「おんな城主 直虎」第20回

NHKの大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第20回を見ました。

第20回は、亀之丞時代の亡き井伊直親(三浦春馬さん)の娘と名乗って井伊谷の龍潭寺に現れた少女・高瀬(高橋ひかるさん、高の文字ははしご高です)と対面し、元許婚の直親の隠し子かもしれないことにショックを受けつつ、直親の娘かどうかが判明するまで屋敷に置いておくことにした井伊直虎(柴咲コウさん)と、龍潭寺へ行った虎松(寺田心さん)から自分には姉がいるのかと訊かれて高瀬の存在を知った直親の妻のしの(貫地谷しほりさん)が、共に亡き直親への複雑な思いを乗り越えて、井伊家の娘として高瀬を迎え入れる、という話でした。

作(脚本)は森下佳子さん、演出は藤並英樹さんでした。

隠し子の存在に動揺を隠し切れない直虎としのさんが、井戸の前で直親のことを、自分のさわやかさを意識的に利用した二枚舌の「すけこまし」だったのかと、生前の直親に言われたことを暴露し合いながら怒っていた場面が面白かったです。少女漫画の登場人物のようだった直親の過去のシーンがこのような回想シーンとして活かされるとは思いませんでした。

父親は井伊の亀之丞で母親はゆきだと言う高瀬さんのことを、直虎の家臣の中野直之(矢本悠馬さん)は、人の少ない井伊家に加えてはどうかと最初から言っていたのですが、今川と武田の同盟関係が崩れかけていることを知っている家老の小野但馬守政次(高橋一生さん)は、武田が井伊に送り込んだ間者(スパイ)なのではないかと直虎に話していました。

鶴丸とおとわだった頃の幼なじみの雰囲気を少し取り戻してきた政次と直虎が一緒に囲碁をしていた場面も良かったです。

南渓和尚(小林薫さん)が松岡家に手紙を出して当時の亀之丞について訊いたところ、隠し子がいるということは知らないが、亀之丞がゆきという女性と二人でいるところを見たことがあるという内容の手紙が返って来ました。直虎と政次は高瀬が本当に直親の娘なのかどうか迷っていたのですが、床の掃除をしながら亀之丞の笛の曲を口ずさんでいた高瀬が母親に教わったと答えるのを聞いて、高瀬を直親の娘として受け入れることにしていました。

一方、今川氏真(尾上松也さん)からの手紙を受け取り今川と連携するかどうかを考えていた松平家康(阿部サダヲさん)は、山伏の松下常慶(和田正人さん)を呼んで偵察に向かわせました。井伊の家臣たちにも新しい家族として正式に披露された高瀬は、異母弟の虎松も通う龍潭寺で一緒に手習いを始めていたのですが、その時南渓和尚と直虎を訪ねて来た常慶を見ていました。高瀬は常慶のことを知っているのでしょうか。

次郎法師だったおとわが直虎になってからまだ一年だったようで、年が明けてお正月になっていました。瀬戸村で収穫された綿花による木綿の布も無事に完成していました。商人の瀬戸方久(ムロツヨシさん)は、政次と一緒に駿府の今川館へ挨拶に行っていたのですが、武田と織田と松平のことで苛々している氏真から、種子島の生産を今後は地元の商人に任せることにしたと言われて衝撃を受けていました。井伊谷に戻ってきた方久は、駿府は終わったというようなことを直虎に言って、これからは気賀だと、直虎をその気賀の町へ案内していました。その賑やかな市場にはまた盗賊の頭?らしい謎の男(柳楽優弥さん)もいました。

気賀という町は、浜名湖に近い港町だそうで、今は静岡県の浜松市の北区の細江町という町の中に合併されているのだそうです。

あと、氏真から今川と武田とのことを訊かれた政次が、氏真から直接聞くまでは信じないことにしていると答えるような細かいところも良かったです。次回の「おんな城主 直虎」の物語も楽しみにしたいと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム