されてしまいました。

事務所で仕事をしていた武藤さんを訪ねた二人の刑事は、高梨家の和樹さんが誘拐されたこと、その誘拐犯が身代金の一億円を運ぶ人物として武藤さんを指定していることを武藤さんに話しました。二人の刑事は、元刑事の武藤さんを犯人の仲間なのではないかと疑っていました。

孫が誘拐されたことを知った高梨社長は、一億円を用意し、身代金として渡す条件として、美和さんとの離縁を切り出しました。美和さんは、子供のためなら何でもすると、道典さんの反対を押し切って、条件を承諾しました。

犯人が指定した白いレンタカーを警察が用意し、武藤さんにその鍵を渡しました。刑事は、車にGPSを付けたことを武藤さんに教え、逃げようとしても無駄だと念を押しました。武藤さんは、一億円の入ったトランクを車に積んで、犯人の指定する空港へ向かったのですが、途中、犯人からの連絡で行き先は次々に変わりました。武藤さんは、犯人は警察車両を確認しようとしているのではないかと推理しつつ、犯人の指示に従い、しばらくしてあるレストランへ入りました。

犯人が現れるのを待っていた武藤さんは、店員に連絡してきた犯人の指示で再び車に乗り、雑居ビルへ向かい、ロッカーを開けました。そこには、携帯電話を置いていけ、21時までに埠頭に来なければ人質の命はないというようなことが書かれた手紙がありました。武藤さんは、車に乗って夜の埠頭の倉庫へ急ぎました。トランクを持って降りた武藤さんは、鉄パイプで襲いかかってきたピエロの人物と戦い、トランクを振り回して倒したのですが、背後からもう一人の犯人が現れ、頭部を殴られてしまいました。

武藤さんが目を覚ました時、近くには二人の刑事がいて、犯人には身代金を持って逃げられた後でした。子供の行方は不明でした。

取調室に連れて行かれた武藤さんは、二人の刑事から犯人の仲間なのだろうと尋問されていました。武藤さんが最後に乗っていた白い車は、車種は同じでも、警察が用意したものとは違う別の車にすり替えられていたものでした。武藤さんが最後に乗った車には警察のGPSが付いていなかったため、武藤さんは、誰かからの通報で救助されたのでした。

事件の背景が分からず戸惑う取調室の武藤さんの前に、江戸川男児誘拐事件の捜査本部の会話を廊下で聞いていた環さんが現れました。二人の刑事は、最初は部外者の人事二課の環さんを追い出そうとしたのですが、刑事部長からの連絡で、環さんの希望通り、武藤さんと二人で話をさせることにしました。

武藤さんは、環さんとのつながりを絶とうとしていました。ここにいるよりも犯人を早く捜しに行ったほうがいいのではないかという環さんの言葉にも反発していました。環さんは、あなたの力は借りたくないと武藤さんに追い返されて取調室を出た後、しばらくして、再び取調室の武藤さんに会いに来ました。

そして、確かにここにいても仕方がないと取調室を出ていこうとした武藤さんに、和樹さんの遺体が発見されたと伝えました。武藤さんは絶句し、早く犯人を捜しに行かなかったことを後悔したようでした。

一方、和樹さんが囚われていた倉庫には、お札の燃え残りがあり、その一部を誰かが拾い上げていました。

脚本は谷口純一郎さん、監督は村上正典さんでした。

最後の展開は怖いものでもあったのですが、第6話も良かったです。シビアで重い部分は、例えばTBSで放送されていた「ダブルフェイス」や「MOZU」のように、WOWOWとの共同製作のドラマらしい要素でもあるような気がしました。

人質の子供の命のことは自分の関知するところではありませんと刑事部長に話していた環さんは、自身の調査室の壁に、今度は高梨家の関係者の写真を貼っていました。

武藤さんは、環さんから逃れようとしても逃れることができないようで、それも少し怖いような気がします。犯人がまた「未成年」なのかどうかはまだ分かりませんが、少なくとも今のところは、武藤さんは自分の妹を殺した人物と同じような「未成年」の犯人に復讐をすることはできていません。

武藤さん自身が本当に復讐をしたいのかどうかも分かりませんが、環さんが解放したがっている武藤さんの中の「獣」がどのように現れるのかというところも気になります。次回の物語も楽しみにしていようと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム