「4号警備」最終回

NHKの土曜ドラマ「4号警備」の最終回(第7回)を見ました。

第7回は、来日した外国人労働者の人身売買を告発しようとする渋谷弁護士(塚本晋也さん)の身辺警護を引き受けた民間の警備会社ガードキーパーズの警備員の朝比奈準人(窪田正孝さん)と石丸賢吾(北村一輝さん)が、心配する上野由宇(阿部純子さん)や社長の本田薫(木村多江さん)や警備部長の池山幸雄(片岡鶴太郎さん)に無事に戻って来ることを約束して、犯罪組織のメンバーから取引場所として指定された巨大な坑道へ向かい、現れた3人の男たちから渋谷弁護士が被害者たちのパスポートの束を受け取った直後、その裏切り者たちを暗殺するために現れた殺し屋に襲われる、という話でした。

作(脚本)は宇田学さん、演出は石塚嘉さんでした。

第7回の前半は人身売買の証拠を得ようとする渋谷弁護士の警護の話で、後半は朝比奈さんの交際相手を死に追いやったストーカーの小林三喜男(賀来賢人さん)の話でした。

朝比奈さんと石丸さんが協力して殺し屋と戦い、殺し屋を捕まえて渋谷弁護士を守り切る辺りまでは良かったと思います。ただ、その現場に、池山部長や上野さんだけではなく本田社長も駆け付けたり、小林三喜男まで現れるとは思いませんでした。

小林は、朝比奈さんさえいなければストーカーと呼ばれることはなかったという風に朝比奈さんを恨んでいたようでした。石丸さんの娘の楓(久保田紗友さん)をどこかに監禁して爆発物を仕掛け、携帯電話のボタンを押すことで殺そうとしたのですが、石丸さんに娘を助けてほしいと懇願され、押すのをやめました。上野さんや石丸さんを守ろうとする朝比奈さんの腹部を、拾った拳銃で撃った小林さんは、あなたも苦しんでいるのではないか、自分のことを許してあげてと本田社長に言われて動揺し、そうしている間に池山部長が呼んだ警察が到着し、小林三喜男は再逮捕されました。

楓さんがどのように小林三喜男に捕まり、どのように救助されたのかは描かれていなかったので不明なのですが、その後、石丸さんは、無事だった娘の楓さんと暮らすことを決め、ガードキーパーズが4号警備の訓練をしている時、治療を終えたらしい朝比奈さんが来て、石丸さんと合流していました。二人にとって4号警備とは、と訊かれた朝比奈さんと石丸さんは、依頼人もハッピー、僕らもハッピー、と答えていました。それは本田社長の教えでもありました。

最終回もこれまでと同様に約30分の放送だったのですが、30分ではさすがに足りなかったような気がします。例えば今回は渋谷弁護士の警護、次回は小林三喜男との対決というように、少なくとも、あと1回(1話)はあったほうが良かったように思います。渋谷弁護士の話と小林三喜男の話と後日談を30分の物語にまとめようというのは、詰め込み過ぎのように思います。急にバタバタとした展開となり、散漫な状態で終わってしまったのは、第6回までがとても良かったということもあって、もったいないことだったように思いました。

第5回の辺りから出ていたガードキーパーズの買収の件がどうなったのかということも、最終回では(話題さえ出ていなかったので)分からなかったのですが、それでも、全体的には、「4号警備」は良いドラマでした。「土曜ドラマ」は今作から夜の8時15分からの30分ドラマ枠になったようなのですが、30分という放送時間も見やすかったですし、毎回の内容も充実していたように思いますし、面白かったです。最終回は少し惜しいような感じもしてしまったのですが、それでも最後まで楽しく見ることができて良かったです。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム