「犯罪症候群 SEASON1」第7話

フジテレビの「オトナの土ドラ」のドラマ「犯罪症候群 SEASON1」の第7話を見ました。

大企業の社長である高梨道治(竜雷太さん)の息子だった絵本作家の高梨道典(高橋光臣さん)とその妻の美和(前田亜季さん)の子供の和樹(大村優怜さん)を救うことができなかった、元刑事で探偵の武藤隆(玉山鉄二さん)は、殺された妹の婚約者だった先輩刑事の鏑木護(谷原章介さん)の協力を得て、身代金を受け取った後に子供を殺害したと思われる犯人の捜索を始めました。

自分と道典さんの関係性を知る者は誰かと、ティッシュ配りをしていた道典さんを高梨社長の側近の桜井(相島一之さん)が迎えに来た繁華街の広場で考えていた武藤さんは、広場の隅に集まって談笑していたホームレスの男性たちから、いつもタバコを吸っている首に大きなやけどの痕のある男を最近見かけないという話を聞き、その男が通っているというパチンコ店の前でその男と鉢合わせになりました。

やけどの男には逃げられてしまったのですが、その夜、武藤さんは、表の捜査には限界がある、捜査方法にこだわるのは自己満足だと言う警視庁人事二課の環敬吾(渡部篤郎さん)から、その男の資料を渡されました。武藤さんは、迷いながらも資料を受け取りました。やけどの男は山名という人物でした。武藤さんはアパートの山名の部屋に侵入し、外から見張りをし続けました。

山名の資料を見せられた鏑木さんは、環に近づくなと言っただろうと武藤さんを叱り、今度こそ家族を壊されることになると忠告したのですが、武藤さんは環さんとのつながりを絶とうとしませんでした。もう一人の犯人の梶という男のことを武藤さんに教えた鏑木さんは、感情に流されて理性を失ってはいけないと、武藤さんを心配して言っていました。

警察ではない武藤さんの見張りに怯える山名さんと梶さんは、武藤さんを殺す計画を立て始めました。夜、山名さんの部屋に外に立っていた武藤さんは、山名さんに声をかけられ、待っていた車に黙って乗り、倉庫のような場所へ連れて行かれました。何を知っているのかと訊く山名たちに、全部知っている、お前たちが和樹君を殺したのだろうと答えた武藤さんは、人を殺すなど大したことではないと言う山名たちを、お前たちは人間じゃないと責め、ナイフを取り出して襲い掛かってきた二人と格闘し始めました。少しすると、銃声が響き、鏑木さんたち警察官が現れ、山名さんと梶さんは逮捕されました。

武藤さんは、山名たちが自分を殺そうとしていることを部屋に仕掛けた盗聴器で聴いて知り、あえてその二人の車に乗っていたのですが、そのことを知った鏑木さんは、お前が死んだらみんなが悲しむ、俺も悲しいと武藤さんに言い、それを聞いた武藤さんは、すみませんでしたと頭を下げていました。

武藤さんと妻の雅恵(鶴田真由さん)は、退院した娘の真梨子(桜田ひよりさん)と自宅に戻ってきました。武藤さんは、警察を辞めた理由について、真梨子さんに話すことにしました。真梨子さんは、叔母の事件が原因ということは知っていたようでした。武藤さんは、妹を殺した未成年の犯人を一瞬でも殺そうと考えた自分は警察官でいてはいけないと思ったということを打ち明けて、黙っていたことを娘に謝り、父親の話を静かに聞いていた真梨子さんは、ごめんなさいと泣きながら父親に繰り返し謝っていました。

一方、道典さんは、1億円の身代金を用立てた父親から、子供が殺されたのはお前のせいだ、お前の息子だから殺されたのだ、美和さんもお前と結婚しなければ子供を殺されるという人生を送ることはなかったと言われたことを真に受けて、そうかもしれないと落ち込んでいました。美和さんは、社長からのお香典を持参して自宅を訪ねて来た桜井さんから、道典さんを助けることができるのはあなただけなのだと、道典さんと別れてほしいということを頼まれて、離婚届と指輪をテーブルの上に置いて、和樹さんの遺骨を持って家を出て行きました。そして、和樹さんの遺骨や遺品を抱えて繁華街をぼんやりと歩いていた美和さんは、壁に貼られていた少年犯罪の被害者の会という白い紙に目を留めていました。

誘拐殺人事件の犯人として逮捕された山名と梶は、誘拐と殺人は認めたようなのですが、身代金として受け取ったお金は偽物だったと主張し、お金は本物だとする警察の意見と食い違っていました。鏑木さんと武藤さんは、そのような犯人の主張を知って、事件を調べ直すことにしたようでした。環さんは、ある国会議員と高梨社長とのつながりを調べていました。高梨社長は、料亭で会ったその議員に密かにお金を渡していました。

脚本は谷口純一郎さん、監督は都築淳一さんでした。ボクシングの試合の中継の延長のため、30分繰り下げて放送されていました。

今回も落ち着いた展開で、良かったです。予告によると、次回が「SEASON1」の最終回のようでした。新しい人物も登場するようでしたし、まだ分かりませんが、WOWOWで放送されるという「SEASON2」につながっていく話になるのかなと思いました。

一昨日には、「共謀罪」の要件を改めて「テロ等準備罪」という名称に変えたものを新設する組織犯罪処罰法改正案(政治家や警察官や財界人というような公権力を持った人たちが関係しそうな犯罪は、処罰適用の対象から外されているそうです)の採決が衆議院法務委員会で強行的に行われ、自民党と公明党と日本維新の会の賛成多数によって可決し、衆議院本会議へ送られるということが報道されていましたが、そこをまた強行採決で通過し、次の参議院でも可決されて、もしもこの法案が成立することになったなら、現在には違法とされている捜査手法が合法化される日も来るのかもしれません。今回のドラマを見ていて、何となくそのようなことも思いました。

東海テレビとWOWOWとの共同制作ドラマだからなのかどうかは分かりませんが、よくできているドラマだなと思います。上手く伝えることができないのですが、淡々としていて、隙の無いドラマであるような気もします。「SEASON1」の最終回がどのような展開になっているのか、放送時間に見ることができるかどうかは分からないのですが、来週の放送も楽しみにしたいと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム